BEAUTY

馬油の効果とおすすめ11選。馬油を使ったスキンケア方法もご紹介

馬油(バーユ)の効果をご存知ですか?古くからさまざまな用途で用いられてきた馬油。実は色々な美容効果があるんです。今回は馬油の効果的な使い方やおすすめの商品をご紹介します。

 

馬油の効果とは?

肌が綺麗な女性

馬油とはその名の通り「馬の油」です。動物性の天然油で、馬の腹やたてがみの脂肪からできています。
使われてきた歴史は長く、古くから傷あとや火傷を治したり、皮膚症状の改善のために用いられてきました。

歴史がある油なので、その効果も多岐に渡ります。まずは馬油の持つ効果・効能についてご紹介します。


【1】保湿効果が高い
馬油とは、私たち人間と同じ哺乳類である馬から抽出したオイルのこと。そのため私たちの肌との親和性が高く、保湿力を高めてくれる効果があります。
浸透力もあるので、伸ばすとスーッと肌に馴染んでくれます。敏感肌や乾燥肌の方も使いやすいオイルです。

【2】殺菌作用がある
馬油には殺菌作用や抗酸化作用があるため、肌の老化を防いでくれる効果があります。

【3】血行促進
馬油は浸透力が高いため、肌を保温してくれる効能もあります。
馬油を使ってマッサージをすれば、血行が促進して血液が循環するため、全身に塗ってマッサージするのがおすすめです。

【4】ヘアケア
頭皮の血行を促してくれる効果があります。

頭皮に塗って頭をマッサージすると、髪にツヤが出て頭皮が潤います。血行が促進されるため、枝毛や抜け毛の多い方に最適なケア方法です。

【5】妊娠線の予防、妊娠中のスキンケアに
匂いの気になる妊娠時期にも使えるのが、無臭の馬油。馬油100%のものなら妊娠中でも安心して使えます。

【6】炎症を取り除く
馬油には炎症を取り除く効果があります。そのため古くから火傷に効く油として使われてきました。
火傷だけではなく、肌が炎症してしまっている部分にも効果があります。メントール入りの馬油は夏の火照った体に効果的です。

 

馬油の選び方

オイルと植物

馬油は純度100%のものがおすすめ。純度100%のものには安定剤や防腐剤が含まれておらず、子供からお年寄りまでどの年代の方でも安心して使うことができます。

その分、酸化するのが早くなるので、なるべく期限内に使い切るようにしましょう。

馬油には液体タイプと固形タイプがあります。ヘアケアには液体タイプ、ボディや顔には固形タイプといったように使い分けると、より使いやすくなります。

 

馬油の効果的な使い方

顔を洗う女性

馬油の効果的な使い方をご紹介します。

【1】スキンケア
スキンケアとして馬油を使用する場合は、化粧水やクリームに少量混ぜて使いましょう。保湿効果を高めてくれます。

【2】クレンジング
馬油を多めに取り、顔全体に馴染ませます。肌をこすらないように、じんわりとメイクを落とすのがポイントです。メイク汚れが浮いてきたら水で流し、洗顔します。保湿効果があるので、洗い上がりがしっとりとします。

【3】ブースター
洗顔やクレンジング後、化粧水の前にブースターとして使うことで化粧水の浸透力を高めてくれます。

【4】ヘアケア
馬油を取り髪全体に伸ばします。頭皮の乾燥が気になる場合は頭皮にも塗り込みましょう。

【5】化粧下地
少量を薄く肌に伸ばします。すぐにメイクを始めるとべたついてしまうので、5~6分ほど置いて肌になじんだらメイクをしましょう。

【6】唇ケア・爪ケア・まつげケア
馬油は保湿力が高いので、リップクリームやネイルオイルのように、唇ケアや爪ケアに使うことができます。また、まつ毛の生え際に塗りこむことで、乾燥しがちな目元のお肌のバリア機能が高まり、まつ毛が健康な状態になります。まつ毛が抜けにくくなり、長さが出るようになりますよ。

【7】妊娠線の予防・乳首のケア
おなかが膨らみ始める妊娠5ヶ月頃からおなかに塗るようにすると、妊娠線ができるのを予防できます。お風呂上りだけでなく、着替えのときやトイレのタイミングなどでこまめに塗るようにするのがポイントです。また、授乳が始まると乳首にトラブルが起こることがありますが、そのトラブルのケアにも使えます。天然の成分なので、赤ちゃんの口に入っても安心です。

【8】革製品のメンテナンス
お肌への浸透力が高い馬油は革にもすっとなじむので、革製品のメンテナンスにも使えます。柔らかい布などでさっと汚れを落としたら、ごく少量をなじませてしばらく置いてから乾拭きしましょう。お肌には合わなかった馬油も活用することができます。

 

効果が期待できるおすすめ馬油をチェック!

