BEAUTY

生理前の肌荒れを治したい!ニキビやかゆみを防ぐ美容習慣とは?

生理前の肌荒れに困る女性は多いはず。毎月、顎ニキビやかゆみなどのトラブルが起こると憂鬱になるでしょう。ここでは、生理前に肌が荒れる理由や肌荒れを防ぐ美容習慣をご紹介します。

 

生理前の肌荒れに悩む女性は多い!

生理前の肌荒れに悩む女性

女性の多くが悩まされているのが、生理前の肌荒れ。きちんとケアしているのに生理前に肌が荒れると、気分が下がってしまうでしょう。まずは、生理前に多い肌荒れの悩みを見ていきます。

・口周りや顎にニキビができる
・いつもと同じスキンケアアイテムで刺激を感じる
・かゆみや赤みが出る
・ニキビや吹き出物が長引く


生理前の肌荒れで特に目立つのが顎ニキビ。生理前は化膿して黄ニキビや赤ニキビになってしまうことも珍しくありません。化膿したニキビは治りにくく、ニキビ跡になることも多いです。

 

いつから荒れる?生理前後の肌状態の変化

カレンダーを持つ女性

女性の肌の状態は生理前後で変化します。肌荒れ対策に役立てるためにも、1か月間の肌状態の変化を確認しておきましょう。

■生理前の週
最も肌トラブルが起こりやすい時期です。ニキビや吹き出物が増えたり、化粧水や乳液で刺激を感じたりする人が多いです。また、体調もすぐれず、ほてりやむくみが気になったり、イライラや不安に悩まされたりする人も珍しくありません。

■生理が始まる週
肌や健康の状態が少しずつ良くなります。ただし、貧血や生理痛が酷い人もいます。

■排卵前の週
1か月間の中で女性の肌状態や体調が最も安定します。新しいコスメやスキンケア用品を試すのにもおすすめの時期です。

■排卵後の週
肌状態や体調が悪化し始めます。ニキビができたり、イライラや便秘が気になったりする人も多いでしょう。

 

生理前に肌荒れする理由

生理前の肌荒れに悩む女性

生理前後で肌状態が変わるのは、ホルモンバランスが変化するためです。女性の肌や体は「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」に大きく左右されますが、生理前の肌荒れは黄体ホルモンと深く関係しています。

黄体ホルモンは妊娠の維持に関わる女性ホルモンです。排卵から生理直前にかけて分泌量が増加し、皮脂分泌を促進します。皮脂の分泌量が増加すると、毛穴が詰まってニキビや吹き出物ができやすくなります。

また、黄体ホルモンの分泌量が多い間は体温が上がるので、のぼせなどのトラブルが起こることも多いです。

なお、思春期を過ぎた大人にできるニキビは乾燥やターンオーバーの乱れ、ストレス、冷え、胃腸の働きの低下なども関係しています。そのため、スキンケアなどの表面的なケアだけでは生理前の肌荒れを解消するのは難しいです。

 

生理前の肌荒れを防ぐ美容習慣【1】クレンジングや洗顔は優しく

生理前の肌荒れ対策には婦人科や皮膚科などで処方されるピルや漢方、サプリも役立ちます。しかし、薬を飲むことには抵抗を感じる人も多いです。薬に頼らずに肌荒れを対策したい人は日ごろから正しい方法でケアしましょう。

生理前のニキビや吹き出物は、皮脂の過剰分泌による毛穴のつまりが関係しているので、解消には丁寧なクレンジングや洗顔が必要です。しかし、デリケートな時期に強い力で顔を洗うと、肌荒れが悪化する可能性があります。

クレンジングや洗顔をする時は手に力を入れず、優しく汚れを取り除きましょう。熱湯ですすぐと乾燥しやすいので、肌をケアする時はぬるま湯を使うのがおすすめです。

 

