BEAUTY

地黒さん必見。色黒の肌を色白風に見せるメイク方法

「透明感のある色白っていいなぁ」と地黒であることに悩む女性は多いようです。色白になりたくても、仕方がないと諦めている方もいるようですが、実は色白風に見せるメイク方法があることをご存知でしたか?メイクで地黒さんでも色白に見せることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

地黒になる原因や特徴

髪をかき上げた女性

地黒とは、日焼けや日焼けサロンなどの影響ではなく、遺伝などにより生まれつき肌が黒いことを指します。
生まれつきメラニン色素の量が多く、両親のどちらか、もしくは両方が地黒である場合はそのまま引き継いでしまうようです。

地黒である場合、色白になることは難しいと言われています。そのため「色白の人っていいなぁ」と思ってしまう女性は少なくありません。

また、地黒であると太陽光を吸収しやすいそうで、紫外線の強い時期はさらに黒くなってしまうことも特徴のひとつです。肌を焼きたい女性にとっては嬉しいことかもしれませんが、色白に憧れる女性にとっては悲しい現実ですよね。

地黒であることは健康的に見えたり、ボディが引き締まって見えたりするメリットもあります。でも色白への憧れが強い方もきっと多いと思います。

地黒の方でも、ケア方法やメイク方法を変えるだけで、自然な色白に見せることができるので、色白になりたい女性はぜひ参考にしてみてください。

 

地黒でも色白に見せることができるメイク方法▶美白化粧品で肌を整える

スキンケアをする女性

地黒さんが色白に見せたいときのメイク方法として大切なのは、スキンケアからしっかり見直すことです。「地黒だから……」と紫外線対策やスキンケアを怠っていれば、色白からどんどん遠ざかってしまいます。

そこで地黒さんにおすすめなのは、メラニンの生成を抑える効果が期待できる美白化粧品。
元の肌よりも白くすることは難しいですが、これまで蓄積された黒さが解消されることで肌を明るく見せることができるので、美白効果の高い「ビタミンC誘導体」が配合されているものを選ぶことがおすすめです。

また、乾燥対策として保湿も欠かせないので、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿力が高い成分が含まれているアイテムを選ぶのもポイントです。

 

地黒でも色白に見せることができるメイク方法▶コントロールカラーで透明感を引き出す

手のひらにコスメを乗せる

ここから本格的な色白に見せるためのメイクに入ります。洗顔をし、スキンケアで肌を整えたら、まずは化粧下地です。

化粧下地では、色のついたコントロールカラーで透明感を引き出しましょう。コントロールカラーには、肌色を補正する役割があります。色白に見せるなら、ブルーやパープルがおすすめです。

ただし、ブルーのコントロールカラーは塗りすぎると白くなりすぎて不自然になってしまうので注意が必要。おでこ、両頬、鼻、顎に点で乗せたら、顔の中心から外側へ広げるように薄く伸ばしてなじませてみてください。

 

地黒でも色白に見せることができるメイク方法▶マット系のファンデーションを使う

テーブルの上のコスメ

地黒さんが色白に見せたいときは、ファンデーションの選び方がとても重要です。
ここで明るく見せようと自分の肌色と全く違うファンデーションを選んでしまうと、白浮きするので注意しましょう。

ファンデーションの色選びのポイントは、顔と首の中間色を選ぶことです。可能であれば、実際に手の甲に出して確認することがおすすめですよ。

また、ツヤ肌を重視するより、ややマットな質感のファンデーションを選ぶこともポイントです。ツヤを重視するとテカッて見えてしまうので、ややマットなファンデーションで陶器肌を目指すと、肌をキレイに見せることができます。

コントロールカラーと同じように薄く伸ばしたら、フェイスラインから首にかけても馴染ませるようにして、顔だけが浮かないようにしましょう。

 

地黒でも色白に見せることができるメイク方法▶ハイライトで明るく見せる

ハイライトを使う女性

ベースメイクの仕上げとしてハイライトをプラスすることで、くすみを飛ばしてワントーン明るい肌に見せることができます。ハイライトを入れる場所は3箇所です。

■ハイライトを入れる場所
・額の中央から鼻筋のTゾーン
・目の下、頬の一番高いところであるCゾーン
・顎の先

ハイライトは入れすぎるとかえって目立ってしまうので、軽く乗せることを意識してくださいね。細かいパールが入っているハイライトを選ぶと、くすみを飛ばす効果が増しますよ♪

 

地黒でも色白に見せることができるメイク方法▶ポイントメイクはシンプルに決める

鏡を見ながらメイクをする女性

ベースメイクを仕上げることができたら、ポイントメイクへ移ります。目元、チーク、リップの3箇所ですが、すべてシンプルに仕上げていきましょう。

■アイメイク
アイメイクは印象を強くしようと濃い色を選んでしまいがちなのですが、色白風に見せるためには全体の透明感や白さが大切なので、ベージュ系のアイシャドウでグラデーションを作ってみてください。
目のキワからアイホールに向けて薄くなるように塗ることで、ベージュでも華やかな印象にすることができます。

■チークメイク
チークは、青みピンクやパープル系を楕円形に薄く乗せることがポイントです。オレンジ系は肌なじみがいいのですが、地黒さんが使うと余計に黒く見えてしまう可能性があるので、透明感や程よい血色感を意識して、青みピンクやパープル系を選ぶといいですよ♪

■リップメイク
リップも透明感を意識して青みがかったピンクをチョイス。濃い赤などを塗ることで肌色を白く見せることができますが、変に浮いてしまうこともあるのでナチュラルに仕上げるなら青みがかったピンクの口紅を直塗りでラフに塗るといいですよ!


地黒さんが色白風に見せるメイク方法をご紹介させていただきました。肌の色を無理に隠そうとすると厚塗り感が出てしまったり、顔だけが白浮きしてしまうことがあります。それぞれのステップを丁寧に行い、日ごろからのケアも忘れずに自然な色白メイクをマスターしていきましょう。