BEAUTY

肌の潤い不足の原因は?肌の潤いを保つ方法をご紹介!

「肌の潤いが不足している気がする……。」肌の潤いが足りず、気がつくといつもカサカサ。そんな肌の乾燥、肌の潤い不足で悩んでいる方はいませんか?そこで今回は、肌の潤い不足で悩んでいる方に向けて、肌の潤いを保つおすすめの方法についてご紹介します。

 

肌の潤い不足で悩んでいる……。

悩む女性

本記事では、

・肌の潤い不足の原因とは?
・肌の潤いを保つ方法とは?
・肌の潤いにおすすめのケアアイテムとは?

の3つをメインにご紹介します。

肌の潤いを保つためのケアのポイントは、正しい方法を守ることです。肌はデリケートなので、間違った方法でケアをしてしまうと、かえって肌が乾燥してカサカサになってしまうこともあります。そのため、肌の潤い不足の原因を知って、正しくアプローチすることが大切なのです。

今回は、肌の潤い不足の原因、正しいケア方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

肌の潤い不足の原因って?

肌トラブルのある女性

肌はどうして潤いが不足してしまうのでしょうか。まずは、肌の潤いが不足してしまう原因についてご紹介します。

肌の潤いが不足してしまう原因には、

・肌の乾燥
・生活習慣の乱れ
・間違った洗顔方法
・保湿をしない

の4つが考えられます。それぞれ解説をしていきます。

■肌の潤い不足の原因①肌の乾燥

肌の潤い不足の原因1つ目は、肌の乾燥です。肌の乾燥は、肌の潤い不足の大きな原因です。

肌が乾燥してしまう原因には、

・湿度が低い
・エアコンにあたり過ぎている
・紫外線を浴びすぎている

などがあると言われています。
例えば、長時間外で紫外線を浴びてしまった日や、冷房の効いた職場で一日中デスクワークをしていると、どうしても肌の潤いが不足してしまいます。

また、年齢とともに肌の潤いは不足してしまうと言われています。肌の潤いを保つ皮脂量が、年齢が重なるにつれて、減少してしまうためです。

■肌の潤い不足の原因②生活習慣の乱れ

肌の潤い不足の原因2つ目は、生活習慣の乱れです。生活習慣の乱れも、肌の潤いが不足してしまう原因になります。

生活習慣の乱れには、

・栄養バランスが偏っている食生活
・ストレスを抱えがち
・睡眠不足

などが挙げられます。

特に、食事、ストレス、睡眠は、肌と密接な関係があります。肌は栄養がなければ潤いを保つことは困難です。

生活習慣と肌は密接な関係にあるので、生活習慣に問題がある方は、しっかり対策をする必要があります。

仕事の日は外食が多い、人間関係のトラブルを抱えている、仕事が多忙で十分な睡眠時間を確保できないなど、生活習慣に問題がある方は特に注意しましょう。せめて休日はゆっくり身体を休めたり、心がリラックスするような趣味などに没頭するなど、自分を労ってあげましょう。

■肌の潤い不足の原因③間違った洗顔方法

肌の潤い不足の原因の3つ目は、間違った洗顔方法です。

間違った洗顔方法には、

・泡立てネットを使用せずに、手の摩擦で洗顔をしている
・熱湯で洗顔をしている
・洗顔後にタオルでごしごしと拭いている

などが挙げられます。

正しく洗顔をしていると思っても、間違って洗顔をしている方は意外と多いものです。今回改めて、自分自身の洗顔方法と正しい洗顔方法を比較してみましょう。上記の間違った洗顔方法をしてしまっている方は、今日からしないように気をつけてみてくださいね。

■肌の潤い不足の原因④保湿をしない

肌の潤い不足の原因の4つ目は、保湿をしないことです。肌は保湿をしなければ、潤いを保つことは困難です。

肌を保湿するには、スキンケアを毎日丁寧に行うことが必要です。中には、「スキンケアは面倒」と、お肌に何もつけない方がいますが、これは肌の潤い不足の原因を作ってしまいます。

また、化粧水だけですませてしまうのも問題です。しっかり乳液やクリームなどで、与えた潤いに蓋をすることも大切です。

お肌は手入れすれば手入れした分だけ、キレイになります。お化粧する時間よりも、むしろスキンケアに時間をかけた方が、土台となるお肌が美しくなりますよ。

 

肌の潤いを保つ方法とは?

