BEAUTY

赤ら顔はファンデーションでカバー!色選びの方法とおすすめ6選

赤ら顔に悩む女性は少なくありません。顔の赤みが気になる人は、メイクでカバーして美肌を演出しましょう。ここでは、顔の赤みを隠すファンデーションの選び方や塗り方と赤ら顔さんにおすすめのファンデーションをご紹介します。

 

赤ら顔とは?原因や対策をチェック!

赤ら顔に悩む女性

赤ら顔は顔の一部が赤い状態のこと。赤みの現れ方は人によって違い、頬などの広い範囲が赤くなることも、鼻などの一部のみに赤みが浮き出ることもあります。

■赤ら顔の原因
赤ら顔の原因はさまざま。ほてりやのぼせ、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどで血管が拡張したり、紫外線やアレルギー、ニキビなどの影響で肌が炎症したりして赤みが出ます。

人前に立ったり、緊張したりした時に顔が赤くなる「赤面症」とは違い、赤ら顔は赤みが引きにくく、心が安定している時でも症状が現れるのが特徴です。

■赤ら顔の対策
赤ら顔は紫外線対策を徹底したり、生活習慣や食生活を見直すことで治ることがあります。しかし、アレルギーなどの場合は自分でできる対策で解消させるのが難しいので、症状が長引く時は、一度皮膚科を受診しておくのがおすすめです。

 

赤ら顔はメイクで隠す!赤みを隠すファンデーションの選び方

 

赤ら顔向けのファンデーションの選び方【1】色選び

ファンデーションの色選び

赤ら顔に悩んでいる人は、メイクで顔の赤みをカバーしましょう。

■赤ら顔さんにおすすめのファンデーションの色
赤ら顔さんには、ベージュ系やイエロー系のファンデーションがおすすめです。ファンデーションで肌に黄みを足すと、色のバランスが取れて赤ら顔が目立たなくなるでしょう。

色選びに迷ったら、フェイスラインに少量のファンデーションを付けて、首から浮かない色を選ぶと、ナチュラルに赤ら顔をカバーできます。

■赤ら顔さんにNGのファンデーションの色
赤ら顔さんはピンク系のファンデーンを避けましょう。顔の血色感をアップさせるピンク系のファンデーションは、赤みを強調してしまいます。

 

赤ら顔向けのファンデーションの選び方【2】肌に優しい成分

顔が赤くなっている時は、肌が炎症を起こしていることが多いです。特に、敏感肌の人や日焼け後の人は、強い成分が配合されたファンデーションを使うと、赤ら顔が悪化することが多いため、肌に優しい成分のファンデーションを選びましょう。

保湿成分が配合されたファンデーションやミネラルファンデーションは肌に優しいので、肌がデリケートな赤ら顔さんでも使いやすいです。

 

赤ら顔を隠すファンデーションの塗り方

ファンデーションを塗っている女性

赤ら顔をカバーしようとファンデーションを厚塗りすると、老けたり、肌が刺激を感じて顔の赤みが酷くなったりすることがあります。赤ら顔を上手に隠したい人は、次のポイントを押さえてファンデーションを塗りましょう。

■メイク前はスキンケア
メイクの前は必ず、スキンケアで水分と油分のバランスを整えておきましょう。丁寧にスキンケアをすると、メイクのりやメイクもちが良くなって、赤ら顔の原因となる炎症も起こりにくいです。

■コントロールカラーやコンシーラーで色を調節
赤ら顔をファンデーションだけでカバーしようとすると、厚塗りになってしまいます。赤みが強い部分にはコントロールカラーやコンシーラーを塗っておくと、ファンデーションを薄めに広げたナチュラルメイクでも色ムラが目立ちません。

コントロールカラーやコンシーラーは、赤の補色のグリーンがおすすめですが、肌から浮く場合は、イエローでも良いでしょう。

■パウダーファンデーションの塗り方
パウダーファンデーションは、顔の内側から外側に向かって伸ばすように塗りましょう。スポンジで肌を擦ると、肌が薄くなったり、刺激が与えられたりして赤ら顔が悪化しやすいので、優しく広げてください。

■リキッドファンデーションやクリームファンデーションの塗り方
赤みが気になる部分に少量のファンデーションを置き、顔全体に伸ばしましょう。最後に軽くフェイスパウダーを付ければ、化粧崩れが予防できて長時間赤みが目立ちません。

 

赤ら顔におすすめのプチプラファンデーションをチェック!

 

<プチプラ>赤ら顔におすすめのファンデーション【1】KATE(ケイト) シークレット スキンメイカーゼロ(リキッド)

厚塗り感がないのに、しっかりと顔の赤みを隠せるファンデーション。肌にのせると、一瞬で赤みや毛穴を隠し、スッと広がって肌に密着します。肌と一体化するようにフィットするため、長時間ヨレにくいです。

 

<プチプラ>赤ら顔におすすめのファンデーション【2】media(メディア) クリームファンデーション

顔の赤みをカバーし、ツヤのある肌に導くプチプラのファンデーション。乾燥しがちな肌にたっぷりと潤いを与える高保湿処方です。SPF25、PA++なので、日常の紫外線対策にも役立つでしょう。

 

<プチプラ>赤ら顔におすすめのファンデーション【3】INTEGRATE(インテグレート) プロフィニッシュ ファンデーション

プロが仕上げたようなキメの細かい肌を演出するプチプラのパウダーファンデーション。赤ら顔やニキビ跡、毛穴などを隠し、透明感のある美肌を作ります。ノーファンデのような軽やかなつけ心地も魅力です。

INTEGRATE(インテグレート) プロフィニッシュ ファンデーション

¥1,404

販売サイトをチェック
 

赤ら顔におすすめのデパコスファンデーションをチェック!

 

<デパコス>赤ら顔におすすめのファンデーション【1】MiMC(エムアイエムシー) ミネラルクリーミーファンデーション

オーガニック成分が配合された肌に優しいミネラルファンデーション。「美容液でメイクする」という発想で作られていて、日中も乾燥などのトラブルから肌を守りながらエイジングケアできます。
肌がデリケートな赤ら顔さんにおすすめです。

MiMC(エムアイエムシー) ミネラルクリーミーファンデーション

¥7,020

販売サイトをチェック
 

<デパコス>赤ら顔におすすめのファンデーション【2】ESTEE LAUDER(エスティー ローダー) ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

カバー力が高いと大人気のリキッドファンデーション。至近距離でも顔の赤みが目立ちません。キープ力が高く、メイクが崩れにくいため、汗をかきやすい人にも良いでしょう。カラー展開が豊富で、赤ら顔でも合う色を選びやすいです。

ESTEE LAUDER(エスティー ローダー) ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

¥6,480

販売サイトをチェック
 

<デパコス>赤ら顔におすすめのファンデーション【3】COVER MARK(カバーマーク) モイスチュア ヴェールLX

広げた瞬間から馴染んで顔の赤みを隠すファンデーション。赤い部分を瞬時にカバーして、元々色ムラがなかったような肌を演出します。保湿成分が配合されているため、パウダータイプでも乾燥しにくいです。

COVER MARK(カバーマーク) モイスチュア ヴェールLX

¥4,320

販売サイトをチェック

赤ら顔はメイクで隠すのがおすすめ。自分に合ったファンデーションを正しい方法で塗ると、赤みが気にならない美肌を作れます。赤みをカバーできて色ムラがなくなれば、ポイントメイクも映えるでしょう。