BEAUTY

早く髪の毛を伸ばしたい!髪の毛を伸ばすためのケアとは?

「髪の毛切り過ぎた!」と思ったときや、ちょうど伸ばしかけで肩に髪の毛がついてはねてしまうと、困りますよね。髪の毛を早く伸ばすにはどうしたら良いのでしょうか?髪の毛を早く伸ばすためのケアについてご紹介します。

 

伸びてほしいのに伸びない!髪の毛が伸びなくなる原因とは

サラダを食べている女性

■髪の毛が栄養不足!充分な栄養分が行き渡っていない
髪の毛は何からできていると思いますか?実は体と同じように食べ物からできています。メインとなる栄養素は、ケラチンと呼ばれるタンパク質です。18種類のアミノ酸から構成されている髪の毛のタンパク質。

そのアミノ酸の中でも、シスチンが多ければ多いほど髪の毛が丈夫になるとされています。日頃から肉や魚、卵、牛乳などのタンパク質を多く含む食材を食事に取り入れているでしょうか?髪の毛は丈夫でなければなかなか伸びてくれないものなのです。

■血行が悪い
体やお肌と同じように、頭皮の血行がよくない状況下にあると髪の毛の伸びや成長に影響が出てきてしまいます。週に1~2度程度しか髪の毛を洗わない人や、頭皮のマッサージを意識してしない人は、頭皮の血行が悪いために髪の毛が伸びにくくなっていることが考えられます。

 

なぜ伸びる?髪の毛が伸びるメカニズムはコレ!

花をバックにしたロングヘアの女性

■毛周期って知ってる?
脱毛サロンに通ったことのある人なら一度は聞いたことがある毛周期という言葉。毛周期とは、毛の生え変わるサイクルのことです。成長期と退行期、休止期の3つの段階を経て髪の毛は生え変わっています。2~6年の成長期を経て、2~3週間の退行期を迎えます。そして2~3ヶ月の休止期を経て、再び成長期へと入ります。新しい髪の毛が作り出されると今まで生えていた髪の毛が抜け落ち、新しい髪の毛が生えてくるのです。

今ある髪の毛の約10~15%は休止期に入っていて生えてきていませんが、80~95%は成長期に入っています。また1%は退行期を迎えています。ただしここまでの話は正常な毛周期のことで、加齢や生活習慣の乱れ、健康状態の良し悪し、ホルモンの影響などによって毛周期に乱れが生じるので、一概には言えません。

 

髪の毛を伸ばす方法はこれ!

ロングヘアの女性

■睡眠不足と運動不足は天敵!髪の毛を伸ばす方法その1
睡眠不足が続いていると肌コンディションや体調が悪くなるように、髪の毛にも影響が出てしまいます。眠っているときに多く出されるのが成長ホルモンです。子どものときだけでなく、大人になってから減少傾向にあるものの主に睡眠時に分泌されます。

成長ホルモンは髪の毛の成長にも一役買っていて、髪の毛の主成分であるタンパク質の合成を高めるサポート役を果たします。成長ホルモンを効率よく分泌させるには、質の良い睡眠であることも大切なポイントです。

<質の良い睡眠をとるために>
・寝る1時間前にはPCやスマホ、TVを見るのを止める。
・寝る3~4時間前には夕飯を済ませておく。
・寝るときに体を冷やさない。
・部屋の照明のトーンを下げて眠りを誘う。
・寝る前の入浴では湯船に浸かって体を温める。

その他、成長ホルモンを分泌させるために筋トレをするという手があります。筋トレをすることで成長ホルモンの分泌が高まります。寝る30分~1時間前に筋トレをすることで、多くの成長ホルモンの分泌が期待できるでしょう。髪の毛を早く伸ばす手段の1つとして利用しない手はありません。

■過度なダイエットはNG!髪の毛を伸ばす方法その2
ダイエットをするときにまずやることが、食事制限だという人は多いでしょう。この食事制限を極度に行なってしまうと、髪の毛にハリやコシがなくなり、ひどいと抜けるようになってきます。痩せたい一心で過度に行なうダイエットは、髪の毛にとって天敵なのです。

■ストレスは適度に発散!髪の毛を伸ばす方法その3
髪の毛が最近よく抜けるようになった……。そんなときに「今自分はストレスの中にいないだろうか?」とふり返ってみましょう。人間関係や仕事などでストレスを感じていることが大半ですが、その他に睡眠不足の状態に陥ることでも体はストレスを感じます。

