BEAUTY

ブースターオイルの効果は?種類や選び方、おすすめ商品など

ブースターオイルは「ブースターとしての役割はあるのかな?」と思う人も多いのではないでしょうか。オイルは油分なので、水分を弾くイメージがありますよね。しかしブースターオイルはその逆なのです。ブースターオイルを使うとお肌にどのようなことが起きるのでしょうか?効果やおすすめのブースターオイルもご紹介します。

 

ブースターオイルはいつ使うアイテムなの?

オイルを手に持っている女性

■そもそもブースターオイルとは?
導入液とも呼ばれるブースターオイル。その名の通り、洗顔後すぐに使うアイテムで、お肌の角質層をやわらかい状態にし、そのあとに使ういつものスキンケアの底上げ効果が期待されます。

■天然由来の植物油のみOK!ブースターオイルの種類
オイルなら何でもブースターとして使えるのでしょうか?答えはNOです。天然の植物由来のオイルのみがブースターオイルとして利用できます。代表的なブースターオイルを3種類ご紹介します。

①アルガンオイル
ブースターオイルの代表格の1つともいえる希少価値の高いアルガンオイル。オレイン酸と天然ビタミンEの効果によって、強い抗酸化力が働き、お肌を老化させる活性酸素を抑制します。水に溶けやすい性質があり、肌なじみのよいブースターオイルです。

②スクワランオイル
オリーブオイルやベニバナ油から抽出したオイルから不純物を取り除き、蒸留されたものです。選ぶポイントは純度の高さをチェックすることにあります。純度が高ければ高いほどお肌にやさしいと言われています。

③ホホバオイル
ブースターオイルとして人気があるだけでなく、ニキビ肌の人からも注目を浴びているオイルです。ニキビ対策で使うときには、量を多めに使わず、適量を守ることと、毎日の洗顔をきちんと行なうことが重要です。ホホバオイルは人間の肌にある皮脂の構成と似ているので、お肌への浸透率が高いです。

 

おすすめのブースターオイル【1】Melvita(メルヴィータ) ビオオイル アルガンオイル

こちらはオーガニック成分100%のブースターオイル。美肌成分オレイン酸やリノール酸などの成分が豊富に含まれているアルガンオイルをつけることで、キメの細かいハリ肌へと導きます。

Melvita(メルヴィータ) ビオオイル アルガンオイル

¥3,780

販売サイトをチェック
 

おすすめのブースターオイル【2】無印良品 オリーブスクワランオイル

オリーブオイルから抽出し、還元されたオイルです。全身に使え、オイルなのにサラッとした使用感のプチプラブースターオイルです。

無印良品 オリーブスクワランオイル

¥990

販売サイトをチェック
 

おすすめのブースターオイル【3】SCORAGEN(スコラゲン) スコラゲン30

敏感肌や乾燥肌の人でも使える、マイルドな使用感で純度99.9%のスクワランオイル。さらりとしたテクスチャーでお肌にスルスルとなじみます。

SCORAGEN(スコラゲン) スコラゲン30

¥1,944

販売サイトをチェック
 

おすすめのブースターオイル【4】無印良品 ホホバオイル

ホホバ種子から抽出したオイル。ブースターオイルとしての使用の他、頭皮ケアや保湿、マッサージでも使えます。ベタつきがなくサラサラしています。

無印良品 ホホバオイル

¥890

販売サイトをチェック
 

ブースターオイルの効果とは?

オイルが落ちるところ

■土台づくりのサポート役
どんなに高級な化粧水を使っても、なぜか肌コンディションが良くならなかった、という経験のある方もいるのでは?土台となる素肌が乾燥気味で浸透力が下がっているとしたら、それも納得いくのではないでしょうか?
畑やプランターにあるカラカラに乾いた土を思い出してみてください。ひび割れした土に水をあげたとしても、全体に浸透していかないのがわかります。

しかし、よく耕してほぐした土はやわらかく、フカフカ。当然水をあげればグングン吸い込んでいきます。お肌は畑やプランターの土と同じなのです。ブースターオイルを使って軽くお肌をマッサージすることで血流もよくなり、肌代謝がアップ。ブースターオイルの働きのおかげで、やわらかなお肌を実現することができます。

■油分と水分とのバランスがよくなってくる
何にでもいえますが、バランスは大切です。肌コンディションを整えていくには、油分と水分のバランス調整は必須です。紫外線や過度なスキンケアなどの外部からの影響と、ストレスや食生活などによる体の内部からの影響の両方からダメージを受けやすいお肌。油分と水分のバランスが崩れて、肌荒れや乾燥などを引き起こしてしまいます。

ブースターオイルはそんなときの救世主。お肌に塗り込むことで角質層に働きかけ、油分と水分とのバランス調整を行なってくれます。

■美容成分たっぷり!バリア機能の正常化&肌コンディションが良好に!
ブースターオイルは、洗顔後のスキンケアの浸透力アップに繋がるだけでなく、ハリや弾力アップ、くすみ解消、潤いチャージなどの効果も期待できます。さらには低下したバリア機能の回復が見られ、肌コンディションが良好になるでしょう。

 

ブースターオイルの使い方

素肌の美しい女性

<ブースターオイルの使い方>
・洗顔後、化粧水をつける前につけます。
・1~2滴を手に取って手でなじませてからハンドプレス。
・お肌になじませて浸透させるように、ゆっくりとマッサージします。
・首筋からデコルテまでマッサージするのもおすすめです。


今までお肌に化粧水をつけても浸透していないように思えていたなら、ブースターオイルを試してみましょう。オイルなのにそのあとの化粧水などのスキンケアアイテムの浸透率をグンとアップさせます。お肌以外にもマルチに使えるブースターオイル、ぜひお気に入りのオイルを見つけてくださいね。