BEAUTY

2017-07-17

習慣にしなきゃ意味はない!腹筋を続けるためのコツ

♡ 291

腹筋はおなか周りを引き締めたいときに役立つトレーニング。
習慣化することで効果を得られますが、継続できない人はコツを確認してみましょう。

腹筋を鍛えると美ボディをゲットできる!

腹筋は美しい体型を手に入れたい人にとって、理想のトレーニング。腹筋を鍛えることで3つのメリットがあります。

・おなか周りが引き締まる
腹筋を鍛えることで、おなかの周りに筋肉がついてウエストが引き締まります。

・基礎代謝が上がる
腹筋を鍛えると筋肉量が増加し、基礎代謝が上がります。これにより、痩せやすい体質につながります。

・便秘が治ってぽっこりおなかを解消できる
腹筋が衰えていると、便を上手く排出できず便秘になります。腹筋でおなかを刺激すると便通が良くなり、便秘が改善されてポッコリと膨らんだおなかがすっきりとします。

腹筋は習慣にしなきゃ意味がない?

腹筋は筋肉を鍛えるトレーニングです。
数日間頑張って腹筋をしても、継続しなければ筋肉量が減少し、再びおなかが出たり、便秘になったりする可能性が高いのです。

また、腹筋の消費カロリーは、体重50kgの人が5分間続けた場合で約35kcalと少なめ。

脂肪を燃焼して痩せることを目標としているのではなく、筋肉をつけることを目標としているため、トレーニングを習慣にして徐々に体を引き締めましょう。

短期間で痩せたい人は、腹筋の後にジョギングや水泳、ヨガなどの有酸素運動を行うことを習慣化すると効果を実感できます。

目標を決めて腹筋を習慣化

腹筋は習慣にしなければ意味がないとわかっていても、運動不足の人や体を動かすことが苦手な人にとって続けるのは難しいです。
そこで、腹筋を続けるコツを知り、トレーニングに役立てましょう。

一つ目のコツは、目標を決めて腹筋を鍛えること。

「夏までにウエストを引き締めたいから毎日20回腹筋をする」「1か月でウエストを3cm引き締める」など、具体的な目標を決めるとつらい腹筋も続けやすいです。

なお、難しすぎる目標を設定すると、あきらめてしまう可能性があるため、達成できそうな目標を立てるようにしましょう。

毎日決まった時間に腹筋をする

腹筋を開始してしばらくの間は、トレーニングが苦痛に感じるかもしれません。
腹筋をする度に嫌だと考えていたら、習慣化は難しいです。

おすすめなのは、毎日決まった時間にトレーニングをする方法です。
具体的な時間を決めておくことで、体のリズムが作られ、自然に腹筋ができるようになります。

慣れていない間は苦痛かもしれませんが、一度さぼってしまうと再開するのが億劫になります。

気分が乗らないときは、テレビや音楽で楽しみながらでも腹筋を行いましょう。

無理をせずに継続する

無理をしないことも大切です。張り切って腹筋をすると体に痛みが出たり、ひどい場合は怪我をしたりする危険性もあります。

また、一度無理をすると、その後腹筋を続けるのが嫌に感じることもあるため、体が限界だと感じたら、トレーニングをやめるのがポイントです。

体を引き締める目的で腹筋をする場合、具体的な回数は一日20回を3セット程度。
100~200回程度続けても筋肉の持久力が上がるのみで、ダイエットにはあまり効果無し。

無理をしすぎるとモチベーションを維持するのも難しくなるため、腹筋はできる範囲で習慣化することが重要です。
腹筋を鍛える時は無理をしすぎず、毎日続けることが大切です。
一度やめてしまうとさぼり癖がついてしまうため、続けるコツを知って継続に役立てましょう。