BEAUTY

アイテープでくっきり二重に!使い方やバレないコツとおすすめ3選

アイテープはくっきり二重に憧れている人におすすめのアイテム。コツを押さえておけば、バレない二重を作れます。ここでは、アイテープの種類と選び方や二重を作る方法、おすすめのアイテープなどをご紹介します。

 

アイテープとは?

くっきり二重を作りたい女子にとって、二重まぶた化粧品は欠かせないアイテム。最近は液体状のアイプチだけでなく、アイテープも人気です。

アイテープは名前の通り、シールのような二重まぶた化粧品。まぶたに貼り付けて二重ラインを作ります。貼るだけで使えてアイプチのように乾かしたり、液の量を調節したりする必要がないので、メイク初心者さんや忙しい人でも使いやすいのが魅力。

素材は薄いポリエステルやメッシュ、不織布などさまざまで、肌が弱い人からは医療衛生材料としても使われている素材でできたアイテープも人気です。

 

アイテープの種類と選び方【1】片面タイプ

アイテープは「片面タイプ」「両面タイプ」「ファイバータイプ」の3種類に分けられます。片面タイプは片面だけが接着面になったアイテープで、まぶたの上に貼り付け、まぶたをテープに重ねることで二重ラインを作ります。

片面タイプのメリットは違和感が少なく、自然に瞬きができること。一方、瞬きの度にアイテープが見えることもあるため、目立ちやすいのがデメリットでしょう。また、まぶたが厚い人は二重にならないこともあります。

■片面タイプのアイテープがおすすめの人
・薄い二重幅を安定させたい人
・元々二重で幅を調節したい人

 

片面タイプのおすすめアイテープ▶KOJI(コージー) シャドウオン アイテープ ワイドタイプ

肌に馴染みやすいベージュのアイテープ。表面に細かい穴が開いているので、アイシャドウがのりやすく、アイテープの上からメイクをしても自然に仕上がります。ワイドタイプはまぶたに厚みがある人でも使いやすいでしょう。

KOJI(コージー) シャドウオン アイテープ ワイドタイプ

¥528

販売サイトをチェック
 

アイテープの種類と選び方【2】両面タイプ

両面タイプは両面が接着面のアイテープ。テープを中心に、まぶたを重ねて二重を作ります。

両面タイプのアイテープのメリットは、テープが奥に隠れて目立たないことと二重ラインをキープしやすいこと。その一方で、突っ張る感覚があるのはデメリットでしょう。

■両面タイプのアイテープがおすすめの人
・まぶたに厚みやハリがある人
・片面タイプのアイテープで綺麗な二重を作れない人

 

両面タイプのおすすめアイテープ▶D-UP(ディーアップ) ワンダーアイリッドテープ エクストラ

口コミランキングの上位に入っている両面タイプのアイテープ。汗や皮脂、水に強い処方で一日中くっきり二重をキープできます。医療用接着剤が使われているため、目元への負担が心配な人でも満足できるでしょう。

 

アイテープの種類と選び方【3】ファイバータイプ

ファイバータイプは細い糸状のアイテープ。ファイバー全体が接着面になっていて、まぶたに食い込ませて二重を作ります。

ファイバータイプのアイテープのメリットは目立ちにくく、二重ラインをキープしやすいこと。しかし、慣れるまでは難しいと感じる人が多く、まぶたに厚みやハリがある人はアイテープが食い込まないことも多いです。

■ファイバータイプのアイテープがおすすめの人
・目頭部分が隠れた奥二重の人
・狭い二重幅を広げたい人

 

ファイバータイプのおすすめアイテープ▶mezaik(メザイク) フリーファイバー

目の形を自由自在に変えられるファイバータイプのアイテープ。くっきり二重を目指す一重や奥二重の人だけでなく、二重幅を広げたい人からも人気です。皮脂と交わることで粘度が強化されるので、貼っている時間が長いほど、自然な二重を作れます。

mezaik(メザイク) フリーファイバー

¥1,320

販売サイトをチェック
 

アイテープで二重を作る方法

アイテープで綺麗な二重を作る方法をチェックしていきましょう。

■準備
アイテープはアイメイクの前に使います。コットンで軽くまぶたを押さえ、油分や水分をオフしておくと、密着力が高まって夜までくっきり二重をキープできるでしょう。

■片面タイプのアイテープの使い方
1.プッシャーで二重のラインを決める
2.決めた二重ラインの真下にアイテープを貼る
3.プッシャーでアイテープを押し上げる
4.手で軽く押さえてアイテープにまぶたを被せる

■両面タイプ・ファイバータイプのアイテープの使い方
1.プッシャーで二重ラインを決める
2.二重ラインにアイテープを押し付けるように貼る
3.プッシャーでアイテープを押し込む
4.二重の形を整える

■アイテープが取れやすい人の対処法
アイテープが取れやすい人は二重を作った後、液体タイプのアイプチで両端を固定しましょう。両端を固定すると、二重ライン全体が安定します。

 

アイテープでバレない二重を作るコツ

せっかく二重を作っても周りの人にバレると台無し。アイテープが目立たない方法をご紹介します。

■二重幅を広くしすぎない
二重幅を広くしすぎると、不自然になってアイテープがバレやすいです。アイテープで二重を作る場合は、目のキワから4~6㎜程度の位置に二重ラインを作りましょう。

■メイクでカバーする
アイテープを貼ったら、上からアイメイクをしてカバーしましょう。肌色よりも少し暗めのアイシャドウを塗ったり、太めにアイライナーを引いたりすると、アイテープを隠せます。

また、アイテープがテカって見える時は、ラメ入りのアイシャドウで光を飛ばすのもおすすめです。

■ヌードカラーを選ぶ
まぶたと同化する肌色のアイテープを使うと、目を閉じた時もアイテープが目立たないです。

 

アイテープを剥がす時の注意点

目元にコットンを当てる女性

アイテープを無理やり引っ張って剥がすと、皮膚が傷つきます。まぶたは皮膚が薄く、デリケートなので、優しくアイテープを剥がしましょう。

■アイテープの剥がし方
水分を含ませたコットンで目元を押さえてから剥がすと、皮膚への負担を和らげられます。剥がした後はしっかりと保湿をして皮膚を守りましょう。

 

絆創膏をアイテープの代わりにする方法

アイテープを買う前に練習したい人や二重になった自分をイメージしたい人は、絆創膏を使うのがおすすめです。

■用意するもの
・絆創膏
・ハサミ

■絆創膏で二重を作る方法
1.絆創膏の端を細く切る
2.二重ラインの真下に目頭側から絆創膏を貼り付ける
3.余った絆創膏をカットする
4.軽く押さえて形を整える

絆創膏でも二重はできますが、キープ力が弱かったり、厚みのあるまぶたに二重ラインを作れなかったりするので、できるだけアイテープを買うのがおすすめです。


アイテープは人気の二重まぶた化粧品の一つ。まぶたに貼り付けて二重ラインを作ります。くっきり二重になりたい人はアイテープを使ってみてはいかがでしょうか。