LIFE STYLE

冬の寒さ対策ってどうすればいいの?家や職場などシーン別にご紹介

冬の寒さが苦手な方は多いのではないでしょうか。寒くて家から出られない、寒くて電気代がかかる……など、悩みは尽きないですよね。そこで今回は、シーン別におすすめの寒さ対策方法や寒さ対策グッズなどをピックアップしました。寒がりさんはぜひ参考にしてみてくださいね。

 

冬の寒さ対策どうしてる?

ニット帽の女性

寒さ厳しい冬を乗り越えるには、寒さ対策が必須。
皆さんはどんな寒さ対策をしていますか?

今回は、外や家、オフィス、学校などシチュエーション別におすすめの寒さ対策方法やグッズなどをご紹介します。では早速、見ていきましょう。

 

パターン別に寒さ対策をチェック!

 

<パターン別>寒さ対策【1】外

冬の街と女性

寒い冬は外に出るのが億劫……という人も多いですよね。
外での寒さ対策はどうすれば良いのでしょうか。

■3つの首を温める

首・手首・足首の3点を温めると身体が冷えにくいと言われています。出かける時はレッグウォーマーやマフラー、手袋などでしっかり防寒してくださいね。

■カイロを活用

冬はとにかく貼るカイロを活用するのがおすすめ。貼る場所は、腰や肩甲骨の間、お腹などがメジャーですが、近年人気なのが足の裏。足の裏専用のカイロを貼ると体感温度が簡単にアップしますよ。カイロは、ファッションを邪魔することなく使えるのが嬉しいですね。屋外で遊ぶ日はぜひ試してみてくださいね。

■ホットドリンクを持ち歩く

長時間外にいる日は、服装だけでなく体内から温めるのがおすすめ。ホットのペットボトル飲料を買うのも良いですが、すぐに冷えてしまうのでやはり魔法瓶が便利ですね。好みのホットドリンクを入れて持ち運ぶと良いでしょう。

 

外での寒さ対策におすすめのグッズ

寒さ対策にTHERMOS(サーモス)の魔法瓶を購入してみてはいかがでしょうか。
真空断熱ケータイマグ JNL-350TSS モノホワイトは、約170gと超軽量タイプなので、荷物を軽くしたい方にも安心。

他にも色々なデザインやカラー、サイズがあるので自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

THERMOS(サーモス) 真空断熱ケータイマグ JNL-350TSS モノホワイト

¥2,700

販売サイトをチェック
 

<パターン別>寒さ対策【2】職場

デスクワークする女性

暖房の効いている職場なら良いですが、勤務先によっては寒さ対策が必要な場合も。

カイロや湯たんぽ、ひざ掛け、ボア付きのスリッパなどで対策している人が多いようです。職場の飲み物は、保温タイプのマグカップを使うと冷えにくいので便利ですよ。

 

職場での寒さ対策におすすめのグッズ

職場の寒さ対策にデスクヒーターも人気。

Panasonic(パナソニック)のデスクヒーター DC-PKD3は、足元に立てて置けば足先の冷えも解消できるでしょう。他にもデスクヒーターは、USBケーブルタイプのものやスタンド付き、壁に貼り付けるタイプなど種類豊富に販売されています。

 

<パターン別>寒さ対策【3】学校

学校の教室

学校の教室が寒いと勉強にも集中できないですよね。

冬は制服の下にヒートテックインナーやタイツを取り入れて、しっかり寒さ対策してくださいね。校則などが厳しい学校でもインナーを工夫することで暖かく過ごせます。

また、意外と使えるのがマスクです。マスクをすると暖かいのはもちろん、風邪予防にも効果的。

 

学校での寒さ対策におすすめのグッズ

PEACH JOHN(ピーチ・ジョン)のIt'sホッティレーシィHARAボーイは、お腹周りやヒップをすっぽり覆ってくれるアイテム。

制服のスカートの下がスースーするのを防いでくれますよ。学校や職場での寒さ対策にぴったりですね。最近は腹巻なども可愛いデザインが多いので学生さんでも取り入れやすいのではないでしょうか。

