BEAUTY

キラキラネイルで気分が上がる指先に!セルフのやり方と人気デザイン

女性なら誰でも気分が上がるキラキラネイル!インスタでも自慢のデザインをアップする人が多いですが、実はセルフでの簡単なやり方も。今回は、キラキラネイルのやり方やおすすめデザインをご紹介します。

 

キラキラネイルってどんなネイル?

■華やかな見た目が特徴

ゴールドやシルバーなどゴージャスなネイルカラーや、ストーンなどをあしらった華やかなネイル。遠くからでも目立つような派手なデザインが特徴的。パッと見のイメージが「キラキラ」そのものというネイルです。

■デコネイル・ラメネイル

ストーンやスワロフスキーなどのキラッと光るパーツを使ったデコネイルや、ラメを使ったデザインもキラキラネイルの一種。たった1粒のストーンをのせただけでもキラキラネイルと言えます。

■派手=キラキラネイルではない

キラキラネイルといえば派手なイメージが強いですが、フォーマルシーンにも馴染むシンプルなデザインもあり。

例えばベージュやグレーなどのシンプルなベースカラーに、ストーンを1粒のせただけのシンプルデザイン。ゴールドの細いラインを入れただけの大人顔ネイルも、キラキラネイルです。

■デコシールやストーンなどうまく活用

今や100均でも手に入るネイルシールやストーンは、キラキラネイルに欠かせないパーツ。デザインは多岐に渡り、お好みのネイルデザインを作ることができます。

■便利なラメ入りマニキュア

ラメは、ベースとして活用したり、グラデーションデザインに便利。ポリッシュとラメが一緒になっていれば、手間を省くことができます。

■ラインテープやホイルはスタイリッシュなデザインに

フレンチネイルやストライプ柄などに便利なラインテープがあれば、キラキラネイルのデザインの幅が広がります。

また、ホイルを爪のサイズやお好みの形に切って爪に貼れば、クールなデザインに仕上がるでしょう。

■グリッターネイル

グリッターネイルは、光に反射して動くたびにキラキラ光るのが特徴。ベースコートを塗ってから、少量を塗って乾かすのを繰り返すことできれいに仕上がります。

■金箔を利用するのもあり

ラメやラインストーンとはまた違った輝きがある金箔は、少量でもゴージャスなデザインに。どんなカラーにも合うので、手持ちのポリッシュにのせていつもと違うネイルにするのもおすすめ。

白や赤のネイルにのせれば和風テイストになるので、結婚式など和服を着る時にも役立ちます。

 

セルフでのキラキラネイルのやり方

グラデーションは2回に分けて施すときれいに仕上がります。

1.ベースコートを塗ります。

2.ラメ入りのポリッシュを、直接塗るのではなく一旦キッチンペーパーなどに取り出します。

3.グラデーションにしたい幅を決めて、ポリッシュを塗ります。1度目はラメがスカスカの状態でOKです。

4.2度目は先端に色をつけるようにしっかりめに塗りましょう。

 

おすすめのキラキラネイルデザイン【1】ホログラムで桜をイメージして春ネイルに

薄いピンクをベースカラーにして、ホログラムで桜をデザイン。ネイルにも季節感を取り入れるのが大人女子のテクニックです。

全体的に控えめなカラーを使っているので、大人っぽいキラキラネイルに。他の指にもシンプルなキラキラパーツを使って、上品に仕上げましょう。

 

おすすめのキラキラネイルデザイン【2】べっ甲やワイヤーを使って大人顔ネイルに

べっ甲ネイルやグレーを使うことで、大人を意識したデザインに。ワンポイントとしてべっ甲には金箔を、グレーネイルにはワイヤーとシェルパーツをオン。

落ち着いたカラーリングなので、キラキラでも子供っぽさは一切なし。ヌーディーカラーのラメグラデーションが、デザインにメリハリをプラスしてくれます。

 

おすすめのキラキラネイルデザイン【3】夏ネイルは大きめパーツで大胆なデザインに

夏はキラキラネイルも開放的なデザインがぴったり。大きめのストーンを大胆にあしらって、存在感のあるキラキラネイルに。

ベースカラーも、ブルーや白で清涼感を表現。ラメとホログラムで作るキラキラ曲線は、爪を細く長く見せてくれます。

 

おすすめのキラキラネイルデザイン【4】こっくりカラーが主役の秋冬ネイルに

秋冬カラーといえば、ボルドーが定番。マットなボルドーは単色だと少々ハードなイメージですが、キラキラデザインをプラスすることで緩和できます。

爪の根元にゴールドのラインを引いて、シンプルながらインパクトのあるネイルに。オフィスシーンでも活用できるシンプルネイルです。

 

おすすめのキラキラネイルデザイン【5】トレンドカラーにシルバーを一点投入して

トレンドのくすみピンクは、ネイルでも大人気。一瞬にして旬ネイルが完成します。

1本だけシルバーのうねりネイルでキラキラ感を出して。シルバーならくすみピンクと相性が良く、アクセサリーとリンクさせることもできて便利です。

 

おすすめのキラキラネイルデザイン【6】片方をキラキラネイルにしてアシンメトリーに

左右の指を全く違うデザインにするちぐはぐネイルも人気。両方ともシンプルなデザインでは面白くないので、どちらかをキラキラネイルにしてギャップを演出。

ニュアンスカラーとピンク×シルバーという落差が激しい組み合わせも新鮮。凸凹のミラーネイルで立体感を出せば、よりキラキラが映えます。

 

おすすめのキラキラネイルデザイン【7】イベントにはゴールドが主役のゴージャスデザインに

パーティーなどのイベントにぴったりなのが、ゴールドを活用したキラキラネイル。

ゴールドのミラーネイルとグリッターネイルを1本ずつ。単色ベージュとのコンビが、華やかさの中にも品を感じさせてくれます。


見ているだけで気分が上がるキラキラネイル!デザインの種類も豊富で、季節を問わず取り入れることができます。ぜひ次回のネイルでトライしてみてください。