LIFE STYLE

脇にできるニキビの原因は?ケア方法や予防法もチェック!

脇はニキビができやすいパーツの一つ。脇にニキビができると、服が擦れた時に違和感を覚えたり、ノースリーブを着られなくなったりします。ここでは、脇ニキビの原因やケア方法、予防法などをご紹介します。

 

脇にできるニキビの種類は?

脇を確認する女性

ニキビができるのは顎や鼻などの顔だけではありません。体にニキビができることも多いです。お腹ニキビや背中ニキビと共に多くの女性を悩ませているのが脇にできるニキビ。脇にできるニキビは主に2種類に分けられます。

■黒ニキビ
古い角質や皮脂、汚れなどが毛穴に詰まり、酸化してできるニキビ。炎症を起こしていないので、触ってもほとんど痛みや刺激を感じません。

■赤ニキビ
毛穴の中でアクネ菌が増殖し、炎症を起こして赤く腫れたニキビ。目立つだけでなく、押すと痛いです。また、赤ニキビは放置すると、膿が見える黄ニキビや膿と血が溜まったしこりニキビになることもあります。

しこりニキビは芯がないものや潰れないものも多く、一度できるとなかなか治りにくいです。

 

脇にニキビができる原因とは?

 

脇にニキビができる原因【1】制汗剤の多用

制汗剤を使う女性

脇は汗が出やすい部分。臭いも気になるので、日常的に制汗剤を使っている人が多いでしょう。制汗剤は汗が分泌される汗腺に蓋をして汗や臭いを抑えるものです。制汗剤を使いすぎると、毛穴が詰まり、脇にニキビができます。

 

脇にニキビができる原因【2】脇毛処理

脇毛処理をする女性

ムダ毛の自己処理も脇にニキビができる原因の一つ。カミソリや毛抜きで肌の表面を傷つけたり、毛穴を無理やり広げたりすると、雑菌が侵入してニキビに繋がります。

また、カミソリや毛抜きに付いている雑菌が肌に付着したり、脇毛処理前後にお手入れをせず、肌が乾燥したりした場合も、脇にニキビができます。

 

脇にニキビができる原因【3】汗

汗をかいている女性

脇は汗をかきやすい部分。かいた汗を放置すると、毛穴が詰まったり、雑菌が繁殖してニキビができたりします。特に、運動中や暑い季節などは汗が出やすいので、脇ニキビが増える人が多いです。

 

脇にニキビができる原因【4】摩擦

体を洗う女性

脇は汗や臭いが気になるパーツなので、ついゴシゴシ洗ってしまう人が多いはず。ナイロンタオルなどで摩擦を掛けて脇を洗うと、肌の表面に小さな傷が付き、雑菌が侵入します。

また、脇を洗いすぎると、肌に必要な潤いが奪われてバリア機能が低下し、ニキビや肌荒れが引き起こされることも少なくありません。

 

脇ニキビのケア方法

クリニックで会話をする医師と患者

脇ニキビができてしまったら、どうすればいいのでしょうか。

■市販薬や市販のニキビケア化粧品を使う
脇のニキビは顔のニキビと比べて治しやすいと言われています。脇ニキビができたらまず、ニキビ用の市販薬やニキビケア向けの化粧品などでケアしましょう。

■皮膚科に行く
市販薬でケアしても脇ニキビが治らない時や脇ニキビが膿でパンパンになっている時、化膿して痛い時などは皮膚科を受診するのがおすすめです。皮膚科では、抗生剤や外用薬などを処方してもらえます。

 

脇ニキビを予防する3つの方法

 

脇ニキビの予防法【1】脇毛処理は前後のケアを丁寧に

脇毛処理をする女性と男性

脇毛処理をすると、皮膚が傷つけられてニキビができやすくなります。脇ニキビを予防したい人は脇毛処理後のケアを丁寧に行いましょう。

■クリームで肌を保護する
脇毛処理の前はワセリンや保湿クリーム、シェービングクリームなどを塗って肌を保護しましょう。脇ニキビができやすい人は肌に優しいタイプのクリームを使うのがおすすめです。

■毛の流れに沿って剃る
脇毛処理をする時は、毛の流れに沿ってかみそりを当て優しく脇毛を剃りましょう。毛抜きは肌へのダメージが大きいので、できるだけ使用を控えてください。

■脇毛処理後は炎症を抑えて保湿する
脇毛処理が終わったら、脇を氷水や保冷剤などで冷やして炎症を抑えましょう。脇が冷えたら、化粧水や乳液、クリームなどで保湿してください。

 

脇ニキビの予防法【2】脇を清潔にする

体を洗う女性

脇ニキビを防ぐためには、脇を清潔に保つことも大切です。体を洗う時は脇を丁寧に洗い、汗や皮脂、制汗剤などをしっかりと洗い流しましょう。ただし、ゴシゴシと擦るように洗うと、肌が傷つけられるので、ボディソープはたっぷりと泡立てて泡を転がすように洗いましょう。

また、汗をかいた時はタオルなどでこまめに拭き取るのも大切。汗が皮膚に残っていると、雑菌が繁殖してニキビができます。

 

脇ニキビの予防法【3】食生活や生活習慣を改善する

栄養バランスの整った食事

脇ニキビは食生活や生活習慣とも関係していると考えられています。脇ニキビに悩んでいる人は食生活や生活習慣も見直してみましょう。

■栄養バランスの整った食事を摂る
脇ニキビを防ぎたい人は栄養バランスの整った食事を摂りましょう。甘いものや油っぽいものを食べ過ぎると、ニキビの原因となる皮脂が増えるので、注意してください。

■睡眠を取る
睡眠不足になると、ホルモンバランスが乱れてニキビができやすくなります。一日7時間以上、たっぷりと睡眠を取り、脇ニキビを予防しましょう。

■ストレスを溜めない
ストレスが溜まると、皮脂や汗の量に影響が出ます。脇ニキビを予防したい人は趣味を楽しんだり、休息を取ったりしてストレスを発散させましょう。

 

脇のできものはニキビではない可能性もある?

脇を指さす女性

脇のできものはニキビ以外の可能性もあります。脇にできものができる主な病気は2つです。

■粉瘤(アテローム)
皮脂や垢が毛穴に詰まってできるもの。小さいものも大きいものもあり、潰すと臭いがする白い膿のようなものが出ます。悪化すると、痛みが強くなり、生活に支障がきたされることもあります。

■化膿性汗腺炎
汗腺に菌が侵入して炎症が起こる病気。自己免疫の異常などが原因で脇やお尻、太ももの付け根などにできものができます。

脇にできたニキビだと思っていたものがなかなか治らない時は粉瘤や化膿性汗腺炎の可能性もあるため、一度、皮膚科を受診するのが良いでしょう。


脇ニキビは制汗剤の使用や間違った脇毛処理などが原因で引き起こされるトラブル。脇ニキビに悩んでいる人は正しいケアで予防しましょう。治らない場合は、他の病気の可能性も考えて皮膚科を受診してください。