PEACH JOHN(ピーチ・ジョン) It'sホッティレーシィHARAボーイ

¥1,958

販売サイトをチェック
 

<パターン別>寒さ対策【4】家

ソファーとコーヒー

リラックスして過ごすためには、家の防寒対策が必須。少しの工夫で寒さが防げますよ。電気代も減るので節約にもなりますね。

■加湿する

冬は夏に比べてぐっと湿度が下がります。一見快適に感じますが、湿度が低いと体感温度まで下がってしまうので注意が必要。人が肌寒さや蒸し暑さを感じずに快適に過ごせる湿度は40%〜60%だと言われています。湿度を上げることで、肌の乾燥が防げるのはもちろん、インフルエンザや風邪の対策にもなるので、湿度は40%を切らないように設定しましょう。

■カーテンは長い丈のものを使う

冬は窓から冷気が入ってきてしまいます。カーテンは床につく位長めの丈のものを使って外気の侵入を防ぎましょう。夏と冬で使うカーテンを変える人も多いですよ。

■窓にプチプチを貼る

梱包用のプチプチを窓に貼ることで、室内の暖気を逃さず、冷たい外気を侵入させないという効果が期待できるようになります。両面テープで直接窓に貼るとベタベタしてしまうので、マスキングテープなどで養生すると良いでしょう。窓の結露対策にもぴったり。

■床はマットを敷く

床の寒さ対策として人気のホットカーペット。ただしホットカーペットは電気代がかかるのがデメリットですよね。
そんな時は、ジョイントマットやコルクマットを敷くと良いでしょう。ジョイントマットの上にカーペットやラグを敷けば、さらに暖かく過ごせますよ。節約したい場合は、ジョイントマットの代わりにアルミシートやダンボールを敷くのもおすすめ。

■玄関のドアは断熱カーテンでカバー

玄関のドアからの冷気が気になる場合は、ドアの内側に断熱カーテンを取り付けましょう。断熱カーテンは、ホームセンターなどで購入できます。

 

家の寒さ対策におすすめのグッズ

Francfranc(フランフラン)のシレーヌ 2WAY 超音波式加湿器 ホワイトは、スタイリッシュなデザインなのでインテリアを邪魔することなく加湿してくれます。

5リットルの大容量タンクで長時間潤いを与えてくれるのも嬉しいですね。冬の寒さ対策に加湿器を持っていない……という方はこの機会にチェックしてみてくださいね。

Francfranc(フランフラン) シレーヌ 2WAY 超音波式加湿器 ホワイト

¥8,800

販売サイトをチェック
 

床の寒さ対策におすすめのグッズ

リビングなどの床はカーペットなどで工夫できますが、どうしても廊下は寒いですよね。
冬はもこもこのスリッパを履いて、寒さ対策すると良いでしょう。

gelato pique(ジェラートピケ)の'ジェラート'ルームシューズは、見た目も可愛くテンションが上がること間違いなし。プレゼントにも人気ですよ。

gelato pique(ジェラートピケ) 'ジェラート'ルームシューズ

¥3,520

販売サイトをチェック
 

<パターン別>寒さ対策【5】キャンプ

冬のキャンプは、寒さ対策が命。

生半可な装備で挑むと危険です。風を避けるためにテントの周りに陣幕を設置したり、薪ストーブを使うのは定番。

テントの中にラグを敷き詰めてお座敷スタイルを作り、おこもりキャンプを楽しむのも良いですね。中には、こたつをテント内に持ち込む方も。

特に夜はぐっと冷え込むのでしっかり寒さ対策してくださいね。シュラフを二重にしたり、コットという折り畳み式の簡易ベッドを使うのもおすすめ。

 

キャンプでの寒さ対策におすすめのグッズ

Pendleton(ペンドルトン)のブランケットは冬キャンプの定番アイテム。

膝にかけたり、敷物として使って寒さ対策するのはもちろん、柄が可愛いので装飾品として使う人も多いですよ。カラーバリエーションが豊富なので、きっと好みのデザインが見つかるはず。

お手頃価格のタオルをブランケットとして使うのもおすすめ。

Pendleton(ペンドルトン) HERITAGE COLLECTION ROBE

¥49,500

販売サイトをチェック

おすすめの冬の寒さ対策をシーン別にご紹介しました。寒すぎてなかなか動けない、勉強や仕事がはかどらない……とお悩みの方はしっかり寒さ対策をしてくださいね。ちょっとした工夫で冬を暖かく快適に過ごしましょう。