BEAUTY

美肌への道のりには水がマスト!?お肌と水の深い関係や飲み方

職場や友人など、お肌がきれいな人がいると羨ましいですよね。美肌さんたちの秘訣として「水を飲む」ことを挙げている人も多いですが、果たして美肌に水は必要な存在なのでしょうか。今回はそんな水とお肌の関係を解説し、美肌になるための水の飲み方や、水の成分にも触れてご紹介します。

 

お肌と水の深い関係とは

水を手ですくう女性

ただ水を飲むだけでお肌がきれいになるのであれば、ぜひ実践したいところ。その前にまずは、お肌と水の関わりを知ることで、美肌になるためにも水の必要性が理解できるはずです。

人間の身体は60~70%が水で、残りがタンパク質やアミノ酸などで構成されています。そのほとんどが血液で、お肌だけで見ても細胞内に約60%の水分が含まれています。
ここから見ても人間にとっての水は、重要な役割を担っているのがわかりますね。スキンケアに詳しい人ならご存知のように、お肌は自身で水分を保つことが難しく、細胞内の水分は蒸発していきます。

水分が足りなくなるとお肌はカサカサになっていくので、化粧品で水分を補えます。しかし、肌細胞の水分補給は角質層すべてではなく、下層にある若い肌細胞は体内の水分でまかなう必要があります。

そこで実践しておきたいのが、「水を飲む」ことです。1日に必要な水を摂取することでお肌の水分量を一定に保ちやすくなり、最終的に潤いのある美肌づくりを助けてくれるのです。

 

水を飲むことで美肌になる理由は?

 

水を飲むことで美肌になる理由は?①血行が促進しやすくなる

コップの水を持つ女性

水を飲むことで美肌になる理由の一つとして、血行の促進が促される点にあります。

上記でも触れたように、人間の構成成分である水として血液が多く占めています。血液は汗や排尿などの水分の排出で徐々に粘性が強くなり、「ドロドロ血液」といった血行が悪い状態に陥ります。

このドロドロ血液は水を飲むことで促進され、通常のサラサラ血液へと変化します。この結果、血行が促され、酸素や栄養が素早く行きわたることでお肌の健康も向上していきます。

 

水を飲むことで美肌になる理由は?②老廃物の排出促進

水入りグラスを片手に持つ女性

血液と同様にリンパも水で構成されている成分の一つ。水分補給によってリンパの循環が整い、肌荒れの原因にもなる老廃物が排出されやすくなります。このため、水を飲み続けることで、美肌になりやすい体環境が作られていきます。

 

水を飲むことで美肌になる理由は?③便秘の解消

便秘 女性

便秘の解消も水の摂取で改善につながり、また美肌へとつながっていきます。

というのも便秘は、老廃物が体内に蓄積されることになるので、如実にお肌に影響してしまいます。水を摂取することで便通が改善しやすくなるので、老廃物の排出が美肌づくりを助けてくれます。

 

水を飲むことで美肌になる理由は?④ターンオーバーを整える

水を飲もうとする女性

水を飲むことは、お肌の角質層を循環させるターンオーバーを整えて美肌へと導いてくれます。これは上記でも触れた血行促進からの影響で、肌荒れにもつながるターンオーバーの乱れを正常にして、健康で美しいお肌を維持する力がついてきます。

同時に角質層の下層の細胞の水分維持にも一役買ってくれるので、潤いのある美肌を目指しやすくなるのです。

 

美肌を目指すための水の飲み方

 

美肌を目指すための水の飲み方①ミネラルバランスの良い水を選ぶ

グラスに注がれる水

美肌を目指すためにも、水は効果的に摂取するのがとても重要。そのための一貫として、これから飲み続けるための水を厳選していく必要があります。

一般的に水は大きく分けて「軟水」と「硬水」があり、ミネラルの含有量で分けられます。軟水はミネラル成分が少ないですが、口当たりが柔らかく飲みやすいのが特徴。硬水はミネラル含有量が豊富ですが、癖があり飲み慣れるのにも時間がかかります。

どちらも良し悪しがありますが、美肌を目指すなら軟水を選ぶのがおすすめ。人体のミネラルバランスに近いといわれており、身体に吸収されやすいので効率よく美肌を目指せます。

 

美肌を目指すための水の飲み方②1日の摂取量を把握する

ひらめく女性

美肌になるのための水の飲み方として、1日の摂取量をしっかり把握しておくことも一つのポイントです。

人間は体内の水分を排泄物や汗で約2.5L分排出するといわれていますが、同じ分量を水分補給するのはかなり難しい話。
このため、最低でも約1.5Lの摂取を目安にしておくのが好ましいです。

 

美肌を目指すための水の飲み方③こまめな水の摂取

キッチンで水を飲む女性

1日の水の摂取量を把握したところで、水の飲み方もしっかり考えていきましょう。

なぜなら、美肌になるためには、ただ水をガブガブ飲めばいいわけではありません。体内にしっかり水を行き渡らせるためにも、少量を分けて摂取するのがおすすめ。
できれば200mlをいくつかに分けるような形で1日分を摂取し、のどが渇いたタイミングなどで取り入れるのがいいでしょう。

一度に大量の水を摂取すると、消化不良などを引き起こす「水中毒」になることもあるので十分注意しましょう。

 

美肌を目指すための水の飲み方④水の摂取で注意したい点

グラスに入った冷たい水

美肌になるための水分の摂取にはさまざまな条件がありますが、注意する点もしっかり押さえていきたいところ。

一つは水の温度で、のど越しがいいからといって冷たい水を飲むのはNGです。温度の低い水は身体を冷やしやすいので、血行促進などの効果が表れにくくなります。
飲む水は常温を心がけ、朝や睡眠前は温かい「白湯」で気持ちをリラックスさせるのもおすすめです。

水を定期的に摂取している間は、お茶や塩分の高いお味噌やジュースを控えてみるのも一つ。お茶に関しては利尿作用が高く、摂取した水が排出されやすくなり、お味噌汁やジュースの塩分、糖分はむくみを引き起こすので避けるのが好ましいです。


美肌になるためには水の摂取が深い関係となりますが、ただ飲めばお肌がきれいになるという簡単な話ではないようですね。とはいえ、美肌になる体環境作りには重要な役割を担っているので、できるだけ質の良い水を正しく摂取して、誰もが羨むお肌を目指していきたいところです。