BEAUTY

リップタトゥーの魅力とは?使い方や注意点、おすすめアイテムも!

リップタトゥーは韓国で生まれたコスメ。唇に色を定着させ、長時間発色をキープします。ここでは、リップタトゥーの魅力や使い方、注意点などをご紹介します。

 

リップタトゥーってどんなアイテム?

「リップメイクがすぐに落ちる」と悩んでいる女子は多いです。一日中、可愛い唇をキープしたいなら、リップタトゥーを使ってみてはいかがでしょう。

リップタトゥーは、美容大国・韓国で生まれたコスメ。唇に色素を定着させて、まるでタトゥーをしたかのように長時間発色をキープします。リップタトゥーの種類は大きく分けて2種類です。

■リップタトゥー
一般的なリップタトゥーはジェル状の液を唇に塗り、数分間待ってから剥がします。剥がした後は唇がナチュラルに色づき、血色感を演出できます。

■リップタトゥーティント
リップタトゥーティントは、外出先や忙しい日の朝などに塗って剥がすリップタトゥーが使えない時に役立つアイテム。口紅やグロスと同じ塗り方で剥がさずに使えるので、メイクに時間がかかりません。

 

リップタトゥーの魅力をチェック!

 

リップタトゥーの魅力【1】化粧直しの回数を減らせる

リップタトゥーの最大の魅力は、化粧持ちの良さ。朝に使うと、夜まで発色をキープできるものが多いので、仕事で予定が詰まっている時やデート中など、頻繁に化粧直しができない時でも安心です。

落ちないファンデーションとリップタトゥーを組み合わせれば、「化粧は落ちていないかな?」などと不安を感じることなく、一日を過ごせるでしょう。

また、唇を染め上げるリップタトゥーは水にも強いので、プールや海に行く時でも便利です。

 

リップタトゥーの魅力【2】ヨレにくい

口紅やグロスでリップメイクをすると、食事をした時にムラができたり、縦ジワにリップが入り込んだりして化粧が汚くなりがち。しかし、リップティントは食べたり、飲んだりしてもほとんどヨレの心配がありません。

彼氏とのディナーや友達と食べ歩き旅行でもずっと可愛くいられるでしょう。

 

リップタトゥーの魅力【3】ベタつかない

口紅やグロス特有のべたつきが苦手な女子は多いはず。リップタトゥーはサラッとしていて、まるで何も塗っていないような使い心地。ベタつきが苦手な人でも快適に使えるのが魅力です。

マットな仕上がりの商品が多いので、ツヤが欲しい人はグロスなどを重ねるのが良いでしょう。

 

リップタトゥーの魅力【4】ナチュラルに仕上がる

多くのリップタトゥーは口紅やグロスに比べてナチュラルです。厚塗り感がなく、内側から血色がにじみ出ているように色付くので、「狙いすぎている」「ケバい」と思われる心配がありません。

他のメイクの邪魔をしないので、アイメイクやチークを目立たせたい時も役立ってくれるでしょう。リップタトゥーだけでは発色が物足りない場合は、リップタトゥーの上から唇やグロスを重ね塗りしてもOKです。

 

リップタトゥーの使い方

リップタトゥーの正しい使い方をチェックしてみましょう。

■1.唇の汚れをオフする
唇に水分や油分が残っていると、リップタトゥーの色素が均一に定着せず、ムラができます。リップタトゥーを使う時は、まずティッシュなどで唇の水分や油分をオフしておきましょう。

■2.少量ずつ塗る
リップタトゥーを綺麗に発色させるためには少量ずつ塗るのがポイント。一気に塗ると、リップラインからはみ出たり、ムラができたりするため、少しずつ唇に置いて伸ばしていきましょう。

万が一、はみ出してしまったら、色素が定着するまでに綿棒などでオフしてください。

■3.放置する
リップタトゥーを唇にのせたら、5~10分間待ちます。放置中はリップタトゥーを触らないのがコツです。

■4.剥がす
リップタトゥーの液が固まったら、端から丁寧に剥がします。唇に刺激が与えられると、痛みを感じることがあるので優しく剥がすのがポイントです。剥がした後は、唇に色素が沈着して自然な血色感が出ているでしょう。

 

リップタトゥーの注意点

リップタトゥーを使う際は、次の点に注意してください。

■しっかりと落とす
リップタトゥーは唇を染め上げるコスメです。整形ではないので一生色が残ることはありませんが、しっかりとメイクを落とさなければ、唇が荒れたり、色素沈着したりします。リップタトゥーを使った日は、丁寧にメイクを落として唇へのダメージを予防しましょう。

一般的なクレンジングで落とせない時は、ポイントメイクリムーバーやティントリムーバーを使ってください。

■服につかないようにする
リップタトゥーはテクスチャーが柔らかいので、メイク中に飛び散ってしまいがち。しかし、リップタトゥーは他のコスメと比べて浸透性が高く、服につくと綺麗に落ちないことが多いです。メイクの時は服につかないように慎重に使用しましょう。

■しっかりと保湿する
唇に色素を定着させるリップタトゥーは唇への負担が大きいです。皮むけや縦ジワなどのトラブルを予防するためにも、日頃からリップケアを行いましょう。乾燥が心配な時は、潤い成分がたっぷりと含まれたグロスを重ねてみてください。

 

おすすめのリップタトゥーコスメをご紹介!

 

おすすめのリップタトゥーコスメ【1】berrisom(ベリサム) マイ リップ ティント パック

リップタトゥー人気に火をつけた韓国コスメ。クランベリーやエルダーベリーなどの美容成分が配合されています。美容液でリップパックするようなイメージで使えるため、唇への負担が心配な人にも良いでしょう。

◆berrisom(ベリサム) マイ リップ ティント パック
参考価格:720円~1,780円(税込)

 

おすすめのリップタトゥーコスメ【2】Dior(ディオール) ディオール アディクト リップ ティント

キスしても色落ちしない「キスプルーフ」のリップタトゥーティント。塗った数秒後にカラーが唇と一体化し、長時間血色感が続きます。自然由来成分が80%も配合されていて乾燥しにくいのも魅力です。ナチュラルな351や451などの色が人気です。

Dior(ディオール) ディオール アディクト リップ ティント

¥4,070

販売サイトをチェック
 

おすすめのリップタトゥーコスメ【3】アイタトゥーシール リップタトゥーシール

リップタトゥーシールは唇に使うタトゥーシールのようなコスメ。唇の形にカットし、水で濡らすだけで簡単に使えます。アイタトゥーシールのリップタトゥーシールはデザイン性が高く、パーティーシーンなどにおすすめです。

◆アイタトゥーシール リップタトゥーシール
定価:500円(税込)

 

リップタトゥーの作り方

リップタトゥーは手作りできます。

■用意するもの
・食用着色料
・透明のピールオフマスク
・リップタトゥーを入れる容器
・ボウル

■リップタトゥーの作り方
1.ボウルにピールオフマスクを入れ、食用着色料を加える
2.しっかりと混ぜる
3.容器に移す

手作りのリップタトゥーは市販されているリップタトゥーと比べて色の定着力が弱く、色持ちしにくいですが、唇へのダメージが少なく、コスパも良いです。色素を混ぜると、自分だけのオリジナルカラーを作れるので、気になった人は試してみましょう。


リップタトゥーは唇に色を定着させるコスメ。口紅やグロスの色落ちに悩んでいる人におすすめです。リップタトゥーを使って可愛い唇を長時間キープしましょう。