 

効果が期待できるおすすめ馬油【1】馬油と梅雲丹の薬師堂 ソンバーユ無香料 

多くの人に愛される馬油と梅雲丹の馬油「ソンバーユ」。全身に使うことができ、赤ちゃんにも使用できるほどお肌に優しい成分で作られています。

無香料のものからバニラの香り、クチナシの香り、ヒノキの香り等のラインナップがあるので、お好みに合わせて匂いを選ぶことができます。

 

効果が期待できるおすすめ馬油【2】北海道純馬油本舗 北海道純馬油

ひとつひとつ手作りで精製された北海道純馬油は、良質な純度100%の馬油です。
北海道土産としても人気の高い馬油で、肌馴染みがよくお肌にすぐ浸透してくれます。

北海道純馬油本舗 北海道純馬油

¥1,080

販売サイトをチェック
 

効果が期待できるおすすめ馬油【3】井藤漢方製薬 純馬油

井藤漢方製薬の純馬油は、乾燥する肌をしっかりと保湿してくれる馬油。洗顔や入浴後に使うとより効果が実感できます。

 

効果が期待できるおすすめ馬油【4】ショウキリュウ 若馬の油

肌荒れや傷跡に効く馬油。保湿効果もあり、乾燥肌の方にもおすすめです。
お土産やさんに置いてあることの多い馬油です。

ーーーーーーーーーー
◆ショウキリュウ 若馬の油
定価:1,500円(税抜)
ーーーーーーーーーー

 

効果が期待できるおすすめ馬油【5】クリーンハート 馬の油石鹸

馬油を精製した天然オイルを100%使用した石鹸タイプの商品。しっとりした洗い上がりになります。

クリーンハート 馬の油石鹸

¥1,296

販売サイトをチェック
 

効果が期待できるおすすめ馬油【6】日本創健 ナチュラル馬油

皮膚に早く馴染むため、水仕事や入浴前に体に塗り込むことで肌への負担を軽減してくれます。敏感肌や乾燥肌の方向けの馬油です。

日本創健 ナチュラル馬油

¥2,700

販売サイトをチェック
 

効果が期待できるおすすめ馬油【7】馬油と梅雲丹の薬師堂 ソンバーユ 液状特製

オイルタイプの馬油です。液体状になっているので、ヘアケアや化粧下地の前につけるのにぴったりです。
さらっとしているので、冬よりも乾燥が少ない夏に使うのもおすすめです。

馬油と梅雲丹の薬師堂 ソンバーユ 液状特製

¥2,160

販売サイトをチェック
 

効果が期待できるおすすめ馬油【8】Hikari(ヒカリ) 馬油100

熊本県産の馬油の純度100%、と高品質な馬油。季節によって馬のエサが違うため匂いを感じる場合がありますが、それも純度100%ならでは。無香料・無着色でお肌の負担になるような成分は入っていません。

固すぎず、クリームのようなテクスチャーで伸びがよいのも特徴。さらっとしてベタつかないので使い心地も快適です。

ーーーーーーーーーー
◆Hikari(ヒカリ) 馬油100
定価:2,000円(税抜)
ーーーーーーーーーー

 

効果が期待できるおすすめ馬油【9】KIMIWA(きみわ) 肌馬油

馬油にミツロウとビタミンEを配合したクリーム。ミツロウはミツバチの巣の材料になる成分で、栄養価が高く、保湿効果も抜群。また、ビタミンEは抗酸化作用のあるビタミンで、アンチエイジングに効果があります。

保湿力が高いので、ガサガサになってしまったかかとやひじ、ひざもしっとりと潤います。無香料・無着色なのも安心。馬湯独特の匂いはほとんどなく、べたつかないのも魅力です。

KIMIWA(きみわ) 肌馬油

¥1,296

販売サイトをチェック
 

効果が期待できるおすすめ馬油【10】Kライズ JB馬油 100%

無香料・無着色なだけでなく、酸化防止剤や防腐剤も不使用の、天然成分100%の馬油。お肌に乗せるとスッとなじんで、さらっとした使い心地です。

ーーーーーーーーーー
◆Kライズ JB馬油 100%
定価:2,000円(税抜)
ーーーーーーーーーー

 

効果が期待できるおすすめ馬油【11】北海道純馬油本舗 馬爽油(マーシュアンヨー)

馬油にミツロウと天然精油を加えた、天然成分100%のアロマを楽しめるクリーム。香りはオレンジ・グレープフルーツの他、北海道らしいハッカやラベンダーが揃っています。また、Web限定でローズの香りもあります。

馬油は暖かい場所だと溶けやすいのが特徴ですが、ミツロウを配合することで一定の固さをキープでき、カバンに入れての持ち運びも可能。携帯に便利な10gサイズもあり、お試しで使いたい場合にも便利です。

北海道純馬油本舗 馬爽油(マーシュアンヨー)

¥540

販売サイトをチェック
 

馬油の保管方法

冷蔵庫

馬油の融点は30℃。そのため、冷暗所や風通しのよい涼しい場所で保管しないと、純度が高い馬油ほどトロトロに溶けてしまいます。溶けた馬油は冷やせばまた固まるので使用を続けられますが、溶けたままの状態にしておくと使いにくいだけでなく、酸化して品質が劣化しやすくなってしまいます。

夏は室温が30℃近くなるので、冷蔵庫での保管がおすすめです。冷蔵庫だと固まり過ぎてしまう場合は野菜室で保管すると適度な固さになります。また、冬は暖房の近くやエアコンの温風が当たる場所には置かないように注意しましょう。


馬油は保湿力が高く、スキンケアや妊娠線の予防にも役立ちます。殺菌作用や炎症を抑える効果もあるので、肌トラブルがあったときに使うこともできる優秀なアイテムです。馬油の効果を知り、さまざまな場面でぜひ活用してみてください。