LIFE STYLE

男性がデートをドタキャンするのはなぜ?正しい対処法もご紹介!

彼氏や好きな人からデートをドタキャンされて辛い思いをした女性は少なくないはず。そんな時はどうしたらいいのでしょうか。ここでは、男性がデートをドタキャンする理由や心理、デートをドタキャンされた時の正しい対応、ドタキャンの防ぎ方などをご紹介します。

 

デートをドタキャンする男性の特徴

デートをドタキャンする男性の特徴を考える女性

楽しみにしていたデートをドタキャンされたらショックを受ける女性が多いはず。しかし、約1/4程度の男性がデートをドタキャンした経験があるようです。デートをドタキャンする男性にはどんな特徴があるのでしょうか。

■面倒臭がり
面倒臭がりの人は当日、デートが嫌になったり、出かけることが億劫になったりしてドタキャンしてしまいます。

■気分屋
気分の浮き沈みが激しい男性もデートをドタキャンすることが多いです。気分屋の人は前日までは楽しみにしていたデートでも当日に行きたくないと感じてドタキャンすることがあります。

■いい加減
いい加減な性格の男性もデートをドタキャンすると言われています。いい加減な人は約束を軽く考えるので、適当に女性をデートに誘ったり、女性からの誘いに乗ったりしますが、「やっぱり行きたくない」と思えば、ドタキャンします。

■おとなしく、断れない
おとなしく、誰かに誘われたら断れないタイプの男性もデートをドタキャンすることがあります。女性からデートに誘われた時は「相手を傷つけたくない」とOKを出しますが、気乗りしないので、当日にドタキャンしてしまうのです。

 

男性がデートをドタキャンする理由

仕事をする人々

男性がデートをドタキャンするのはどうしてなのでしょうか。

■急に仕事が入った
デートをドタキャンした経験がある男性のうち、約半数近くは仕事が理由。本当はデートに行きたくてもやむを得ず、ドタキャンすることになった人が多いです。

■体調不良
デートを楽しみにしていても体調不良で行けなくなることもあります。

■面倒臭くなった
残念ながら「面倒臭い」という理由でデートをドタキャンする男性も少なくありません。

 

デートをドタキャンする男性の心理

背中合わせで立つ男性と女性

男性は予定が被っていたり、面倒臭くなったりした時にデートをドタキャンする男性は甘えがあると考えられます。特に、仲良しの女性や彼女の場合、「仲がいいから許してもらえそう」「理解してくれそう」などという心理でドタキャンすることが多いです。

人は身内を後回しにしがちですが、男性は彼女を身内ととらえるため、付き合う前よりも付き合ってからの方がデートをドタキャンすると言われています。

 

デートをドタキャンする時の男性の言い訳

彼女にデートのドタキャンの言い訳をする男性

男性がデートをドタキャンする際の言い訳をチェックしてみましょう。

■急に用が入った
仕事などで急用が入った場合は、素直に理由を言う人が多いです。この場合、「今日は無理だから〇日に行こう」などと次の約束をしてくれることもあります。ただし、用事の内容を詳しく教えてもらえない場合は嘘の言い訳かもしれません。

■体調が悪い
本当に体調が悪い人もいれば、デートが面倒臭くなった時に「風邪気味で行けない」などと嘘をつく男性もいます。体調不良は誰にでも突然起こることなので、デートをドタキャンしても「責められないだろう」と思っている男性も珍しくありません。

 

男性にデートをドタキャンされたら脈なし?

デートをドタキャンされてショックを受ける女性

男性にデートをドタキャンされたら、ネガティブになる女性が多いでしょう。特に、付き合う前であれば「脈なしかな」と思ってしまうこともあります。デートをドタキャンされた場合、男性からどのように思われているのでしょうか。

デートをドタキャンしたことがある男性を対象にしたアンケートでは、「相手が脈なしだからデートをドタキャンした」と答えた男性は約4割でした。

約6割は相手に好感を持っていてもデートをドタキャンしているので、ドタキャンされたからといって「脈なし」と判断するのはもったいないでしょう。

 

デートをドタキャンされた時の正しい対応は?

 

デートをドタキャンされた時の正しい対応【1】ドタキャンの理由を信じる

仲良しのカップル

デートをドタキャンされたら、彼氏や好きな人のことを疑いたくなります。しかし、理由を疑っても幸せにはなれないので、まずは相手のことを信じましょう。

「体調不良だから今度にしてほしい」などと言われた時に「会いたかったけど体調不良なら仕方ないね。今日はゆっくりと休んで」などと返信すると、好印象を与えられます。

 

デートをドタキャンされた時の正しい対応【2】明るく代償を要求する

話をするカップル

デートをドタキャンされたら「今回だけは○○をしてくれたら許してあげる」「じゃあ次のデートで○○をおごってね」などと明るく代償を要求するのも正しい対応。

代償があれば、女性は「ドタキャンされたけど、良いこともあった」と思えて、男性は「許してもらうために頑張ろう」「次からはドタキャンをやめよう」と考えます。

 

デートをドタキャンされた時の正しい対応【3】急いで次の約束をしない

部屋でスマホを操作する女性

男性からドタキャンの連絡があった時に「いつならいいの?」などと急いで次の約束をすることはやめましょう。男性がデートをドタキャンする時は予定や体調、気分に余裕がないので、次のデートについて考えられないことが多いです。

相手の状況が落ち着いてからデートの予定を考えると、デートプランも練れるでしょう。

 

デートをドタキャンされた時のNGな対応

ドタキャンした男性を責める女性

デートをドタキャンされた時に避けたいNG対応をご紹介します。

■怒る
デートをドタキャンされたら悲しいですが、頭ごなしに怒るのは避けましょう。男性が「申し訳ない」と感じていた場合、怒ってしまうと相手が落ち込みます。

■何も言わずに許す
何も言わずにドタキャンを受け入れるのも避けた方が無難。「許してくれる」とわかれば、デートのドタキャンが繰り返される可能性が高いです。また、何も言わずに我慢した女性はストレスが溜まるので、ネガティブな感情が爆発した時に大ゲンカになってしまうかもしれません。

 

デートのドタキャンを防ぐ方法

電話をする女性

彼氏や好きな人にデートをドタキャンされるとショックです。デートのドタキャンを防ぐ方法を見ていきましょう。

■「お店を予約した」と言う
ドタキャンを防ぎたいなら、デートの約束段階で「近くに良いお店があるから予約しておくね」などと伝えましょう。お店を予約したことがわかれば「ドタキャンせずに行かなきゃ」と思います。

■天気が悪い時はデート場所を変える
天気が悪い日は外出が億劫になる人が多いです。屋外でのデートや移動距離が長いデートは「面倒臭い」と思われやすいので、デート場所を変えて近場でのデートやお家デートを楽しみましょう。


男性は仕事や体調不良、気分などでデートをドタキャンする人が多いです。デートをドタキャンされても頭ごなしに怒らず、相手の気持ちを考えてみましょう。相手に寄り添って正しい対応をすると、二人の関係が深まったり、ドタキャンを減らせたりします。