LIFE STYLE

ラベンダー効果でナチュラルビューティーに!おすすめの使い方5選

数あるハーブの中でも馴染み深いラベンダー。香りが良いだけでなく、リラックス効果や美肌効果など女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。そこで今回はラベンダーの様々な効能と共に、おすすめの使い方と注意点をご紹介します。

 

ラベンダーとは?

ラベンダーの花

「ハーブの女王」とも言われているラベンダーは、地中海沿岸が原産のシソ科植物。ヨーロッパでは昔から、香水の原料や薬用品として使われていました。

比較的育てやすく、芳香剤やアロマオイルなどの種類には必ずラベンダーが含まれているので、香りを嗅いだことがある人も多いのではないでしょうか。ラベンダーの独特な香りには清涼感があり、爽やかな気分になります。

 

ラベンダーの効果【1】リラックス効果

ラベンダーオイル

ラベンダーは、アロマオイルとして使われることが多いです。

ラベンダーオイルに含まれている酢酸リナリルとリナロールには鎮静作用があり、リラックスするのに効果的。ストレスや不安を和らげて、心を落ち着かせてくれるでしょう。

また、副交感神経を優位にしたり、不眠を解消するホルモンであるセロトニンやメラトニンの分泌を盛んにさせます。悩みなどがあり不眠が続くという方は、ラベンダーオイルを活用してみましょう。

 

ラベンダーの効果【2】美肌効果

ラベンダーを見つめる女性

殺菌や抗菌作用があるラベンダーは、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルにも効果が期待できます。

肌の新陳代謝を促して、シワやくすみ、シミなどを解消する皮膚再生効果もあると言われています。さらに、リラックス効果があるので、ストレスによる肌トラブルにもアプローチします。

植物由来成分なため、肌への刺激が少ないのも嬉しいですね。

 

ラベンダーの効果【3】痛みを軽減する効果

ラベンダーオイル

ラベンダーには、鎮痛作用や痙攣を抑えたり、筋肉を緩める作用があります。肩こりや筋肉痛など、痛みやコリがある部位にラベンダーオイルを直接塗布してマッサージすることで、筋肉の痙攣や痛みを緩和することができるでしょう。

女性を悩ませる生理痛や頭痛にも効果的。ラベンダー精油でマッサージをしたり、お風呂に数滴垂らして入浴するのもおすすめです。

 

効果的なラベンダーの使い方【1】バスタイムに

ラベンダーのバスグッズ

入浴の際にラベンダー成分のアイテムを使えば、蒸気による吸入効果が見込め、肌から成分を浸透させることができます。美容だけでなく、リラックス効果もある便利な使い方ですよ。

ただし、直接お風呂にラベンダーオイルを入れると、水と混ざらずに浮いてきてしまうのでちょっとした工夫が必要。

ラベンダーオイルでアロマバスを楽しむ時は、あらかじめ乳化剤にラベンダーオイルを1~5滴垂らしておいたものをバスタブに投入しましょう。乳化剤がない場合は、少量のミルクでも代用可能。
38度位のぬるめのお風呂にゆっくり浸かると、リラックス効果抜群です。

部分的なケアに使う場合は、洗面器などにお風呂と同じ方法でラベンダー精油を馴染ませて患部をケアしましょう。

 

効果的なラベンダーの使い方【2】マッサージに

ラベンダーのボディケアセット

鎮痛作用があるラベンダーは、マッサージにも効果的。頭痛や筋肉痛、ねんざなどの痛みを軽減してくれるでしょう。

肌に負担をかけないように、ラベンダーオイルをホホバオイルなどとブレンドするのがおすすめ。ホホバオイル30mlに対して、ラベンダーオイル6滴を加えてよく混ぜて使ってください。

 

効果的なラベンダーの使い方【3】部屋で香りを楽しむ

寝室に置いてあるラベンダー

ラベンダーの使い方として一番手軽な方法。市販のアロマオイルをディフューザーなどで楽しんだり、お香で楽しむ方も多いですが、もっと簡単に格安で楽しむこともできます。

例えば、アロマラベンダースプレーを自作するのもいいですね。スプレー容器に無水エタノールを10ml入れて、ラベンダー精油を10~20滴垂らし、精製水90mlを加えてよく振れば出来上がりです。

さらに簡単なのは、熱湯に注ぐだけの簡易アロマ。熱湯を入れたマグカップに数滴垂らして枕元に置いて寝たり、ラベンダー精油をティッシュに数滴垂らして、枕元に置いておくだけでも安眠効果があるでしょう。

 

効果的なラベンダーの使い方【4】吸入

ラベンダーの香りを嗅ぐ女性

アロマオイルから出る蒸気を吸い込む「吸入」もラベンダーの効果的な使用方法です。ラベンダーには殺菌や消毒作用があり、鼻やのどの通りを良くしてくれます。

咳や鼻炎、鼻詰まり、のどの腫れなど風邪の症状がある時は、ハンカチやタオルにラベンダーエッセンスを1滴垂らして持ち歩き、臭いを嗅ぐだけでも効果が期待できます。

自宅では、ボウルなどに熱湯を入れて、ラベンダーエッセンスを3~5滴垂らして蒸気を吸い込むと症状が軽減されるでしょう。

ただし、蒸気が目に刺激を与えることがあるので、目を閉じて行ってください。

 

効果的なラベンダーの使い方【5】ハーブティー

ラベンダーのハーブティー

ハーブティーにして飲むのも、ラベンダーの様々な効能を得るために効果的な方法です。他のハーブや紅茶とブレンドしても美味しく飲めます。

■ラベンダーティーの作り方

1.ティーポットに300ccのお湯を入れて、ティースプーン2杯分のラベンダーを入れます。
2.3分ほど蒸らします。蒸らす時間はお好みでOKですが、ほのかに色が出るまでは蒸らしてください。

 

ラベンダーの使用上の注意点

ラベンダーを持つ妊婦

ラベンダーは、決められた使い方や使用量を守れば、特に問題は起こらないはず。ただし、通経作用があり子宮を刺激する可能性も否めないことから、妊婦さんの使用には注意が必要と言われています。

妊娠中にも様々な効果を楽しみたい方がいるでしょうが、安定期に入るまでは控えておいた方が安全。

また、元々敏感肌の方は、市販のラベンダーオイルなどに反応してしまうことも……。アレルギー体質であれば、使用前にパッチテストを行いましょう。


リラックス効果で有名なラベンダーですが、他にも美容など女性に嬉しい様々な効能があります。ラベンダーオイルやディフューザーなど、手軽に取り入れることができるので、ぜひ気になる症状を軽減するためにも用いてみてはいかがでしょうか。