LIFE STYLE

りんごジュースにはいいことばかり!効能やおすすめ商品を徹底解説

りんごジュースは栄養が豊富で、健康と美容に嬉しい効果がある飲み物です。この記事では、りんごジュースの効能や栄養素について詳しくご紹介します。りんごジュースの種類や選び方と作り方、りんごジュースを使ったレシピやおすすめの商品も解説していきます。

 

りんごジュースは何が凄い?

りんごジュースについて

■りんごジュースには栄養素がたっぷり!

りんごと言えば、大人から子どもまで人気のフルーツ。ほのかに香る香りと、サクッとした爽やかな食べ心地が特徴ですね。

人気のりんごを使ったジュースは、栄養素をたっぷりと含んでいて、健康や美容に良い成分が目白押し。以下がりんごジュースから摂取できる、代表的な成分です。

・老廃物を排出する(ペクチン)
・活性酸素を取り除き、老化を防ぐ(ポリフェノール)
・殺菌作用や炎症を抑える効果(ケルセチン)

 

りんごジュースの栄養と効能【1】老廃物を排出する

りんごジュースの栄養素

ペクチンには以下のような、健康・美容効果があることがわかっています。

・老廃物の排出 (腸の中で毒素を包み込み、体外に捨てやすくする)
・整腸作用 (下痢や便秘といった症状を解消する・腸内環境を整える)
・動脈硬化や糖尿病予防 (血糖値の上昇を抑える)

ちなみに、りんごに含まれている「ペクチン」は果皮に含まれる食物繊維で、天然のゲル化剤として知られています。

 

りんごジュースの栄養と効能【2】優れた抗酸化作用

りんごジュースの栄養素

「ポリフェノール」は免疫力をUPさせる抗酸化作用が高い成分です。りんごには実に100種類以上のポリフェノールが含まれており、果物の中でもトップクラスの抗酸化力を持っていますよ。

りんごに含まれるポリフェノールの代表的な成分と効能を、下記にご紹介します。

・血圧を正常に保つ、視力を回復させる……アントシアニン
・アレルギーや炎症を抑える、肌を美しく保つ……プロシアニジン
・高い抗酸化力で免疫を上げる……エピカテキン

果肉と比較して、皮部分に約4倍のポリフェノールが含まれているので、ジュースにする際は皮も一緒にすりおろしましょう。

 

りんごジュースの栄養と効能【3】インフルエンザ予防・炎症を抑える

りんごジュースの栄養と効能

りんごに含まれている「ケルセチン」とは、ポリフェノール化合物の一種で、下記のように多くの効能があります。

・ビタミンCの吸収をサポートする
・脂肪の吸収を抑える
・インフルエンザを予防する
・非常に強い抗酸化力
・花粉症やアレルギー等を抑える

 

りんごジュースの栄養と効能【4】疲労を回復する

りんごジュースの栄養と効能

りんごに含まれる「クエン酸」や「リンゴ酸」は、疲労の原因物質となる「乳酸」を分解する働きが有名です。スポーツをした後の飲み物としても、りんごジュースはおすすめですよ。

また「リンゴ酸」は貧血を予防する効能があるので、女性や貧血にお悩みの方は、特に意識してりんごジュースを摂ると良いでしょう。

 

りんごジュースの選び方

りんごジュース

りんごジュースには様々な種類がありますが、どうやって選べばいいのでしょうか?下記に選び方のポイントをご紹介します。

・りんごの品種で選ぶ
甘さ抑えめで爽やかな酸味が好きな方には「つがる」「紅玉」がおすすめです。濃い甘みを楽しみたいなら「シナノスイート」「ふじ」を選びましょう。

・パッケージで選ぶ
手軽に持ち歩けて重宝するのが「200mlの紙パック」です。飲み切りやすい容量なので、職場や外出先でもりんごジュースを楽しめますよ。ギフト用として選ぶなら、高級感を感じさせる「瓶」が良いでしょう。長期保存にも向いているので、何本かまとめてストックしておきたい場合にもぴったりです。

 

りんごジュースにはどんな種類がある?

