LIFE STYLE

テニスボールマッサージが身体に良い!?部位別のやり方をマスター

身体のあらゆる部位のコリや痛み、さらにダイエットにも効果的なテニスボールマッサージ!手軽に行えるので、ぜひ部位別の正しいやり方をマスターしましょう。

 

テニスボールマッサージとは?

テニスボールでできたハート

テニスボールマッサージは、名前の通りテニスボールを使って手軽に行えるマッサージのこと。どこでも簡単に行えて、コストもかからない上に効果が高いと人気です。

頭から足の裏まで全身に効果を発揮して、弱い部分をピンポイントでマッサージできます。テニスボールに体重をかけて押したり、コロコロ転がしながら刺激をすれば良いだけなので、リラックスタイムにテレビを観ながらでもできますね。

筋膜を開放することができる話題のマッサージ法「筋膜リリース」も、テニスボールを使えば簡単にできます。

 

テニスボールの選び方

テニスボールを足の裏にあてる女性

テニスボールは、硬式用を使います。

マッサージといえば手を使って行うのが一般的ですが、素人では力加減が難しく、意外と力がいるので長時間行うと疲れてしまいます。

その点テニスボールは、ほど良い硬さと形でまんべんなく負荷がかかり、筋肉にとってちょうど良い刺激を与えてくれる便利なグッズ。

部位によっては2個並べて使いますが、最近では100均でも販売されているので、2個以上用意してください。2個使う場合は、不要になった靴下やストッキングに入れて、キャンディーのように両端を結んで固定します。

 

テニスボールマッサージのやり方【基本編】

テニスボールでお尻をマッサージする女性

テニスボールマッサージは、ほぐしたい部分にテニスボールをあてて、心地良い痛さを感じる強さで刺激をするのが基本。

注意点は以下の3点。

・いきなり体重をかけないように、バランスを調整しながら始める。

・痛さを我慢して行うと揉みかえしを起こすかもしれないので、刺激を与え過ぎないようにする。

・同じ部位ばかり刺激を与えないようにする。


テニスボールでは刺激が強すぎる場合は、ボールをタオルなどで包んだり、ボール自体をゴムボールなどの柔らかいタイプにしても良いでしょう。

 

おすすめのテニスボールマッサージのやり方【1】肩こり解消

女性に多い肩こりのお悩みを解消するテニスボールマッサージです。

1.仰向けに寝て、膝を曲げた状態で肩甲骨の下辺り、やや左側にテニスボールをセットします。いきなりテニスボールに体重をかけると痛いので、身体を右側に向けながらゆっくりと位置を調整しましょう。

2.位置が定まったら、腕をゆっくりと大きく上下左右に動かしたり、回したりします。

3.徐々にテニスボールを上に(肩甲骨の下部→肩甲骨の真ん中辺り)移動させて、同じく腕を動かします。肩辺りを行う時は、腕でなく首をゆっくりと左右に動かしてほぐします。

4.次は右側にテニスボールをセットして、同じように行いましょう。

 

おすすめのテニスボールマッサージのやり方【2】ふくらはぎ

ふくらはぎをほぐすことで足のむくみが解消。立ち仕事やヒールのせいでむくんでしまった足に効果的です。

1.両足を前に伸ばして座り、ふくらはぎの下にテニスボールをセットします。

2.痛気持ちいい箇所を見つけながら、コロコロとふくらはぎの下で転がしながらほぐします。反対側も同様に行いましょう。

 

おすすめのテニスボールマッサージのやり方【3】バストラインを整える

姿勢を良くしてきれいなバストラインを叶えてくれるマッサージです。

1.テニスボール2個を靴下に入れたものを用意します。

2.横向きに寝て、テニスボールを下側の脇の位置にセット。腕の付け根辺りで、テニスボールがあたって心地良い痛みを感じる所を見つけます。

3.見つかったら体重をかけて、30秒~1分間キープ。

4.うつ伏せになって、左側の腕と胸の付け根にテニスボールをセット。同じように痛い部分に30秒~1分間体重をかけます。

5.ここまでを1セットとして、反対側も同様に行います。

 

おすすめのテニスボールマッサージのやり方【4】股関節

股関節のコリをほぐすことで、運動不足によって凝り固まった下半身を柔らかくする効果が期待できます。

​​​​​​1.座った状態で両足を伸ばしてから、右膝を立てて左足にひっかけます。

2.右側のお尻の下にテニスボールをセットして、まずは全体重をかけないように手で支えながら痛気持ち良いポイントを探します。

3.見つかったらそこで10秒間静止して、またお尻を動かしながら他のポイントを探して同じ動きを繰り返します。

4.左側も同じように行いましょう。

 

おすすめのテニスボールマッサージのやり方【5】腰痛・坐骨神経痛

腰痛は完治が難しいと言われていますが、テニスボールマッサージで症状を和らげることができます。

1.両膝を立てた状態で、仰向けに寝ます。

2.右側の骨盤の下辺りにテニスボールをセットして、コロコロさせます。痛気持ちいいポイントを見つけたら動きを止めて、1分間キープ。場所を変えて何箇所か刺激したら、左側も同じように行います。

3.終了したらゆっくりと起き上がりましょう。

 

おすすめのテニスボールマッサージのやり方【6】骨盤矯正

骨盤矯正や腰痛に効果的なテニスボールマッサージ。テレビを観ながらでもできる簡単なマッサージなので、習慣として取り入れるのにぴったりです。

1.床の上に座り、片足は斜め前に伸ばし、もう片方は膝を曲げます。曲げた方の太もも辺りにテニスボールを押さえつけて、心地良い痛みを感じる部分を探して、見つけたら強めに5秒間押さえます。

2.慣れてきたらテニスボールをグルグルと回しながらマッサージ。反対側も同様に行います。

3.両足30秒ずつ行いましょう。


テニスボールマッサージは、手軽で簡単なセルフマッサージです。身体の不調を整えたり、ダイエット効果もあると言われているので、ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。