眠いのに仕事に集中しなければいけない、眠いのに家事をしなければいけないなど、眠気と戦っているときもストレスとなっています。眠気との戦いは仮眠をとることで解消されることが多いですが、人間関係などが絡んでいるストレスは運動で汗を流すなど、独自のストレス発散方法で解消していきましょう。髪の毛を伸ばすには目に見えないストレスはNGなのです。

■頭皮マッサージで血行促進!髪の毛を伸ばす方法その4
ずっと立ちっぱなしであったり、デスクワークをしていると足がむくんだ経験があるでしょう。知っての通り、同じ姿勢をし続けることによる血行不良が原因で起こります。髪の毛が生える頭皮も同じで、血行がよくないと髪の毛が育ちにくくなります。髪の毛を洗う前に頭皮全体のマッサージをしたり、マッサージを兼ねてシャンプーをしたりして頭皮の血行促進を図ることも、髪の毛を健康的に伸ばす方法の1つなのです。

また髪の毛の洗い過ぎには注意が必要です。洗い過ぎや洗浄力の強いシャンプーや市販の合成シャンプーを使っている場合には、頭皮に必要な皮脂までも取り除いてしまう可能性が高いので、頭皮がよほど汚れていない限り、2日に1度くらいのペースでもいいでしょう。

■タンパク質やビタミン&ミネラル摂取!髪の毛を伸ばす方法その5
髪の毛を伸ばすのに、栄養は必要不可欠です。ただしあれもこれも食べればいいというわけでなく、数多くある食品の中からタンパク質を多く含むものやビタミン、ミネラル成分を含むものを特に厳選し、いつもの食事のメニューを考えるときにプラスして摂取するようにします。

三大栄養素の1つでもあるタンパク質を極端に減らしてしまうと、髪の毛にハリがなくなったり、抜けたりするだけでなく、冷えを招いたり、爪がもろくなるなど影響が出てきます。また運動をしているものの体力がなかなかつかなくなったり、集中力に欠けるようになったりする場合もあります。

 

髪の毛を伸ばす食材を使ったレシピ:ささみ&水菜レタスの梅和え

野菜たっぷりサラダ

<2人分>
・ささみ:2枚
・水菜:1/2束
・レタス:3~5枚(お好みで量を調整)
・ゆで卵:2個(あらかじめ茹でておく)
・大葉:2枚
・梅干し:2個
・酒とみりん:少々

<作り方>
・酒少々をふり、耐熱容器に入れてレンジで2~3分加熱します。中まで火が通っているか確認しましょう。粗熱が取れたら適当な大きさにほぐします。
・水菜は3cm程度の幅に切り、レタスは適当な大きさにちぎります。大葉は千切りにします。
・ゆで卵は殻をむき、1/4の大きさに切ります。
・梅干しは種を除き、みじん切りにしてみりん適量をまぶします。
・ボウルに全ての材料を入れて混ぜ、器に盛って大葉をのせたら完成です。

低脂肪で高タンパクのささみとビタミンたっぷりの野菜の副菜です。

 

髪の毛を伸ばす食材を使ったレシピ:カボチャのスープ

カボチャスープ

<2人分>
・カボチャ:1/6~1/8個
・玉ねぎ:1/2個
・牛乳または水:100~200㏄(お好みで量を調整)
・コンソメスープの素:適量
・塩&コショウ:少々
・パセリ:少々

<作り方>
・カボチャは種をとって乱切りに、玉ねぎも同様に乱切りにします。
・耐熱容器にカボチャが半分程度隠れるくらいの水を入れてラップをし、レンジで4~5分加熱します。
・フードプロセッサー、またはミキサーにかけてペースト状にします。
・鍋に移し替えたら牛乳とコンソメスープの素を入れて火を通します。
・牛乳(または水)をプラスするときは少しずつ加え、とろみ感はお好みで調整してください。
・パセリをかけたら完成です。

ビタミン豊富なカボチャとタンパク質とカルシウムが摂れる牛乳のスープです。


髪の毛を伸ばす方法をご紹介しました。早く髪の毛を伸ばしたい方はぜひご紹介した方法を実践してみてくださいね。髪の毛を伸ばす食材を使ったレシピもおすすめですので、試してみてください。