BEAUTY

崩れないメイクのコツとは?原因から防止できるスキンケアメソッドも

女性にとってメイクはきれいな顔を演出するだけでなく、身だしなみの一種でもあるのでエチケットそのもの。そんなメイクがヨレたり崩れたりすると、メイク直しが面倒になったり、人から見てもあまり良い印象を与えません。そこでこの記事では、メイクのヨレなどの原因をまとめ、崩れないメイク方法をご紹介します。

 

メイク崩れの原因はどこにある?

小麦色の肌の女性

メイクはお肌をきれいな状態にしたり、その人の印象自体を変えるので、女性にとってなくてはならないもの。とはいえ、きれいにメイクしても崩れたりヨレてしまうと、せっかくのきれいなお肌が汚く見えてしまうこともあります。

そんなメイク崩れはどんなものが原因となるのか、崩れないメイクを実践するためにも知っておきましょう。

■過剰な皮脂分泌
メイク崩れと大きく関係しているのが、過剰な皮脂分泌によるもの。毛穴から分泌される皮脂は油分が多く、含まれているメイクの原料と混ざりやすく、テカリから始まって徐々に崩れていきます。特に脂性肌タイプの方や夏場は、皮脂でメイクが崩れやすいので、皮脂分泌を抑えることは大きな課題になります。

■乾燥
皮脂分泌の多い肌質は、単純に考えてもメイクが崩れやすいですが、実は乾燥気味のお肌もメイクが崩れやすいです。基本的に皮脂はお肌の潤いを補い、外気の刺激から皮膚を守るためのバリア機能があります。乾燥肌はこの皮脂が異常に少ないので、毛穴が反応して皮脂分泌をたくさんしてしまいます。その結果、お肌全体が脂っぽくなり、メイクが崩れやすいお肌環境ができあがってしまいます。

■汗
汗もメイクを崩れやすくする要素の一つで、ベースメイクやアイメイクなどに使われる粒子素材が流れやすくなります。このため、汗っかきの方や汗が出やすい運動などを行う際は、水に強いタイプのメイクアイテムを用いるのが好ましいです。

 

メイク崩れを防ぐためのスキンケア法とは?

 

メイク崩れを防ぐためのスキンケア法①過剰な洗顔はNG

洗顔をしている女性

メイク崩れはメイクの方法である程度の対策になりますが、お肌の健康から見直すことが重要なポイントになってきます。

お肌の健康を左右するスキンケアの最初の段階である洗顔は、基本に沿って正しく行うことで、メイク崩れの原因である毛穴の皮脂分泌を正常に機能させます。正しい洗顔方法は以下の通り。

①ぬるま湯で顔を濡らす
②石鹸や洗顔フォームをたっぷり泡立てる
③顔に泡を乗せて、優しく全体を洗う
④ぬるま湯で泡を落とし、タオルドライをする


お肌に石鹸などの泡を長時間乗せると、必要な皮脂や角質まで洗う可能性があるので、30~40秒の間で洗顔をします。洗い流しがないように、目元や口元、鼻なども丁寧に洗顔していきましょう。

 

メイク崩れを防ぐためのスキンケア法②保湿は程よく

スキンケアをしている女性

洗顔の後に行うのは、お肌への保湿ケア。使用する基礎化粧品は、お肌と相性の良いものを選びますが、合わないものは皮脂分泌が乱れるきっかけになるので、メイクの崩れにも影響します。

スキンケアの第一段階である化粧水は、適量を使ってお肌にしっかりなじませていくこと。たっぷり使うことで保湿力が高まるわけではないので、程よい量を用いるのが大切。お肌の水分が逃げないようにするために、乳液やクリームなどの油分でフタをしていきます。

 

メイク崩れを防ぐためのスキンケア法③毛穴ケアをする

半身浴で本を読む女性

崩れないメイクにするためにも、毛穴のケアを意識してみるのも一つの方法です。皮脂を取り除くことで毛穴の引き締め効果にもなり、メイク崩れの防止からお肌自体の健康にもつながります。

まずは毛穴の余分な汚れや皮脂を取り除きますが、ホットタオルを顔に乗せ、毛穴を広げてから洗顔をするのがポイント。半身浴などの後でも毛穴が開いている状態なので、皮脂や汚れを落としやすくします。

後はスキンケアの段階で、収れん化粧水を使うと毛穴が引き締まるので、メイク崩れの防止にもなります。

 

崩れないメイク方法①ベースメイク

ベースメイクをしている女性

崩れないメイクにするには、毎日のスキンケアも重要ですが、最も大切なメイクでも気を使っていきたいですね。メイクの要であるベースメイクは崩れると目立ちやすいので、コツなどをしっかり覚えておきましょう。

メイク前のスキンケアで油分などがお肌に残っていることもあるので、少し時間を空けるかティッシュオフしてからメイクに移ります。ベースメイクのファンデーションは、お肌との密着力が弱いとメイクが崩れやすくなるので、下地クリームを先になじませていきます。

使用するファンデーションの量はあまりたくさん用いず、鼻などの顔の中心から外側に向けてなじませると、立体感のあるメイクができます。新しいスポンジを用いて、余分なファンデーションを取り除きながらお肌全体になじませていきます。

 

崩れないメイク方法②アイメイク

アイメイクをしている女性

アイメイクはいつも通りの方法で行いますが、崩れないようにするためにもフェイスパウダーを目元に軽く乗せていきます。

特にアイラインなどが崩れやすいので、ウォータープルーフタイプのものを選ぶのがおすすめです。

 

崩れないメイク方法③チーク

チークメイクをしている女性

チークはベースメイクの上に重ねるようにメイクします。ベースメイク同様に密着力の有無で崩れにくくなるので、ジェルやクリームタイプのチークを選ぶのが一つ。

プチプラな上に発色の良いチークも多いので、使用する際は色みなどのバランスを見ながらメイクをしていきましょう。

 

崩れないメイク方法④リップ

リップメイクをしている女性

リップはさまざまな条件で色落ちしやすいので、こまめな塗り直しが必要な場合も。あまり濃い色のリップは色の差が出やすいので、程よい血色の出るカラーを選ぶのがおすすめ。

ティント系のリップは色持ちも良くて落ちにくく、プチプラなものも多いので積極的に用いるのがいいでしょう。


崩れないメイクにするためには、皮脂分泌が大きなカギとなります。そのためにも毎日のスキンケアやメイクを意識して、崩れないメイクを目指すのが良いでしょう。最近は皮脂分泌を抑えるコスメやメイクアイテムも増えているので、それらを賢く活用するのも忘れてはいけません。