BEAUTY

脱毛石鹸でツルツルに!メリット・デメリットとおすすめ4選

脱毛石鹸は簡単に使えるムダ毛処理用のアイテム。ムダ毛の成長を抑えたり、ムダ毛を溶かしたりする効果を期待できます。ここでは、脱毛石鹸のメリットやデメリット、使い方とおすすめの脱毛石鹸をご紹介します。

 

脱毛石鹸とは?

脱毛石鹸はムダ毛の処理に使われる石鹸のこと。洗うだけで毛の成長を抑えたり、生えている毛を溶かしたりする効果を期待できます。

■脱毛石鹸のタイプ
脱毛石鹸は配合成分によって主に2種類に分けられます。

・毛を溶かすタイプ
脱毛クリーム(除毛クリーム)と同じチオグリコール酸というタンパク質を含んでいます。チオグリコール酸は毛を溶かす作用があるので、今生えている毛の処理に役立ちます。

・毛の成長を抑える
毛の成長や再生を抑えるイソフラボンやラレアディバリカタ葉エキス、プロメラインなどを含んでいます。使い続けていると、ムダ毛が少なくなったり、細くなったりすると言われています。

■脱毛石鹸では永久脱毛できない!
脱毛石鹸はあくまでも生えている毛を処理したり、毛の成長を抑えたりするものです。クリニックで受けられる永久脱毛とは異なり、毛根を破壊できないので、半永久的な脱毛効果は期待できません。そのため、脱毛石鹸ではなく「抑毛石鹸」と呼ばれることも多いです。

 

脱毛石鹸のメリット

ムダ毛がない女性

脱毛石鹸は、美容大国・韓国でも注目を集めるアイテムです。脱毛石鹸のメリットをチェックしていきましょう。

■好きな時間に使える
クリニックやサロンでの脱毛は、予約を取って施術を受けに行かなければなりません。夏などの繁忙期は予約を取れず、思うように脱毛を進められないことも多いです。

一方、脱毛石鹸は好きなタイミングで使えます。サロンやクリニックに通う手間がかからず、スケジュール管理もしやすいので、忙しい人でもムダ毛処理をしやすいです。

■簡単に使える
脱毛石鹸は一般的な石鹸と同じように使えます。背中などにも使いやすいので、かみそりやシェーバーを使ったムダ毛処理が難しいと感じている人におすすめです。

■節約できる
クリニックやサロンで全身脱毛を受けると、数十万円の費用がかかります。その一方で、脱毛石鹸は数千円で何度も使えるため、ムダ毛処理に必要な費用を抑えられることもメリットです。

ただし、数年間の施術で脱毛が完了する医療脱毛と違い、脱毛石鹸はずっと使い続けなければならないので、長期的に見ると費用に差が出ないこともあります。

■肌を傷つけない
かみそりなどでムダ毛を処理すると、肌が傷つくことがありますが、脱毛クリームは傷を作りません。クリニックやサロンでの脱毛と比べて痛みも少ないので、安心してムダ毛をお手入れできます。

 

脱毛石鹸のデメリット

脱毛後の女性

脱毛石鹸にはデメリットもあります。購入後に後悔しないようにあらかじめ、デメリットをチェックしておきましょう。

■効果に即効性はない
脱毛石鹸には、かみそりやシェーバーでのムダ毛処理のような即効性を期待できません。今すぐムダ毛を処理したい場合は、他のムダ毛処理と合わせて使う必要があります。

■効果がないことも
脱毛石鹸の効果には個人差があります。「数か月間続けても効果がわからない」という人もいるので、本気で脱毛したい人は違う方法を試した方が良いでしょう。

■刺激がある
脱毛石鹸の成分によっては肌が荒れてしまうこともあります。特に、チオグリコール酸を含む脱毛石鹸は肌への刺激が大きいため、敏感肌の人は注意が必要です。刺激が心配な人はパッチテストをしておくと安心でしょう。

 

脱毛石鹸の使い方

脱毛石鹸を使っている女性

脱毛石鹸の使い方は簡単です。基本的な使い方を見ていきましょう。

■1.準備
脱毛石鹸の効果を高めるためには、あらかじめかみそりやシェーバーなどでムダ毛を処理しておくのがおすすめです。ムダ毛を処理すると、脱毛石鹸の成分が肌の奥まで浸透して効果が出やすくなります。

