BEAUTY

食欲が止まらない!アルコールが食べ過ぎの原因になる理由とは?

アルコールの摂取の量によって、気分も楽しくなったりするので、好きな方にはたまらないです。しかしついつい食べすぎてしまい、これがきっかけで体重の増加にもなる人が多いです。そこで今回は、アルコールと食欲の関連性や原因、その対策などをご紹介します。

 

アルコールの摂取で食欲がでるメカニズム①満腹中枢の麻痺

乾杯

ビールを始め、日本酒やワイン、カクテルなど、お酒の種類は豊富で、その人の好みでお酒を選ぶことが可能です。そんなお酒は、飲み始めであればソフトドリンクのように軽く飲める人も多いです。しかし徐々に気分がよくなり、どんどんお酒を飲み続けることによって最終的には記憶をなくす人も出てきます。

これはお酒に含まれるアルコールが体内に回ることでの弊害ですが、それ以外にも食欲の増加を感じる人が多いです。その原因の一つには「満腹中枢の麻痺」というのがあげられます。人間は食事をすると、一定の分量で「お腹がいっぱい」と感じます。これは脳が満腹と感じさせるホルモンを分泌することで感じます。

しかしアルコールが体内に入ると、満腹と感じるホルモンが逆に抑制され、食欲増進のホルモンがたくさん分泌されるようになるのです。このためアルコールは、満腹中枢を麻痺させる作用が強いと考えられています。

 

アルコールの摂取で食欲がでるメカニズム②胃酸の増加

お酒

アルコールの摂取による食欲増進はホルモン以外にも原因があります。それは「胃酸による食欲増進」です。通常食事をすると、胃の中で食べ物を消化しようと胃酸が分泌されます。しかし胃酸の消化能力はかなり強く、胃壁に負担をかけて荒れてしまうこともあります。そのためにも食べ物でカバーしていく必要があるのです。

アルコールの摂取でも、当然胃酸は分泌されます。しかし液状のアルコールは消化する必要がありません。そこで胃に負担をかけないためにも消化する食べ物を送り込むため、脳が食欲という形で指令をだすのです。これが、アルコールの摂取による食欲が増加する要因の一つです。

「空きっ腹にお酒を飲むな」という言葉がありますが、これは胃に何もない状態だとアルコールの体内循環を速めてしまい「酔いが回りやすい」状態になります。このためあまり食事をしない状態での飲酒は、複数の弊害が出やすいと考えられます。

 

アルコールの摂取で食欲がでるメカニズム③塩分の欲求が増える

ラーメン

お酒をたくさん飲んだ後のラーメンは、誰もがおいしいと感じるはず。中には「締めのラーメンはマスト」と考えている人も多いでしょう。ですが、なぜアルコールを摂取した後のラーメンはあんなにおいしいのか、考えたことはありますか?

その理由は「利尿作用」が大きく影響しています。通常、水分を摂取すると余分な分は体外に排出するため利尿作用が働き、摂取する水分量によって量や回数が左右します。そして利尿の際は、塩分も一緒に排出されてしまうのがポイント。

お酒を飲んでいる間は、単純に水分を摂取しているという形なので当然利尿作用が働きます。その都度塩分も排出されることになるので、自然と塩分不足が発生してしまうのです。このため、お酒を飲み続けていると後半にかけてしょっぱいものをおいしく感じてしまい、ラーメンなどをペロリと平らげてしまう人が多いのです。

 

アルコールの摂取で食欲がでるメカニズム④炭水化物の補給

パスタ

アルコールは体内でアセトアルデヒドと呼ばれる毒素が作られ、二日酔いの要因となるといわれています。このアセトアルデヒドを分解するためにも、肝臓が大活躍してくれます。しかし肝臓もタダで働くわけではなくエネルギーが必要になるのです。

それには、炭水化物(糖質)の存在が重要になってきます。肝臓は糖質を貯蔵する働きを持っており、それを活用してさまざまな毒素を分解します。

アルコールはほとんどの場合、摂取量も多いのでそれだけ分解するエネルギーが必要となります。このため貯蔵した糖質だけでは足りず、指令を出して炭水化物を摂取させようと作用します。これが食欲増加へと影響していくとされています。

 

アルコール摂取による食欲を抑えるには

サンドイッチ

ではアルコール摂取で食べすぎてしまう方や、食欲が止まらないと悩んでいる方にはどのような対策がよいのでしょうか。

最も有効とされているのが、「飲酒前の食事」です。お酒を飲む前に食事をしておくことで、
食欲増進のホルモン分泌を防ぎ、胃酸による食欲増進を抑えることができます。しかもアルコール摂取による、「酔いの回り」を遅くする作用も期待できます。

飲酒前の食事としておすすめなのが、サンドイッチなどの炭水化物です。チーズやハムで味を濃いめにしておくことで、アルコール摂取による炭水化物や塩分の不足を補うことができます。

多くの場合、お酒を飲む際はおいしい食事に期待していることでしょう。しかしアルコール摂取による食欲増進を考え、多少なりとも飲酒前に食事をおすすめします。


アルコール摂取でご飯がおいしいと感じる人もいますが、それほど食べないという人も多いです。このため、まずは自分がどのタイプなのかを見極める必要があります。その上で飲酒で食欲が増えるのであれば、体重増加を抑えるためにもしっかりと対策をしておくことで健康維持にもつながることでしょう。