BEAUTY

初心者さんでも失敗しない!おすすめアイライナーと上手な引き方

「アイライナーがうまく引けない」という人はいませんか?アイライナーの上手な引き方と、おすすめアイライナーをご紹介します。一重・奥二重・二重別の引き方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

アイライナー初心者さん必見!アイラインの基本の引き方

アイライナー初心者さんでも上手に引ける、基本のアイライナーの引き方を3つご紹介します。ポイントを押さえれば、後は練習を重ねてコツをつかみましょう。

■まつ毛とまつ毛のスキマをうめる
上まつ毛に沿ってアイライナーを引く場合、まつ毛とまつ毛のスキマをうめるように引きましょう。アイライナー初心者さんは、上まつ毛の上にアイラインを入れがちです。まつ毛をうめないと、アイラインが浮いているように見えるため、不自然な印象になります。まつ毛の上に線を引くのではなく、まつ毛の間をうめることを意識しましょう。

■スタンドミラーを使う
アイラインを引くときに、手がぶれることはありませんか?アイライナー初心者さんは、スタンドミラーを立て、テーブルに肘をついて描くといいでしょう。目線が斜め下を向く位置にスタンドミラーを置くと、上まぶたが見やすくなっておすすめです。

■まぶたを引っ張る
まぶたをアイライナーを持つ反対側の手で軽く引っ張ると、まぶたの皮膚が伸びて、描きやすくなります。まつ毛のスキマもうめやすくなるので、お試しください。

一重さん向けのアイライナーの引き方

アイラインを引く女性

一重さんの場合、アイライナーを部分的に太く入れましょう。全部太く引くと、伏し目になったときにアイライナーが強調され、怖い印象になりがちです。

まずは上まつげのスキマをうめるようにラインを引いてから、目を開けたときに見える部分を強調していきましょう。黒目の上あたりから目尻にかけてまでを太くすると、自然な大きい目に見えますよ。

目尻はアイライナーを5mmほど長めに引いて、切れ長の目に見せましょう。

奥二重さん向けのアイライナーの引き方

リキッドアイライナー

奥二重さんは、二重のラインに上まぶたの皮膚がかぶっている状態なので、目を開けるとアイライナーがほとんど見えなくなります。目を開けたときにアイライナーが見えるのは、二重の幅が広い目尻のほうだけです。

一重さんと同様、まずは上まつ毛のスキマをうめて、その後に黒目から目尻にかけてのラインを太くしていきましょう。一重さんと同じく、目尻を5mmほど長く描くことで、切れ長の大きな目に見えます。

二重さん向けのアイライナーの引き方

二重の女性

二重さんは、目を開けたときにもアイライナーを引いたところが見えるので、全体的になるべく細く描くように気をつけましょう。まつ毛とまつ毛のスキマをうめるだけで十分です。太く描くと、アイライナーが丸見えで不自然な印象になるので、ご注意ください。

目を大きくパッチリ見せたい人は、アイライナーではなく、アイシャドウでグラデーションを作るといいでしょう。

初心者さんにおすすめのアイライナー6選

初心者さんにおすすめのアイライナーをご紹介します。描きやすく、落ちにくいものを集めたので、アイライナー選びの参考にしてみてくださいね。

■ エスティ ローダー ダブルウェア ゼロスマッジ アイライナー
つけたての状態を15時間キープするという、ウォータープルーフのアイライナーです。コシのあるフェルトタイプのペンなので、アイライナー初心者さんでも使いやすいのがポイントです。

エスティ ローダー ダブルウェア ゼロスマッジ アイライナー

¥3,564

販売サイトをチェック

■クレ・ド・ポー ボーテ ライナーリキッドアンタンス
汗や水に強いウォータープルーフタイプです。両端がそれぞれブラシとチップになっていて、太さの調節がしやすく、アイライナー初心者さんでも安心ですね。

■msh(エム・エス・エイチ) ラブ・ライナー ペンシル
芯がやわらかく、描きやすいアイライナーペンシル。描いた直後はぼかすこともできるので、自然な仕上がりになります。ふんわりとナチュラルに仕上がるアイライナーです。

msh ラブ・ライナー ペンシル

¥1,296

販売サイトをチェック

■Petit Chou(プチシュー) ラスティングアイライナー
24時間落ちないのに、お湯でオフできるアイライナーです。15種類の美容成分が配合されているため、目元の美容効果も期待できます。発色が良くて、描きやすいのがポイントです。

■ララブーケ アイライナージェルペンシル
やわらかいジェルペンシルタイプのアイライナーです。乾くとこすっても落ちにくく、にじみくいのが特徴です。するする描けるので、まつ毛とまつ毛の間も埋めやすく、アイライナー初心者さんにおすすめです。


アイライナー初心者さんでも上手にできるアイライナーの引き方と、おすすめのアイテムをご紹介しました。上手にアイライナーが引けない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。