BEAUTY

ギンガムチェックネイルのやり方は?カラー別の大人可愛いデザイン集

ファッションでも人気のギンガムチェック柄。最近はネイルに取り入れる方が増えています。そこで今回は、ギンガムチェックネイルのやり方や大人女子におすすめのギンガムチェックネイルデザインなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

ギンガムチェックネイルを大人っぽく仕上げるポイント

チェックの種類は豊富ですが、ギンガムチェックといえば定番中の定番。最近はファッションだけでなく、ネイルにギンガムチェックを取り入れる人が増えており、Instagramでは様々なギンガムチェックネイルがアップされています。

しかし、ギンガムチェックは油断すると子供っぽく見えてしまうので、ひとひねり加えるのが大人女子のテクニック。

例えばカラーリングを工夫するだけでも大人見せが可能に。ギンガムチェックの定番であるピンクやイエローを封印して、グレーやベージュなどのニュアンスカラーや、黒や青などのクールなカラーを使うのがおすすめです。

また、ネイルに季節感をプラスすることで落ち着いた雰囲気に。春夏は軽やかなペールカラーを使い、秋冬はこっくりとしたダークカラーを使うのもおしゃれでしょう。

そして、すべての指をギンガムチェックデザインにするのではなく、アクセントとして投入するテクニックもあります。シンプルな無地ネイルに1本だけギンガムチェックを取り入れれば、全体的な印象が引き締まります。

ギンガムチェックネイルはセルフでも楽しむことができますよ。手書きが難しい場合は、ネイルシールやマスキングテープを利用する方法もあるのでトライしてみてください。

 

ギンガムチェックネイルのセルフでのやり方

マットなカラーを使って作るギンガムチェックネイル。ただラインを入れるのではなく、ギンガムチェック特有の濃淡をうまく描くのがポイントです。

1.ベースコートを塗ってから、白いマットなマニキュアを塗ります。

2.薄いブルーのマニキュアで縦ラインを2本引いてから外側を塗りつぶします。横ラインを3本引いて、中を塗りつぶします。ラインを描く時は極細の筆を使って手書きしますが、震えてしまう時はマスキングテープを貼って塗ればきれいに描けます。

3.濃いブルーのマニキュアで、縦ラインと横ラインが交差した部分を四角く塗りつぶします。

4.マットトップコートを塗って出来上がり。

こちらの動画はマニキュアでのやり方ですが、ジェルの場合は1つの工程ごとに硬化をしながら仕上げましょう。

 

おすすめのギンガムチェックネイル【1】パープルを使って落ち着きのあるカラーリングに

淡いパープルのギンガムチェックをアクセントにしたネイルデザイン。ラベンダーカラーは文句なしに大人見えするので、多少キラキラ感があっても派手な印象になりにくいです。

ギンガムチェックのカラーも含めて、さりげなくグラデーションになっているのもポイント。一番濃いパープルにゴールドのパーツをプラスすることで、全体的なデザインが引き締まります。

 

おすすめのギンガムチェックネイル【2】ベージュのワントーンで控えめネイルに

ベージュのワントーンデザインは、洋服においてもトレンドスタイル。1本だけマットな白をベースにしたギンガムチェックネイルにすれば、大人っぽさと可愛げが両立するネイルが完成します。

浮ついた印象がないので、オフィスシーンも問題ないはず。ダークカラーのスーツなど、少々重みのあるスタイルに取り入れることで軽やかな表情を演出することができるでしょう。

 

おすすめのギンガムチェックネイル【3】くすみオレンジのフレンチネイルは大人のオフコーデにぴったり

定番のフレンチネイルも、ギンガムチェックを取り入れることで周りと差がつく指先に。さらにカラーを季節感のあるくすみオレンジにすれば、秋らしさ満載の大人ネイルが完成します。

爪先はラウンドカットではなく直線にすることで、ギンガムチェックの収まりが良くなります。また、くすみカラーが地爪の色と似ているので、境目にラメのラインを引いてぼんやり見えを防ぎましょう。

 

おすすめのギンガムチェックネイル【4】キュートなパーツはグレーとピンクで大人見せ

相性の良いグレーとピンクは、グッと大人の雰囲気が増すカラーリング。グレーネイルは、よく見ないとわからないくらいのギンガムチェックにしてみましょう。
ギンガムチェックとテイストが合うさくらんぼは、パールで作ればワンランクアップ。

落ち着いたカラーで甘い雰囲気を作りたい時に参考にしてみてください。

 

おすすめのギンガムチェックネイル【5】モノトーンの変形ギンガムチェックでスタイリッシュに

細いラインをプラスした、少々モードな雰囲気が漂うギンガムチェックネイル。カラーはコントラスト強めの白と黒をチョイスして、スタイリッシュに仕上げます。他の指はグレーの単色にして、全体のデザインをモノトーンに統一。

オールブラックコーデやカジュアルコーデの時に似合うギンガムチェックネイルです。指先でアクセントをつけることができるでしょう。

 

おすすめのギンガムチェックネイル【6】ブルーの効果で甘すぎないフェミニンネイルに

ピンクと白だけのギンガムチェックは、子供見えが心配の要注意柄。しかし、ブルーが入るだけでガラッと印象が変わり、軽やかな春ネイルにアップデート。

ギンガムチェックは、爪全体ではなく逆フレンチで取り入れて、フェミニンネイルに少しだけカジュアル感をプラスしましょう。甘すぎない仕上がりが叶う大人デザインです。

 

おすすめのギンガムチェックネイル【7】ネイビー×赤で遊び心があるフットネイルに

インパクトが強いネイビーのネイルが楽しめるのは、フットならでは。キツいイメージになりがちなので、一番目立つ親指をギンガムチェックにして親近感を演出します。

赤いラインを引くだけでは物足りないので、白いドットラインも追加。一気にポップな見た目になり、足元が華やかになります。


ギンガムチェックネイルは、デザイン次第で素敵な大人ネイルに仕上がります。セルフでも簡単にできるので、気軽に挑戦しやすいです。ぜひご紹介したギンガムチェックネイルを参考に、自分好みのネイルを完成させてください。