BEAUTY

男性受けを狙うなら生肌メイク。ツヤと透明感がポイントのメイク方法

ツヤと透明感のあふれるキメ細かな肌は、女性から見ても美しいものですよね。最近流行りの「生肌」の作り方をご紹介します。生肌メイクのやり方をチェックして、さっそく挑戦してみてくださいね。おすすめのコスメも、ぜひご覧ください。

 

生肌メイクとは?

考える女性

生肌メイクとは、ツヤと透明感を重視して、自然な「生肌」に見せるメイクのことです。生まれたてのような素肌に見せるメイク法は、大注目を浴びています。

肌を保湿してうるおいを与えたら、ツヤ重視の化粧下地やリキッドファンデで、ツヤ肌を作りましょう。唇のじゅわ感も大切にすると、より生っぽさが出ますよ。

みずみずしく、さわやかな印象になるので、男性からだけなく女性からも好感度大。モテを狙うなら、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

生肌メイクのやり方は?

OK サインを作る女性

基本の生肌の作り方をご紹介します。ツヤ感を大切にするために、保湿を十分に行い、ベースメイクはなるべく薄くつけましょう。

■保湿はしっかりと行う
生肌メイクに必要なのは、素肌感。素肌感の残る肌に仕上がるためには、保湿をしっかりと行うことが大切です。

朝に保湿を行っても乾燥しやすい人は、夜の間にスキンケアをしておくこともおすすめ。寝ている間にも肌の水分量は失われていきます。化粧水や乳液でも保湿しきれない場合は、ナイトパックを使用するなど、肌を保湿させるよう少しでも心がけましょう。

■リキッドファンデーションは薄く塗る
透きとおるようなツヤと透明感を与えるためには、パウダーよりも、リキッドファンデーションが適しています。リキッドファンデーションは、マットタイプではなくツヤタイプを選びましょう。

リキッドファンデーションは、できるかぎり薄づけします。厚く塗るとパテのようになり、透明感が失われるのでご注意ください。また厚く塗ることでメイクがヨレやすくなるので、気をつけましょう。

■気になる部分はコンシーラーでカバー
ファンデーションを薄塗りしたときに気になるのが、クマやくすみですよね。気になるからといって、ファンデーションを重ね塗りしてはいけません。カバーできない部分は、ピンポイントでコンシーラーを使用するといいでしょう。

■マスカラ&アイライナーはブラウンで
マスカラとアイライナーは、ナチュラルなブラウンを使用します。黒よりも肌なじみがよく、「いかにもメイクしました」感がありません。

黒のマスカラとアイライナーは、二度塗りすると目元がキツくなりがち。その点ブラウンの場合は、二度塗りしてもやわらかく仕上がるのでおすすめです。

■唇はじゅわ感を強調
唇はじゅわ感を強調するために、鮮やかな色&ツヤを与えます。まずは、リップの色をきれいに発色させるために、唇全体にブラシでコンシーラーを塗っておきましょう。コンシーラーを塗っておくだけで、リップの発色がずっと良くなります。

次にティントリップを使い、唇の上下の内側半分にだけ塗ります。唇の内側は、リップがハゲやすいものです。そこで普通のリップではなく、ティントリップを使用するのがポイント。

その後、ブラシでティントリップを唇の外側に向かってなじませ、仕上げにグロスをのせると完成です。果実のようなジューシーな唇になりますよ。

 

生肌メイクにおすすめのコスメ4選

生肌メイクにおすすめの、リキッドファンデーションとリップグロスをご紹介します。

■RMK(アール エム ケー) リクイドファンデーション
シルクエッセンスとシアバター配合で、保湿力が高いRMKのリキッドファンデーション。肌にうるおいをプラスしながら、ナチュラルなツヤを与えます。カラーバリエーションも豊富なので、自分の肌に合った色を選んでください。

RMK リクイドファンデーション

¥4,860

販売サイトをチェック

■メイベリン ニューヨーク  スーパー クッション ウルトラカバークッション BB
カバー力抜群のクッションファンデ。スポンジのキメが細かく、細かい部分にまでフィットして毛穴をカバーします。化粧水成分が約60%以上配合されているので、保湿力もバッチリです。

■Dior(ディオール) ディオールアディクト リップマキシマイザー
ヒアルロン酸とコラーゲン配合で、唇にふっくらとしたハリを与えます。グロスとして使えるのはもちろん、リップを塗る前の唇の保湿にも使えます。縦ジワの目立たない、ヌーディーな唇に仕上げるグロスです。

Dior(ディオール) ディオールアディクト リップマキシマイザー

¥3,888

販売サイトをチェック

■Clé de Peau Beauté (クレ・ド・ポー ボーテ) ブリアンアレーブルエクラ
上品に色づくリップグロスです。グロスなのにベタベタせず、つけ心地がいいのが特徴です。発色がいいので、単品使いもOK。高級感のあるパッケージなので、ポーチに入れておきたくなるリップグロスです。シワなどの凹凸を補正し、唇をふっくら見せてくれます。


生肌メイクのやり方とポイント、おすすめコスメをご紹介しました。ジューシーで透け感のある生肌メイクなら、モテ度◎。ナチュラルな美しさをアピールしたいときには、最適のメイクです。ここぞというデートや合コンなど、気合を入れたい日にはぜひお試しくださいね。