BEAUTY

裸眼メイクはナチュラルな抜け感を意識。カラコンなしで盛る方法は?

裸眼を活かしたナチュラルなメイクが近年トレンド。ただ、裸眼に自信がないとなかなか挑戦しにくいですよね。そこで今回は、裸眼でもしっかり盛れるメイク方法をご紹介します。ぜひ、この機会にカラコンを卒業してみてはいかがでしょうか。

 

裸眼メイクの魅力って?

近年、ナチュラルに見えるカラーコンタクトが多数販売されているので、日常的にカラコンを愛用している人も多いのではないでしょうか。ただ、最近はあえて裸眼でメイクする女性が急増中。裸眼メイクには色々な魅力がありますよ。

■目に優しい

カラコンを長時間付けているとドライアイになったり充血したり、どうしても目の負担になってしまいます。裸眼ならそんな目へのダメージを減らすことができますよ。

■透明感のある目元が作れる

カラコンを付けた瞳はどうしても不自然になりがち。裸眼なら視線も生き生きと表情豊かに見せてくれます。白眼も綺麗に見えるので、透明感のある目元が作れますよ。

■男ウケが良い

裸眼のナチュラルなメイクは万人受けします。もちろん男ウケもばっちり。

■節約になる

毎日使うカラコンは、それなりの出費になってしまいますよね。カラコンをやめて裸眼でメイクすれば、節約にもなります。

 

裸眼でメイクする時のポイントをチェック!

 

裸眼でメイクする時のポイント【1】アイシャドウで陰影をつける

裸眼メイクは、どうしても目力がなくなってしまうので、アイシャドウでしっかり陰影を作る必要があります。

ブラウンやゴールド系カラーをグラデーションに塗ったら、ラメ感の強いアイシャドウを重ねてツヤをプラス。ダークブラウンのアイシャドウを濃く塗りすぎると透明感が出ないので、淡いブラウンを選ぶのがポイント。

 

裸眼メイクにおすすめのアイシャドウ▶︎LUNASOL(ルナソル) スキンモデリングアイズ

LUNASOL(ルナソル)のスキンモデリングアイズは、アイシャドウの定番人気アイテム。もちろん裸眼メイクとも相性抜群。粉飛びしにくく、目元をぱっと明るく仕上げてくれます。

ベージュ系の4色カラーは、シーンを選ばず使えますよ。

 

裸眼でメイクする時のポイント【2】涙袋を作る

裸眼メイクをする時は、上まぶただけでなく下まぶたのメイクも欠かせません。下まぶたにラメ入りのアイシャドウを塗って涙袋を強調しましょう。目尻から3分の1部分は、濃いめのカラーで引き締めるのがおすすめ。

アイブロウペンシルなどを使って涙袋の影を描くのも良いですが、やりすぎないようにナチュラルに仕上げてくださいね。

 

裸眼メイクの涙袋を作るおすすめのアイテム▶︎ETUDE HOUSE(エチュードハウス) キラキラ アイシャドウ

ETUDE HOUSE(エチュードハウス)のキラキラ アイシャドウは、スティックタイプのアイシャドウなので、下まぶたを塗るのも簡単。キラキラ感がまるで濡れたような色っぽい目元を演出してくれます。

ETUDE HOUSE(エチュードハウス) キラキラ アイシャドウ

¥550

販売サイトをチェック
 

裸眼でメイクする時のポイント【3】アイラインは真っ直ぐ仕上げる

裸眼メイクのアイラインは、しっかり&ナチュラルを意識。

目尻を跳ね上げたアイラインだと派手な印象になってしまうので、真っ直ぐ引くことを心掛けてくださいね。アイラインはまつ毛の隙間を塗りつぶすように引きましょう。

リキッドタイプだとまつ毛の隙間を上手に埋められない……という方は、ペンシルタイプのアイライナーと2本使いしてみてはいかがでしょうか。

目が離れている人は、切開ラインを引くのも効果的です。

 

裸眼メイクにおすすめのアイライナー▶︎ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

ヒロインメイクのスムースリキッドアイライナー スーパーキープは、にじみにくいのに簡単にオフできるのが魅力。ナチュラルな裸眼メイクに仕上げたい時は、ブラックではなく、ブラウン系のカラーを選びましょう。

 

裸眼でメイクする時のポイント【4】マスカラはカール&セパレートを意識

マスカラは、ボリュームタイプよりもロングやカールタイプが裸眼メイクには馴染みやすいですよ。長くセパレートするように綺麗に塗りましょう。
ビューラーは、根本、真ん中、毛先の3回に分けてカールさせるとくるんと上向きに。

マスカラを塗りすぎると目元に透明感が出なくなってしまうので注意が必要です。

 

裸眼メイクにおすすめのマスカラ▶︎MAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク) ラッシュニスタ N

MAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク)のラッシュニスタ Nは、まるでつけまつげのような長くて綺麗な目元に仕上げてくれます。

ブラックとブラウンの2色あるので、全体の裸眼アイメイクのバランスを見て選ぶと良いでしょう。

 

裸眼でメイクする時のポイント【5】アイブロウはナチュラルに

裸眼メイクのアイブロウは、濃くキリっと描きすぎると、目元とアンバランスになってしまいます。パウダータイプのアイブロウを使ってふんわりナチュラルに作りましょう。

平行を意識して描くと今っぽい印象のメイクに。

 

裸眼メイクにおすすめのアイブロウ▶︎excel(エクセル) パウダー&ペンシル アイブロウ EX

excel(エクセル)のパウダー&ペンシル アイブロウ EXは、パウダーとペンシルが一体型になっている優秀アイテム。眉尻など細かい部分はペンシルで描いて、パウダーでぼかすと美人眉の完成。

カラーバリエーションも豊富なので、髪色に合わせて選ぶことができます。

excel(エクセル) パウダー&ペンシル アイブロウ EX

¥1,566

販売サイトをチェック

裸眼メイクのやり方をご紹介しました。裸眼で盛れないからといって濃いアイメイクにすると、逆に目が小さく見えてしまいます。程よく抜け感のあるナチュラルな目元を目指してくださいね。ぜひこの機会に、裸眼でのメイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。