生理前の肌荒れ対策におすすめの洗顔料▶ACSEINE(アクセーヌ) リセット ウォッシュ

ターンオーバーの乱れで溜まった不要な角質を優しくオフしてくれる洗顔料。プッシュするだけで理想的な泡が出るので、手間をかけずに優しく汚れを取り除けます。低刺激性なので生理前の肌荒れが起こりやすい時期にも使いやすいです。

ACSEINE(アクセーヌ) リセット ウォッシュ

¥3,240

販売サイトをチェック
 

生理前の肌荒れを防ぐ美容習慣【2】丁寧なスキンケア

生理前はホルモンバランスの影響で水分と皮脂のバランスが崩れやすくなっています。丁寧なスキンケアで肌のバランスを整え、肌荒れを予防しましょう。

■保湿が大切!
肌が乾燥していると、水分を守るために皮脂の分泌量が増加します。また、水分が不足した肌はバリア機能が低下しているので、紫外線や摩擦などの刺激を感じやすいです。生理前の肌荒れを対策したい人は日ごろから保湿し、潤いを守っておきましょう。

■スキンケアは肌に優しいアイテムで
生理前から生理中は普段使っている化粧品で肌荒れを起こしてしまうことも少なくありません。生理前は肌に優しい成分で作られたスキンケアアイテムを使い、炎症を防ぎましょう。

 

生理前の肌荒れ対策におすすめのスキンケアコスメ▶AYURA(アユーラ) fサインディフェンス バランシングプライマー センシティブ

デリケートな肌に潤いを与え、乾燥や肌荒れを予防する化粧液。手のひらで顔を包み込むようにして肌に浸透させると、生理前のデリケートな時期でもリラックスできます。敏感肌向けでニキビのできにくい処方です。

AYURA(アユーラ) fサインディフェンス バランシングプライマー センシティブ

¥4,536

販売サイトをチェック
 

生理前の肌荒れを防ぐ美容習慣【3】メイクは低刺激性のコスメで

肌荒れを起こしやすい生理前はコスメで刺激を感じることもあります。排卵後、肌がデリケートになり始めたら、低刺激性のコスメでメイクして肌荒れを予防しましょう。

ファンデーションはべたつきが起こりやすいリキッドタイプやクリームタイプではなく、軽いつけ心地のパウダータイプがおすすめです。

 

生理前の肌荒れ対策におすすめのファンデーション▶dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー)

ふんわりとしたテクスチャーのパウダーファンデーション。使う度に肌荒れを防ぐ処方で、美しい素肌に導きます。ニキビ跡や肌荒れした部分にもしっかりとフィットするので、気になる肌トラブルもカバーできます。

dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー)(レフィル)

¥3,024

販売サイトをチェック
 

生理前の肌荒れを防ぐ美容習慣【4】生活習慣のアプローチも必須

生理前の肌荒れには、ホルモンバランスの変化以外の原因も関係しています。スキンケアやメイクだけでなく、生活習慣も見直して内側から美肌を目指しましょう。

■食生活
排卵後からは皮脂の分泌量が増えるため、高カロリーや高脂肪の食事は控えましょう。生理前はターンオーバーを促進するビタミンB群が含まれたマグロやレバーなどを積極的に摂るのがおすすめです。

■ストレスの緩和
ストレスは血行不良やターンオーバーの乱れなどを引き起こします。アロマや音楽鑑賞、軽い運動、カラオケなど自分に合ったストレス発散法で日ごろの疲れを癒しましょう。

■冷え
体が冷えると血行が悪くなり、肌に悪影響が及びます。カイロや機能性下着などを上手に使って冷えを予防してください。

■便秘の解消
腸内の悪玉菌が増えると、有害物質が体中を巡って肌荒れを引き起こします。食物繊維や乳酸菌、発酵食品などの善玉菌を活発化させる食べ物で便秘を予防しましょう。


生理前による肌荒れの原因はさまざま。その場しのぎのスキンケアだけでは美肌をゲットするのは難しいです。いつも美肌をキープしたい人は正しいスキンケアに加えて生活習慣にもアプローチし、外側と内側から肌荒れを予防しましょう。