りんごジュースの栄養素

■濃縮還元とストレートの違い

ラベルをよく見ると、濃縮還元またはストレートという文字が表示されているのをご存知でしょうか。絞り出した果汁を冷凍し、水に溶かしてジュースにする方法「濃縮還元」で、果汁を絞りそのまま使用するのが「ストレート」です。

・濃縮還元ジュースの特徴
冷凍して保存するため、天候等に左右されず、安定してジュースを提供できます。価格を安く抑えられるので、市販のジュースとしては低価格で手に入りやすいというメリットがあります。

・ストレートジュースの特徴
果汁をそのまま絞って作るため、時期や栽培された地域によって味に違いが出ます。余分な物を足さないので、栄養価が高く、果実本来の味が楽しめますよ。


■ストレートジュースには2種類ある

ストレートのりんごジュースには「透明」と「白濁」した2種類のタイプがあります。りんごを絞った後に「濾過(ろか)」しているかどうかが、違いを生むポイントになりますよ。

りんごの果汁を絞った後、フィルターでこして食物繊維などの固形分を取り除くと「透明果汁」になります。喉ごしがすっきりしていて、軽やかな味わいになる点が特徴。

一方「濾過(ろか)」しない白っぽいジュースは「混濁果汁」と呼ばれ、フレッシュなりんごの果肉感が魅力です。ちなみに青森県産のりんごジュースの約9割が「混濁果汁」というデータも出ていますよ。

 

りんごジュースの作り方▶︎ヘルシー♪すりおろしりんごジュース

料理が苦手な方でも大丈夫!簡単にできる「りんごジュース」の基本の作り方をご紹介します。

■りんごジュース 基本レシピ

・材料 
りんご……1個 
蜂蜜に輪切りのレモンを付けたもの……2枚

・作り方

1.りんごは皮を剥いて、4~6等分しましょう。ヘタや種は取り除いてください。

2.すりおろし器を使って、手でりんごをすりおろしましょう。
(※すりおろし器は陶器がおすすめ。りんごが黄色く変色しません。ミキサーは一気にすりおろせて便利ですよ。)

3.すりおろしたりんごをコップに入れて、蜂蜜漬けレモンをのせれば完成です。お好みで少し水や氷を足してもOK。
(※レモン汁を垂らすと、りんごの変色を防げます。)

■まとめてすりおろしておきたい!作り置きのポイントは?

忙しい方におすすめしたいのが、「すりおろしりんご」の作り置きです大量にすりおろしたりんごは、冷凍保存が可能です。
氷を作る製氷皿に入れて冷凍すれば、小分けできるので使う時にとても便利ですよ。

保存の目安は約1ヵ月程度で、自然解凍か冷蔵庫での解凍がおすすめです。

 

おすすめのりんごジュース【1】JAアオレン 密閉搾り ねぶた 195g×30缶

贅沢にりんごを使用した、果汁100%のストレートりんごジュースです。完熟した青森県産りんご「ふじ」をメインに、他の果実を足さずに、りんごだけで仕上げています。

空気に触れないように作る「密閉絞り」製法で、酸化防止剤(ビタミンC)を一切使用していない点が大きな特徴。品質にこだわり抜いたりんごジュースは、大事な人への特別なギフトとしてもおすすめです。

JAアオレン 密閉搾り ねぶた 195g×30缶

¥4,100

販売サイトをチェック
 

おすすめのりんごジュース【2】Shiny(シャイニー) 青森完熟林檎

日本で唯一ジュースに使う専用農園と契約栽培を行っている、青森県りんごジュース株式会社の商品。会社独自の完熟基準をクリアした、選りすぐりのりんごのみを使用した本格派のジュースです。

余計な成分は足さず、りんごだけで絞った果汁100パーセントのストレートジュースで、深い味わいに仕上がっていますよ。りんご本来の味や栄養素にこだわる方にぴったりです。


「1日1個のりんごは医者を遠ざける」という言葉があるほど、りんごには優れた効能がいっぱいです。休みの日にりんごをすりおろして冷凍しておけば、忙しい日々でも毎日りんごジュースが楽しめますよ。この記事でご紹介した商品やレシピを参考にりんごジュースを取り入れて、元気に健康的な毎日を送りましょう。