BEAUTY

ニットネイルで大人可愛い指先に!セルフのやり方とおすすめデザイン

まるでニットのようなデザインのニットネイルは、インスタでも大人気。ぷっくりと膨らんだ模様が、大人可愛い雰囲気を演出します。今回は流行りのニットネイルデザインやセルフでのやり方などをご紹介します。

 

ニットネイルとは?

ニットネイルとは、ネーミングの通りニットのようなデザインを施したネイルのこと。

編み目模様を再現した立体的なデザインが特徴で、マットな質感のネイルを使うことでよりリアルにニット感を再現。悪目立ちしないので、全ての指でも嫌味な仕上がりになりません。もちろんアクセントとして1本だけニットネイルにするのもおしゃれです。

暖かみを感じる秋冬のネイルとして定番。しかし洋服でも春夏用のニットがあるように、涼しげなニットネイルのデザインなど新しいデザインがどんどん増えています。

 

ニットネイルのやり方【1】マニキュア編

最近は100均でもニットネイル用のシールが手に入るので、セルフで楽しむ場合は便利です。

ニットネイルシールの説明には、ベースコートを塗る前にシールを貼るように書かれているものもありますが、ベースコートを塗ってから貼った方がニットの質感が出やすいです。

1.シールを使いたい分だけカットしておきますが、柄が途切れないようにするのがポイントです。

2.ベースコートを塗って、完全に乾いたら根元からシールを貼ります。はみ出た部分はハサミでカットしますが、模様のキリが良いところでカットするときれいに仕上がります。

3.マニキュアを塗ります。ニットシールの質感を活かすには、あまり厚塗りしない方が〇。発色の良いタイプを使用して、シールの隙間を埋めるように丁寧に塗りましょう。

4.マニキュアは2度塗りするとニットの模様がぼやけてしまうので、1度塗りに。完全に乾いてからマットコートで仕上げます。塗った直後は少々ぼんやりしますが、乾くとニットの模様が浮き出てくるので安心してください。

 

ニットネイルのやり方【2】ジェルネイル編

ジェルネイルの場合は根気がいる作業ですが、出来上がった時の達成感あり!ニット柄を描く時にジェルが流れてしまう場合は、凸凹感を出すのに3Dアート用のアクリルパウダーや片栗粉などを使ってみてください。

1.ベースカラーを2度塗りしてから硬化します。

2.細い筆を使ってニットの柄を手書きします。1つの模様を描くたびに硬化して、3、4回繰り返します。

3.ジェルが流れてしまう場合は、3Dアート用の粉を混ぜます。無い場合は、片栗粉やベビーパウダーで代用できます。

4.ひたすら同じ工程を繰り返してニット柄を作ります。

5.出来上がったらトップコートを塗って硬化。通常のトップコートでも良いですが、ニットネイルの場合はマットタイプの方がリアルな仕上がりになるでしょう。

 

流行りのニットネイル【1】大人配色のネイルはニットネイルをアクセントに

グレー、ネイビー、白をベースとした大人っぽいカラーリング。マットなグレーはリアルな質感で、ニットネイルにぴったりのカラーです。

他カラーもマットタイプでテイストを合わせて。チェックデザインを入れることで、まるでニット×チェックスカートの秋コーデのような指先が完成します。

 

流行りのニットネイル【2】ピンクをベースにしてモテネイルに

レディースファッションにおいて、白ニットは女子力最強のモテアイテム。ネイルにも白ニットをプラスすれば、キュートな雰囲気をかもし出すことができます。

他の指もペールピンクや雪の結晶の模様で優しげに仕上げて、男性ウケするモテネイルに仕上げましょう。

 

流行りのニットネイル【3】春夏はパイルニットネイルで季節感を出して

ニットの中でも涼しげなパイルニットは、春夏アイテム。ネイルで取り入れる時はボリュームが出過ぎないように、パステルカラーなどで軽やかに仕上げるのが鉄則。

デザインもリゾートを感じさせる柄や、シルバーのパーツをうまく使って季節感を。大人のデニムカジュアルのワンポイントとして効果的です。

 

流行りのニットネイル【4】ボアニットネイルで見た目にも暖かい指先に

ニットの毛羽立ち感をリアルに表現したボアニットネイル。マットなニットネイルとはまた違う魅力があり、何よりも見た目が暖かいので寒い季節にぴったり。

ピンクなどのきれいなカラーにすると子供見えする心配があるので、くすみカラーを使用するのが大人っぽく仕上げるポイントです。

 

流行りのニットネイル【5】ツイードデザインもプラスして上品な雰囲気に

定番の白ニットネイルに加えて、ツイードデザインを加えれば品の良さもアップ。ベージュをベースにすることで、オフィスシーンにも対応できます。

ツイードといえば、秋冬のおしゃれに欠かせない素材。洋服とリンクさせても良いですが、あえてシンプルなコーデにして存在感を出すのも効果的です。

 

流行りのニットネイル【6】アーガイルデザインとのコンビでナチュラルな指先に

アランニットをイメージしたニットネイルと、アーガイル柄でさりげなくリンクさせるのも上級者テクニック。両方ともナチュラルな雰囲気なので、好印象になること間違いなし。

カラーはクリアな白にすることで、爽やかさもアップ。もちろん季節感もたっぷりなので、冬を満喫できるネイルデザインです。


大人っぽさと旬を両立できるニットネイルは、季節感もあり、周りと差がつくネイルになること間違いなし!難しいイメージがありますが、セルフでもできるのでぜひニットネイルにトライしてみてください。