BEAUTY

フットバスは女性に嬉しい効果満載!おすすめ商品と効果を上げるコツ

エステの施術でも定番となっているフットバスですが、自宅で行うことができれば同じ効果を得られます。今回はフットバスの効果や選び方など、様々な情報をお伝えします。

 

フットバスとは?

フットバス

フットバスの原点は、洗面器などにお湯を張って行う足湯。そもそも足は「第二の心臓」と言われているように、全身のツボが集まっている部位。温めることで血行が促進されて、様々な良い効果をもたらしてくれます。

最近は、フットバス専用の容器や、保温や振動機能がついた便利な商品も。手軽に使えて美容効果も高いので、幅広い世代の女性から人気を集めているアイテムとなっています。

 

フットバスの効果

■保温効果

足元を温めることで全身の血行が良くなり、女性を悩ませる冷えにアプローチします。寒い時期だけでなく、夏場もエアコンによる冷えを解消できます。

血行促進によって、凝ってしまった筋肉がほぐされ、肩こりや腰痛の緩和も期待できるでしょう。

■ダイエット効果

血行が促進されることで、基礎代謝がアップ!その結果、脂肪燃焼効果や老廃物を排出する効果が促進されて、ダイエット効果も。

さらに内臓を温めることで腸の働きも活発になり、便秘の解消が期待できます。

 

フットバスの選び方【1】形状・サイズ

一般的なフットバス

■バケツタイプ

手軽にフットバスを楽しみたい時に便利。バケツ型や、折り畳んでコンパクトにまとまるタイプなどがあります。

サイズはくるぶしが隠れる深さから、ふくらはぎ辺りまですっぽり入るものまで様々。効果を感じられるように、最低でもくるぶしまでは浸かれるタイプを選びましょう。

■電動タイプ

振動マッサージや保温など様々な機能があるタイプが多く、疲労回復にも効果的。ただし音が気になったり、電源を確保しなければいけないのがネックだという口コミなども見られます。

足の大きさによってもしっくりくるサイズが違うので、購入する前に試してみるのがおすすめです。

 

フットバスの選び方【2】お手入れのしやすさ

陶器のフットバス

フットバスは、使用した後のお湯の処理が面倒という意見をよく耳にします。排水口やバルブ付きで簡単にお湯を捨てることができるタイプなら安心ですね。

リラックス効果を高めるために、フットバスにアロマオイルを使う女性も多いです。その場合はお手入れも大変になるので、蓋やアタッチメントが取り外し可能であったり、掃除がしやすい構造のフットバスを選びましょう。

 

フットバスの選び方【3】付加機能

バブル機能付きフットバス

フットバスの使用目的に合う付加機能がついているものを選ぶのがおすすめ。

疲労回復が目的であれば、マッサージ機能付きが効果的。電動タイプには、バブル機能やバイブレーション機能など。バケツタイプには、マッサージ用の突起やアタッチメント付きが多いです。

ジェットバスのように細かい泡でマッサージしてくれるタイプなら、血行が促進されると共にリラックス効果も期待できるでしょう。

冷え性の方には、保温機能や加熱機能がついているフットバスがおすすめ。長時間適温を保てるのは保温機能。冷たい水を入れれば適温まで上げてくれるのが加熱機能なので、お湯を準備するのが面倒という方に便利です。

冬場はフットバスで足を温めてもすぐに冷えてしまう人もいるので、本来の効果を得るためにもポカポカのままキープすることが重要です。

 

おすすめのフットバス容器【1】Brookstone(ブルックストーン) フットバス

42度の心地良い温度をキープするヒーター機能や、水流を調節できるマッサージ機能が人気の商品。シンプルな見た目で使い勝手がよく、ランキングでも常に上位をキープしています。

水抜きも簡単なので、毎日の習慣として使うのも苦になりませんね。

◆Brookstone(ブルックストーン) フットバス
定価:39,800円(税抜)

 

おすすめのフットバス容器【2】ヒロ・コーポレーション 折りたたみ式フットバス

折り畳むと10cm以下の薄さになるコンパクトなフットバス。持ち手が付いており、出し入れも楽ちん。毎日の使用も苦になりません。

保温機能やバブル機能も搭載。お掃除も簡単なので、いつでもどこでも手軽に使えます。

◆ヒロ・コーポレーション 折りたたみ式フットバス
定価:4,285円(税込)

 

フットバスのやり方

バスロープを着てフットバスをする女性

■お湯は適温で

フットバスで心地良さを感じる温度は、41~43度。10分以上は浸かるので、あまり熱いと火傷をしたり、ぬるすぎると効果を感じられないことがあるので適温をキープしてください。

温度調節ができないタイプの場合は、あらかじめ差し湯を用意しておきましょう。

■両足同時に行う

フットバスを効果的に使うには、両足同時に行うのが基本。片足ずつ行うと温まる速度に差が出るので、効果が出にくくなってしまいます。

フットバス専用の容器であれば、両足がすっぽり入るように設計されているので安心です。

■気分の悪い時は控える

継続することでより効果が期待できるフットバスですが、体調が悪い時に無理をする必要はありません。行っている途中でも気分が悪くなったら中止しましょう。

 

フットバスの効果を上げるコツ

アロマオイル

■水分補給

フットバスを行うと、代謝がアップします。そのため汗をかきやすくなるので、あらかじめ水分を補給しておくのがポイント。我慢すると脱水症状を起こしたり、体内の血液がドロドロになってしまうので要注意です。

■アロマオイルでリラックス

お好みのアロマオイルをお湯に入れれば、リラックス効果が高まります。

■塩、重曹を入れる

フットバスに大さじ3杯程度の塩や重曹を入れると、角質を柔らかくする効果あり。ガサガサのかかとでお悩みの方はぜひ試してみてください。


フットバスによる血行促進効果は、女性にとって様々な嬉しい効果をもたらしてくれます。日々の疲れを癒しながら、健康やダイエットにも効果的なフットバスを、ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか?