BEAUTY

流行りのうねうねネイルはセルフでも簡単!やり方とおすすめデザイン

ぷっくりとした立体感が可愛い、波模様の「うねうねネイル」。難しそうに見えて、実はセルフでも簡単にできます。そんなうねうねネイルのやり方とおすすめデザインをご紹介します。

【目次】

 

うねうねネイルとは?

うねうねネイルとは、その名の通りうねうねとした模様を施したネイルデザインです。
うねうねとした模様が波のようなので「なみなみネイル」とも呼ばれています。

ぷっくりとした立体感が可愛く、ニュアンスネイルにも取り入れている方がたくさんいる、今大人気のデザイン。
個性派なミラーネイルとの相性も抜群です。

そんなうねうねネイルは、実はセルフでも簡単にできるデザインなのをご存知ですか?
デコボコ感が難しいのでは?という印象ですが、そんなことはありません。むしろ少しくらいムラになっても目立ちにくいため、均一に塗るよりも簡単なのです。

ジェルネイルだけでなく、マニキュアでもできるため、初心者にもおすすめです。

 

うねうねネイルをセルフで行うときのやり方

 

うねうねネイルをセルフで行うときのやり方【1】ジェルネイルなら固めのクリアジェルを使うのがおすすめ

好きな色のベースカラーを塗り、細筆を使って固めのクリアジェルでうねうね模様を描きます。
固めのジェルは、横に流れにくく、立体感が出しやすいためおすすめです。
細筆にたっぷりとクリアジェルを取って、横に流れないうちに素早くうねうねを描きましょう。

一度で立体感を出そうとせず、一度描いたら硬化させて、再度上からなぞるように描いて硬化を繰り返し、お好みの立体感に仕上げます。

このとき、一つの爪に2本以上のうねうねを描くデザインがほとんどだと思いますが、うねうねを描くときは一本ずつ硬化させるのがおすすめ。
1本ずつ行うことで、他のうねうねを描いているときに、最初に描いたうねうねが横に流れてしまうことがありません。

仕上げにトップジェルを塗ったら完成です。

 

うねうねネイルをセルフで行うときのやり方【2】マニキュア・ポリッシュはボンドを使うと立体感が出やすい

マニキュアで行うときは、ジェルのような質感に仕上がるトップコートを用意しましょう。
やり方はジェルネイルとほとんど同じで、ベースカラーを塗ってから、細筆を使ってジェルトップコートでうねうねを描き、乾いたら立体感が出るまでなぞるように重ねて繰り返します。

マニキュアだと立体感を出すのが難しかったり、乾くのに時間がかかるのが手間だという方は、ボンドを使うのがおすすめ。
爪楊枝を使ってボンドでうねうね描けば、簡単に立体感が出ます。

自爪だとやりにくい場合は、一度ハンドクリームを塗ったネイルチップにボンドで描いたものを剥がして自爪に貼るとやりやすいです。
同じやり方でユニコーンの角ネイルのやり方動画がありますので、参考にしてみてください。

お好みの立体感になったら、仕上げにトップコートを塗れば完成です。

 

うねうねネイルをセルフで行うときのやり方【3】ミラーネイルにするときのポイント

うねうねネイルは鏡のようなミラーネイルデザインが人気です。

ミラーネイルにするには、ミラーパウダーとパウダーを塗布するチップが必要です。
ジェルの場合は、うねうねを描いたあと、未硬化ジェルを拭き取らないままミラーパウダーを塗布します。
マニキュアの場合は、うねうねが乾いたあと、トップコートを塗ってから乾いてしまう前にミラーパウダーを塗布します。

チップでこすりつけるように磨くと綺麗なミラーが出来上がります。最後にトップジェル・トップコートを塗って仕上げましょう。

 

インスタで発見!うねうねネイルのおすすめデザイン

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【1】大人なニュアンスのアンティークデザイン

うねうねネイルとぽこぽこネイルを取り入れたアンティークなデザイン。
手描きのお花と逆フレンチのミラーネイルが大人っぽくておしゃれですね。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【2】強めのウェーブが目を惹くうねうねネイル

落ち着きのあるグレーベースのネイルのアクセントに、ウェーブが強めのうねうねネイルを。
シンプルかと思いきや目立つデザインになっていて、他の人とかぶりにくそうですね。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【3】色々なうねうねを楽しめるメタリックデザイン

全ての指をメタリックにした派手めのうねうねミラーネイル。うねうねの種類が豊富で飽きないデザインになっています。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【4】透明感のある白×ピンクで春っぽく

ちゅるんとした艶のある白×ピンクのデザインで春っぽく仕上げています。
透明感のあるうねうねやワイヤーネイルでとびきり女の子らしく可愛いデザインです。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【5】みずみずしいクリアデザインは夏にぴったり

オーロラのような輝きの水色とクリアカラーがみずみずしく、まるで海のきらめきをイメージさせるよう。
うねうねネイルの波模様は海にもぴったり。夏に挑戦してみたいデザインですね。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【6】ブラウン×ボルドーは秋冬っぽさ全開!

ボルドーとブラウンの女性らしい色合いのデザインは秋冬っぽさ全開!
うねうねはミラーっぽくなっていますが、透け感があるので落ち着いた印象に仕上がっています。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【7】ミステリアスな個性派ニュアンスネイル

大きめのパーツやきらびやかなゴールドを使ったミステリアスな雰囲気のデザイン。
派手めだけど統一感があり、大人っぽい色合いなので挑戦しやすそうです。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【8】パープルレッド×シルバーで大人っぽい指先に

ラメを乗せたパープルレッドが華やかで大人っぽいネイル。セクシーなカラーですが、シルバーのうねうねネイルをアクセント的に加えることで遊び心がプラスされます。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【9】様々なデザインを組み合わせて定番カラーを楽しく

指を長く上品に見せてくれる、ペールピンクのネイル。定番カラーですが、うねうねネイルを取り入れると新鮮な印象に。うねうねネイルをワイヤーで作っているのもポイントです。他の指はビジューでドット柄を作ったり、パールを一粒だけ乗せたりして変化を付けて、楽しい雰囲気に。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【10】星空のようなネイルでロマンチックに

星座や星をデザインしたロマンチックなネイル。ラメ感のあるうねうねネイルが加わると、まるで天の川や流れ星の軌跡のような印象に。小指だけ夜空を思わせる深いブルーでシンプルに仕上げています。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【11】ターコイズ×ミラーで爽やかな印象に

ミラーのきらめきが目を引くうねうねネイル。ベースのカラーはライトグレーや白などで色味を抑えつつ、ターコイズのパーツを乗せて爽やかで夏らしいデザインに仕上げています。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【12】ホワイトラメで大人かわいく

ホワイトラメのグラデーションが、シンプルながら華やかなネイル。うねうねネイルを波に、グラデーションネイルを砂浜に見立てて、貝のパーツをプラスすれば、ビーチリゾートやプールに最適な海ネイルに。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【13】ホログラムでガラスのようなきらめきに

ブルーやラベンダー、ベージュなど様々なカラーを組み合わせたデザイン。色がたくさん使われていても全体のイメージが統一されているので、ごちゃついた印象になっていませんね。

ブルーのネイルにはホログラムを乗せて、ガラス細工を思わせるようなきらめきに。ベージュラメのうねうねネイルともマッチしています。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【14】グレー×シルバーでクールに

グラデーションを付けたりネイルパーツを乗せたりしないシンプルネイル。うねうねネイルを加えることで、シンプルなだけじゃないおしゃれな印象に。グレーとシルバーという色味を抑えたカラーでクールで大人っぽい指先に仕上げています。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【15】うねうねネイルをたっぷりのラメで華やかに

うねうねだけでなく、うずまきなど他のデザインも組み合わせたポップなネイル。他の指はラメをたっぷり乗せてキラキラと華やかな印象に。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【16】うねうねを1本にして洗練されたデザインに

うねうねが何本もあるとかわいらしくてポップな印象ですが、1本だけにすると洗練された雰囲気に。ゴールドで作っているのも大人っぽい印象のポイント。ビジューやパールなどのネイルパーツを乗せなくても華やかです。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【17】うねうねを途中までにして上品に

うねうねを爪の中間くらいまでに留めると、かわいらしさがありつつも控えめで上品な印象に。ベージュの単色塗りなど落ち着いたカラーを選べば、派手なネイルは禁止のオフィスでも楽しめるうねうねネイルになりますよ。

 

うねうねネイルのおすすめデザイン【18】黒×メタリックシルバーでロックなネイルに

ラメ入りの黒やメタリックシルバー、星のスタッズでロックな雰囲気のネイル。うねうねも1本にしてポップさを抑えています。ライブや野外フェスなどにしていきたいクールなデザインです。


立体感が可愛いうねうねネイル。セルフでもボンドを使った裏ワザを使えば、不器用さんでも簡単にできます。季節を問わず一年中楽しめますので、ぜひ挑戦してみてください。