BEAUTY

セルフで作れる旬のワイヤーネイル!やり方とおすすめデザイン

細めのワイヤーを形成してパーツとして使う「ワイヤーネイル」は、セルフでも簡単に作れます。シンプルでおしゃれなワイヤーネイルは、様々なファッションと相性が良く、近年大人気なデザインです。そこで今回はワイヤーネイルのやり方や必要なもの、おすすめのデザインなどをご紹介します。

 

ワイヤーネイルとは?

ワイヤーネイルとは、細めのワイヤーを使ったネイルデザインのことを言います。

細いワイヤーを自分好みの形に変形させ、ネイルパーツとして使います。
形やほかのパーツとの組み合わせ次第で、大人っぽくも、フェミニンにも、カジュアルにも使える万能パーツです。

ワイヤーネイルは、パーツも100均などですぐに買えて自分でも簡単に挑戦できるため、セルフネイル派さんにも大人気。

今回はおしゃれなワイヤーネイルのやり方や、おしゃれなデザインなどをご紹介します。

 

ワイヤーネイルに必要なものとやり方

 

ワイヤーネイルに必要なもの

ワイヤーネイルをする時は、通常のネイルに必要なポリッシュ(マニキュア)またはジェルネイルのほかに、好きなパーツと細めのワイヤーを用意します。
また、ワイヤーを変形させたり切ったりするために、ニッパーやペンチ、筆やペンなどの細めの棒があるといいでしょう。

ワイヤーネイルに使うワイヤーは、できるだけ細めのものがおすすめです。
ポリッシュ(マニキュア)の場合は特に、ワイヤーが浮いてしまったり飛び出てしまうことがあるため、できる限り細めのほうがきれいにできます。

具体的な太さとしては、大体0.2mm程度のワイヤーがベスト。太くても0.5mm程度のワイヤーを選びましょう。

プリンセスネイル ネイルワイヤー

¥184

販売サイトをチェック
 

ワイヤーネイルのパーツの作り方

まずは、ワイヤーパーツを作りましょう。
円形を作る場合は、筆やペンなどの細めの棒にくるくると巻き付け、カットするだけです。
2重〜3重にしても可愛いですし、まとめてカットすれば一度にいくつもの円が作れます。

お好みの形にする場合は、先の細いペンチを使って形成します。
カーブ部分には、円形を作った時と同じように細めの棒を使うと、きれいなカーブができます。

また、形を作るのが難しい場合は、小さく切って直線のまま乗せるのも可愛いです。

 

ワイヤーネイルのやり方

基本のワイヤーネイルのやり方は簡単。

・ジェルネイルの場合

①ベースカラーを塗って、ワイヤーパーツを乗せて硬化させます。
②硬化したら、ワイヤーパーツの浮いている部分を押さえ、爪のカーブに合わせます。
③最後にもう一度ジェルを塗ってしっかり固定させます。

・ポリッシュ(マニキュア)の場合

①透明のポリッシュ(マニキュア)を塗ってすぐにワイヤーパーツを置きます。
②ポリッシュが乾くのを待ち、浮いている部分をおさえ、爪のカーブに合わせます。
③最後にトップコートを塗ってしっかり固定させます。

ワイヤーが飛び出たり、引っかかったりしないように注意しましょう。

 

ワイヤーが飛び出る・引っかかる場合の対処法

ワイヤーの先端が飛び出てしまっていると、洋服に引っかかったり、肌を引っかいてしまうことがあります。

そんな状態を防ぐためにも、ワイヤーパーツを配置するときに、しっかり爪の形に沿ってフィットさせることが重要です。

ジェルネイルの場合は、厚みの出やすい硬めのジェルを使って、先端が浮かないように埋め込みましょう。
ポリッシュ(マニキュア)の場合は、ワイヤーの先端に小さめのビジューやスタッズを置くと良いでしょう。

それでもうまくいかない時や、バランスが悪くなってしまう場合は、ワイヤー風のシールもありますので活用してみてください。

 

おすすめのワイヤーネイルデザイン

 

おすすめのワイヤーネイルデザイン【1】押し花と合わせてとびっきりフェミニンに

柔らかく繊細なワイヤーは、フェミニンな印象の押し花ネイルと相性抜群。
押し花の葉っぱと茎をワイヤーで表現しましょう。イチゴをワイヤーで表現するのも可愛いですね。
全体をピンクカラーでまとめれば、春らしさ満開のワイヤーネイルの出来上がりです。

 

おすすめのワイヤーネイルデザイン【2】渦巻きワイヤーを使ったバラのデザイン

手書きで表現するのが難しいバラのデザインも、ワイヤーがあれば簡単!
小さな丸を描いて、渦巻きワイヤーを乗せるだけでバラが完成。大人っぽくて上品な印象のワイヤーネイルになります。

 

おすすめのワイヤーネイルデザイン【3】色々な形のワイヤーを使った個性派ネイル

ワイヤーの形は、なんとなくうねうねさせてみたり、少し崩れた円を作ってみるだけでもOK。
気の向くままにワイヤーを形成するだけでいいので、いびつな形でもこなれた感じに仕上がります。

不器用さんでも気兼ねなくワイヤーネイルに挑戦できそうですね。

 

おすすめのワイヤーネイルデザイン【4】形成せずにまっすぐのワイヤーをたくさん使って

ワイヤーを細かく形成することはせず、まっすぐの状態で小さく切っただけのワイヤーをたくさん使ったネイルデザイン。
金箔や小さいスタッズを合わせることで、華やかだけどまとまりのある大人っぽいワイヤーネイルになります。

 

おすすめのワイヤーネイルデザイン【5】ワイヤーの中にビジューや押し花を入れてブローチ風に

2~3重に重ねて作った円の中に、ビジューや押し花を入れることでブローチ風のデザインに。
シンプルなワンカラーネイルに1本だけ取り入れても存在感があり、グッとおしゃれに決まります。

 

おすすめのワイヤーネイルデザイン【6】キャラクターならスヌーピーの顔が簡単!やり方・作り方動画あり

キャラクター風ワイヤーネイルの中でも、セルフネイル派さんにはスヌーピーが注目度ナンバーワン!
スヌーピーなら、形がシンプルで細かい形成が必要ないため、初心者さんにもおすすめです。

爪の大きさに合わせてペンで紙に下書きし、線に合わせてワイヤーを形成するときれいにできます。


今回は簡単でおしゃれなワイヤーネイルのやり方やおすすめデザインをご紹介しました。ワイヤーアートは、多少いびつでも逆におしゃれに見えたりもするので、不器用さんでも挑戦しやすいデザインです。難しければワイヤー風シールもありますので、この機会にワイヤーネイルに挑戦してみてはいかがでしょうか?