笑顔の女性

肌の潤いを保つ方法は、

・良質な睡眠をとる
・栄養バランスよく食事を摂る
・正しい方法で洗顔をする
・スキンケアをしっかりする

の4つです。それぞれ解説をしていきます。

■肌の潤い不足のケア①良質な睡眠をとる

1つ目は、良質な睡眠をとることです。まずは、良質な睡眠をとるように心がけましょう。

良質な睡眠をとるには、

・就寝前の2〜3時間前は、スマホなどの電子機器を見ない
・自分に合った安眠グッズを購入する
・肌のゴールデンタイムである22時〜2時は熟睡する

などがあります。

特に肌のゴールデンタイムは、熟睡できるように意識をしましょう。この肌のゴールデンタイムは、肌の新陳代謝であるターンオーバーが活発になる時間帯です。なるべく意識して、熟睡できるように心がけることをおすすめします。

■肌の潤い不足のケア②栄養バランスよく食事を摂る

2つ目は、栄養バランスよく食事を摂ることです。そもそも食事は、栄養バランスを良く摂ることが重要ですよね。肌の潤いにも、食事の内容は非常に大切です。

特に肌に重要な栄養分は、

・たんぱく質
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンB群
・亜鉛

などがあります。

特にビタミンCは、美肌成分とも言われているのでおすすめな栄養分です。自分が毎日どのようなものを食べていて、何が不足しているのか、一度書き出してみるのも良いでしょう。

■肌の潤い不足のケア③正しい方法で洗顔をする

3つ目は、正しい方法で洗顔をすることです。

肌の潤い不足をケアする洗顔方法は、

・適量の洗顔料を取り出して、泡立てネットを使って泡立てる
・指の腹で泡を包み込むように顔を洗う
・目元や口元は乾燥しやすいので、泡をのせるだけ
・洗い残しがないようにしっかりとすすぐ

の4つです。基本をおさえて、しっかりケアをしましょう。

■肌の潤い不足のケア④スキンケアをしっかりする

4つ目は、スキンケアをしっかりすることです。スキンケアの目的は、肌を保湿することです。

洗顔後におすすめなケアが、

・化粧水
・乳液
・保湿クリーム

の3つを塗ることです。

また、どうしても肌の潤い不足が気になる方は、ビタミンC誘導体配合の美容液を使用することをおすすめします。

スキンケアをしっかり行ってから眠ることで、翌朝のお肌のコンディションはきっと良いものになっているはずです。

 

肌の潤い不足が原因で肌トラブルが起きる?

肌トラブルを気にする女性

肌の潤い不足は、肌トラブルを引き起こしやすいと言われています。肌の潤い不足とは、つまり肌の乾燥のことです。

肌の乾燥による肌トラブルは、

・肌荒れ
・ニキビ
・シワ
・たるみ

などがあります。

特に、ニキビやシワなどの肌悩みの原因になってしまいます。肌の潤い不足が気になっている方は、早期の保湿ケアが大切です。
「保湿は乾燥しやすい冬だけ」なんて思わず、一年中徹底することで、潤いたっぷりのお肌をキープできますよ。

 

肌の潤い不足におすすめのケアアイテムとは?

スキンケア

最後に、肌の潤い不足におすすめのケアアイテムをご紹介します。基本的なスキンケアアイテムの他に、おすすめのケアアイテムは、

・美容液
・顔パック

などがあります。

特に、ビタミンC誘導体やセラミド配合のものを選ぶのが良いでしょう。

毎日は難しくても、時間のある夜や週末などは、お肌へのご褒美として美容液やパックでスペシャルケアをするのはいかがでしょう?
最近ではドラッグストアにプチプラで大容量のパックなども多く販売されているので、上手に選んでみてください。


今回は、肌の潤い不足をケアする方法についてご紹介しました。肌の潤い不足の原因は、①肌の乾燥②生活習慣の乱れ③間違った洗顔方法④保湿をしないの4つでした。肌の潤い不足をケアする上で最も大切なポイントは、しっかり保湿をすることです。どうしても肌の乾燥で悩んでいる方は、美容液など保湿効果の高いスキンケアアイテムを使って、お肌を保湿してあげましょう。