BEAUTY

女性に嬉しい栄養素がたっぷり!話題の豆乳ダイエットとは

豆乳がダイエットにとても良い食品だということはご存知ですか?豆乳は女性にとって、とても嬉しい栄養素がたくさん含まれています。今回はこの豆乳に秘められたダイエットパワーについてご紹介していきます。

 

気になる豆乳のダイエット効果は?どんな栄養が含まれているの?

豆乳は、大豆でできています。大豆を水に浸し、柔らかくしてすり潰し、煮詰めて濾過したものが豆乳です。
大豆の栄養成分がダイレクトに摂取できる豆乳の栄養素は、どのようにダイエットの効果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

豆乳に含まれる代表的な栄養素

■たんぱく質
豆乳の原料である大豆には植物性たんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は、筋肉、皮膚、髪などの体を作る成分なので、人間にとって大事な栄養素です。

ダイエットで運動する際にたんぱく質を摂取することで、代謝を上げ、筋肉を作ってくれるのです。また、植物性たんぱく質なので、動物性たんぱく質よりも低カロリーで、ダイエットにおすすめです。

■イソフラボン
大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンによく似た構造で作られています。

エストロゲンは、女性らしい体つきにする働きをするホルモンです。しかし、加齢やストレス、生活習慣などさまざまなものが原因で分泌されにくくなります。
本来のエストロゲンの働きを妨げず、足りないところを補ってくれるイソフラボンは、とても優秀な栄養素なのです。

■サポニン
サポニンは、食べ物を消化する際の消化管の働きを助ける力や、糖質や脂肪の吸収を抑える効果、コレステロール値を下げて血流促進をする効果があると言われています。

食べ物の消化やコレステロール値も、ダイエットにとても深く関わりますので、サポニンはダイエットする際に、積極的に摂取した方が良い栄養素だと言われています。

そのほかにも豆乳の原料である大豆には、便通をよくするオリゴ糖、脂肪の燃焼を助け、糖質をエネルギーに変える効果のあるビタミンBなどの、ダイエットに嬉しい栄養素がふんだんに含まれているのです。

 

豆腐じゃなくて豆乳?豆乳の良いところ!

大豆の代表的な食べ物の豆腐と比べて、豆乳は変わらない栄養素を含んでいます。
しかし、ものにもよりますが、カロリーは豆乳の方が低いのです。ダイエットのことを考えても、カロリーは、低く抑えたいものです。

豆乳は手軽に摂取できて、低カロリーの飲み物です。さらに、今は味もとても美味しく、さまざまな味が出ています。
乳製品が苦手な方や、豆乳自体が苦手という方にも、美味しく飲める豆乳がたくさんあります。

豆乳には無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料という3種類がありますが、後者になるにつれ、飲みやすくなり、糖質やカロリーが高いものが多いのです。
できれば、無調整の豆乳でたくさんの栄養素を摂取したいものです。無調節豆乳でも、飲みやすいものもあるので、好みの味の豆乳を見つけてみましょう。

料理で豆腐や納豆などの大豆製品を摂取するとなると、毎日はなかなか難しくても、豆乳なら無理なく続けられるので、おすすめです。

 

おすすめの豆乳を飲むタイミング!

では、豆乳の栄養素を最大限に引き出す飲み方やタイミングはどんな時なのでしょうか。ダイエットに有効に豆乳を使えるように、おすすめのタイミングをご紹介していきます。

■起床どき
朝の胃が空っぽな状態のときは、栄養素が吸収されやすいので、豆乳のような体に良い飲み物は朝のタイミングがおすすめです。冷たいと胃がびっくりしてしまったり、体が冷えてしまうので、温めるのがおすすめです。

■食事30分前
豆乳にはサポニンの効果で、脳の満腹中枢を刺激して空腹感を減らしてくれる効果もあるそうです。食事前に摂取することで、食べ過ぎ防止になるのでおすすめです。

■生理前
生理前の女性の体は、エストロゲンの分泌が減少し、プロゲステロンという、水分や脂肪を溜め込もうとするホルモンが多く分泌される時期です。そのため、豆乳からエストロゲンを摂取して補うのが良いでしょう。

 

万能な豆乳でダイエットを効率よく!

豆乳は、とても体に良いものですが、過剰に摂取しすぎると、逆にホルモンバランスが崩れてしまう可能性もあるので、1日コップ一杯200mlくらいを目安に摂取します。豆乳で効率よく栄養を摂取することを心がけましょう。


豆乳の魅力はわかっていただけたでしょうか。豆乳には、ダイエットをサポートするさまざまな栄養が豊富に含まれています。
また、女性らしい体にしてくれる効果があるので、豆乳を摂取することでダイエットをより効果的にしてくれます。ぜひ、継続して豆乳を摂取してみてください。