ムダ毛を処理したら、お風呂に浸かるかシャワーをかけて毛穴を開きましょう。毛穴が開いていると、抑毛成分の浸透率が高まります。

■2.体を洗う
適量の脱毛石鹸をしっかりと泡立てて肌にのせます。石鹸が肌に付いたら、一般的なボディソープを使う時と同じように体を洗いましょう。その後、商品説明に従って一定時間(1~3分程度)泡を放置してください。

■3.洗い流す
脱毛石鹸が残らないように、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

 

脱毛石鹸の注意点

脱毛石鹸を使っている女性

脱毛石鹸を使う時は次の点に注意してトラブルを予防しましょう。

■肌が敏感な時は使用を控える
ニキビがある時や生理前などは、脱毛石鹸の成分に反応して肌荒れを起こすことがあります。脱毛石鹸は肌状態が整っている時に使いましょう。

■VIOや粘膜部への使用は慣れてから
VIOや粘膜はデリケートなので、脱毛クリームで刺激を感じやすいです。はじめは脛や腕などに使用し、肌への影響がないことを確認してから脱毛範囲を広げてください。

■頭や眉毛、まつ毛には付けない
脱毛石鹸が頭や顔に付着すると、髪やまつ毛、眉毛などに影響が出ることがあります。万が一、髪や顔に泡が触れたら、素早く丁寧に洗い流しましょう。顔の産毛を処理できる脱毛石鹸を使う場合は、目や眉毛の周りを避けてください。

 

脱毛石鹸の選び方

石鹸

どの脱毛石鹸を選ぼうか迷ったら、成分やコスパなどをチェックしてみましょう。

■成分
肌への影響が心配な人は、天然成分が配合されたものや肌をケアできる成分が入ったものを選ぶと安心です。

■コスパ
脱毛石鹸は使い続けなければなりません。コスパの良いものを選んで無理なくツルツル肌をキープしましょう。

■香り
良い香りの脱毛石鹸を使えば、ムダ毛処理中にリラックスできます。ローズやピーチなどさまざまな香りがあるので、好みに合わせて選びましょう。

 

おすすめの脱毛石鹸【1】ヘルスアップ ジョモリー

パパイヤ由来のパパインやパイナップル由来のプロメラインなどがムダ毛の成長を抑えてくれる脱毛石鹸。ボディだけでなく、顔の産毛処理にも使えます。美容成分が入っているので、使用後は肌がなめらかになるでしょう。

ヘルスアップ ジョモリー
定価:4,590円(税込)

 

おすすめの脱毛石鹸【2】Shave Loss(シェーブ ロス) シェーブ ロス ソープ

ムダ毛に作用すると言われるラレアディバリカタ葉エキスやパイナップル果実エキス、ダイズ種子エキス、豆乳発酵液を含んだ脱毛石鹸。嫌な臭いを予防するカキタニンや墨も配合されています。ローズの香りで、ムダ毛処理中もリラックスできるでしょう。

Shave Loss(シェーブ ロス) シェーブ ロス ソープ
定価:1,900円(税込)

 

おすすめの脱毛石鹸【3】イーピーアイ イーピーアイソープ デラックス

マリンのさわやかな香りの脱毛石鹸。美肌成分や天然成分を配合していて、毎日のお風呂タイムに使うだけで、理想の肌に近づけます。消臭成分も配合されているため、汗をかく季節でも使いやすいです。

イーピーアイ イーピーアイソープ デラックス
定価:1,080円(税抜)

 

おすすめの脱毛石鹸【4】New Worlds(ニューワールズ) ヴィーナスエピレ

プロメラインやパパイン、豆乳発酵液などを含んだ脱毛石鹸。弾力のある泡を肌にのせると、吸い付くように密着して成分が奥まで浸透します。洗い流すときに毛穴の奥の汚れも取ってくれるので、黒ずみが気になる人にもおすすめです。

New Worlds(ニューワールズ) ヴィーナスエピレ

¥3,218

販売サイトをチェック

脱毛石鹸は簡単にムダ毛処理できるアイテム。クリニックやサロンでの脱毛と比べて気軽に試せるのがメリットです。ツルツル肌を目指す人は脱毛石鹸を使ってみてはいかがでしょうか。