BEAUTY

ジェルネイルは自宅でもオフできる!必要なアイテムと手順をマスター

ジェルネイルは自宅でもオフできるのをご存知ですか?今回は簡単にできるオフの仕方と注意点をご紹介します。サロンに行くのがめんどくさい!という方はぜひ試してみてください。

 

ネイルサロンでジェルネイルをオフすると料金はいくら?

ネイルサロン

サロンでのジェルネイルオフ料金は、一般的に2,000円~3,000円が相場。オフするだけなのに?と思うでしょうが、きれいにオフするには専用の機械やそれなりのスキルが必要なので妥当な値段と言えます。

自然に落ちるまで放置しておけばお金がかからないと思いきや、実はジェルネイルをオフせずそのままにしておくと、爪に悪影響あり。

放置するとジェルネイルが浮いてくることもありますが、そこで無理やり剥がすと爪が傷つきます。とはいえ、浮いたまま放置すると細菌が入り、爪にカビが生えることも!

また、ジェルネイルのまま爪を切ると、爪に負担がかかります。やすりで削れば、ジェルと爪の間に隙間ができて剥がれやすい状態に。

ジェルネイルをそのままにしておくと、自爪が伸びて見た目にも不潔なイメージに。オフするまでの期間は最長でも1ヵ月。サロンに行く暇がない!オフだけにお金をかけたくない!という方は、自宅でオフする方法をマスターしましょう。

 

自宅でジェルネイルをオフする時に必要なもの

■ジェルリムーバーまたはアセトン

名称は「ジェルリムーバー」「ジェルネイルオフリムーバー」など様々ですが、つまりマニキュアでいうところの除光液。100均や薬局でも購入できます。

「アセトン」はサロンでも使われているリムーバーです。

■ネイルファイル

ジェルネイルを削るネイルファイルは、なかなか市販では購入するのが難しいですがネットで購入することができます。

タイプを表す数値がありますが、80G~150Gがおすすめ。自宅でのジェルネイルオフにおいて一番大切なアイテムです。

■アルミホイルまたは指サック

指を包むときに使うアルミホイル。ゴム製の指サックなら、オフしている間に簡単な作業ができます。

■コットン

できるだけ水分の吸収率が高いコットンがおすすめです。

 

自宅でジェルネイルをオフするやり方【1】ファイルでジェルを削る

ジェルネイルの表面全体を削り落としていく作業。トップジェルを傷つけるような感覚で削るのがポイントです。

ネイルに穴をあけるように削ると、ジェルネイルリムーバーが浸透しやすくなるでしょう。

 

自宅でジェルネイルをオフするやり方【2】アルミホイルとコットンをカットする

■アルミホイルをカットする

アルミホイルを約10cm四方にカットして、1辺だけ1㎝くらい折り返しておきます。こうすることで、リムーバーが垂れてしまうのを防ぎ、アルミホイルが割けにくくなる効果もあります。

■コットンをカットする

コットンは爪を覆える大きさにカットします。できる限り爪のサイズに合わせて、肌にジェルリムーバーが付着しないようにしましょう。

 

自宅でジェルネイルをオフするやり方【3】コットンをリムーバーに浸す

容器に入ったコットン

カットしたコットンをリムーバーに浸します。

直接つけるよりも、容器にリムーバーを入れて浸してたっぷり含ませてから爪につけた方が失敗する確率が低くなります。

 

自宅でジェルネイルをオフするやり方【4】爪にコットンを置いてアルミホイルで覆う

ジェルネイルオフ中

コットンで爪を覆い、アルミホイルの折り目が下にくるように置いて、その上に指を置きます。

コットンがしっかり爪を覆っているか確認しながら、第二関節辺りまでアルミホイルで覆います。

しっかりめに指に巻きつけて、指の先端部分で1回ねじってから先端を折り返します。指サックがある場合は、この上からかぶせておきましょう。

 

自宅でジェルネイルをオフするやり方【5】温める

アルミホイルを巻いたら、10分ほど温めます。

タオルにくるんだり、ビニール手袋をしてお湯で温めたりするとオフしやすくなります。

 

自宅でジェルネイルをオフするやり方【6】浮いてきたジェルを取り除く

ジェルの種類や季節によっても違いがありますが、10分ほど経つとジェルが浮いてきます。全く浮いてくる気配がない場合は、もう少しネイルファイルで削ってから同じ作業を行ってください。

浮いてきたジェルネイルは、ネイルファイルを使って払い落とします。無理やり剥がすと爪を傷つけてしまうので要注意。

ジェルネイルを落としたら、スキンケアと同じくクリームやオイルなどを丁寧に塗ります。特に爪の根元は、丈夫で新しい爪を作る場所なので念入りにマッサージしましょう。

 

自宅でジェルネイルをオフする時の注意点

ネイルオフ

■無理やり剥がさない

ジェルネイルは厚みがあるので、爪との間に隙間ができるとベロっと気持ち良く剥けます。しかし、この時爪の層も一緒に剥がれてしまうので、絶対にやらないでください。

■爪やすりは使わない

ひと昔前はジェルネイルとオフする時に爪やすりを使っていました。ただし、それは昔のジェルネイルが溶剤でオフすることができなかったからです。

今のジェルネイルはリムーバーやアセトンでオフすることができるので、やすりではなくネイルファイルで表面のみを削るようにしましょう。

■除光液を使用しない

マニキュアと同じくジェルネイルも除光液で落とせると思っている人もいます。しかし、ジェルネイルはマニキュアとは全く別物。

もし除光液で落とせてもかなり時間がかかり、その分爪にも肌にも負担が。めんどくさいですがしっかりオフ作業を行いましょう。


ジェルネイルを自宅できれいにオフすることができれば、サロンに行く手間も省けて経済的にもお得!ネイルが趣味の方は、ぜひオフするためのセットを揃えて自宅で行ってみてはいかがでしょうか?