BEAUTY

前ももの張りの原因は?太ももの張りに効果的な解消法をご紹介

前ももの張りのせいで足が太く見える!それは普段の歩き方や座り方に問題があるかも。しかし、改善する方法は沢山あるので安心してください。早速前ももの張りの原因や改善法をチェックしてみましょう。

 

前ももの張りの原因【1】ヒール

ヒールをはいた女性

ヒールは適度の筋肉がついて足がきれいになると言われていますが、少なからず足には負担がかかります。

かかと部分が高くなっているので、重心がつま先寄りになる傾向あり。それによって前ももが張るケースも。

普段からヒールを履くのが習慣になっていると、体はその姿勢をインプット。ヒールを履いていない状態でもつま先に負担がかかります。

四六時中つま先立ちの状態になれば、前ももだけでなく太もも全体、さらには膝下の筋肉にも負担がかかり、足全体に悪影響あり。冷えやむくみを引き起こし、下半身太りの原因に。

休みの日にはスニーカーやフラットシューズを履くようにして、少しでもかかとに重心を置くようにしましょう。

 

前ももの張りの原因【2】学生時代のスポーツ経験

陸上競技をする女性

学生時代にスポーツをやっていた人は、太ももの筋肉が張る傾向があります。

スポーツの種類にもよりますが、構えや踏ん張る姿勢が多い陸上やテニス、バレーボールなどは重心が前に偏りがち。個人差がありますが、前ももの張りやサイドの筋肉が発達して外張りの太ももになることもあります。

ただし、スポーツは代謝をアップさせるなどのメリットも多いので、ケアをしながら行えば前ももの張りに悩まされることもないでしょう。

 

前ももの張りの原因【3】骨盤の歪み

腰に手を当てる女性

女性に多い症状である骨盤の歪みも、前ももの張りの原因に。注意すべきは、つま先に重心がかかることで骨盤が前傾する「反り腰」。

反り腰になると本来の重心のバランスが崩れますが、体的にはそのままの状態でバランスをとろうとして前ももに力が入ります。

それだけでなく、逆に骨盤が後ろに傾く場合もあり。骨盤が膝よりも前に出て後ろに傾いてしまうことで、太ももに負担がかかり前ももに張りが生じるメカニズム。

また、座り方や立ち方も骨盤が歪む原因。足を組んだり、足首をクロスさせた座り方。重心が左右のどちらかによってしまう立ち方など。

骨盤周りは、前ももの張りの原因となるリンパ節が密集している場所。普段から背筋を伸ばし、前傾や後傾姿勢にならないように気をつける必要があります。

 

前ももの張りの原因【4】妊娠・出産

妊婦

女性の場合は、妊娠・出産を経験することで反り腰になってしまうパターンも。

妊娠中はお腹が膨らんでどんどん重くなり、自然に反り腰の姿勢に。また、転んだりしないようバランスを整えるために、太ももの筋肉が必死に頑張っている状態です。

故意的なことではないのでなかなか解消するのが難しいですが、出産後のケアで元通りにすることは可能です。

 

前ももの張り解消法【1】マッサージ

太もものマッサージ

前ももの張りを改善するには、筋膜リリースが効果的。筋膜リリースとは、マッサージやストレッチによって筋膜のねじれやよじれを解消することで、本来の方向に解きほぐしていく方法。

こちらのマッサージはテレビを観ながらでも簡単にできるので、毎日の習慣として取り入れることで太ももの張りを改善できます。クリームやオイルを使用すれば、肌に負担をかけることなく保湿効果も期待できます。

1.手のひらで、膝から足の付け根に向かって押しほぐします。

2.内ももから外側に向かって揉みほぐしていきます。

3.手の小指側の側面を使って太もも全体をチョップします。

4.太もものたるみをつまみながら揉みほぐします。

5.足の付け根を、少々痛みを感じる程度の強さで押してから離します。

 

前ももの張り解消法【2】ストレッチ

ストレッチをする女性

前ももに刺激を与えるストレッチによる筋膜リリース。血流も良くなるので、むくみ解消にも効果的。痛気持ちいい所でキープするのがポイントです。

1.床に立て膝をした状態で、左足を前に出します。膝が痛い場合はタオルなどを敷きます。

2.左膝を深く曲げます。

3.右手を後ろから回して右足を持ちます。

4.かかとをお尻につけた状態で30秒間キープします。

5.反対側も同じように行いましょう。

 

前ももの張り解消法【3】筋トレ

筋トレ中の女性

前ももの張りに効果的なのは、太ももの裏側にある「ハムストリングス」を鍛える筋トレ。前ももにかかる負担を軽減してくれます。

1.床にうつぶせの状態になり、おでこの下で両手を組みます。

2.両足を腰幅に開いて膝は直角に曲げます。

3.ゆっくりと太ももを床から持ち上げます。

4.そのままの状態で深呼吸をして3秒間キープします。

5.ここまでを1回として5~10回行いましょう。

 

前ももの張り解消法【4】ウォーキング

靴ひもを結ぶ女性

ウォーキングは、足全体を使う有酸素運動。もちろん前ももの張りにも効果的で、正しい歩き方をすれば張りを解消できます。筋トレと違い負荷が軽いので、あまり筋肉をつけずに前もも痩せしたい方にはぴったり。

ただし、脂肪が燃焼されるまでには15~20分ほどかかるので、少なくとも30分は歩くのがおすすめです。

 

前ももの張り解消法【5】テニスボールを使ったエクササイズ

ヨガマットとテニスボール

テニスボールを使うと、手で行うのとはまた違ったほぐし方で前ももにアプローチ。滞りがちな下半身の血液やリンパの流れを良くして、効果的に張りを落とすことができます。

1.床にうつぶせの状態になり、上半身を起こします。テニスボールが沈まないように、ベッドではなく床やヨガマットの上で行います。

2.太ももの下にテニスボールをセットして、膝を直角に曲げます。

3.太ももでテニスボールをゆっくりと押します。痛気持ちいいところで20秒間キープします。

4.少しずつ上にずらしていき、股関節まで順にほぐしていきます。


前ももの張りが解消されれば、タイトなボトムをカッコ良く着こなすこともできます。ぜひご紹介した解消法を習慣的に取り入れてみてください。