BEAUTY

寝ながら脚痩せしたい!足パカやストレッチ、筋トレ法まとめ

ダイエットにおいて最も厄介なのが脚痩せ。脂肪だけでなくむくみも関係してくるので、なかなか痩せにくい部位でもあります。ですが最近は、寝ながら脚痩せする方が続出中!「脚痩せが叶った」という口コミも多いです。そこで今回は、寝ながら脚痩せする方法を厳選してご紹介します。

 

寝ながら脚痩せすることは可能?

女性

普段、脚痩せをするためにどのようなダイエット方法を実践していますか?
運動したり、マッサージしたり、食事制限してみたり……色々試してみたけど効果がなかったという人もいるでしょう。

そんな方には、寝ながら行う脚痩せがおすすめ。文字通り、寝た状態で行う脚痩せ法です。
本当に寝ながら脚痩せできるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

しかし、脚に重点を置いたトレーニングの中には、横になったり仰向けの状態で行えるものが多いです。うまく取り入れれば、TVやスマホを見ながらベッドの上でも行えるでしょう。

 

寝ながら脚痩せすることのメリット

女性

■隙間時間で実践できる
寝ながらの脚痩せは、1日のちょっとしたタイミングで行えます。朝起きた時や寝る前、TVを見ている時など、気軽にダイエットできるのが嬉しいですね。

■睡眠の質を上げる
1日の終わりに脚痩せ効果が狙えるトレーニングを行うと、睡眠の質が上がりやすいと言われています。しっかり睡眠ができるようになると、成長ホルモンの分泌が活発に。筋肉の強化と共に、脂肪が燃焼しやすい体になりやすいでしょう。

 

寝ながら脚痩せする方法①足パカ

寝ながら脚痩せができる方法として、簡単なトレーニングが足パカです。両脚を開いて閉じるだけの運動ですが、内ももの筋肉にアプローチしてくれます。太ももを引き締める効果が見込めますよ。

①床に仰向けになり、脚を閉じた状態で体と垂直になるように上げます。
②そこから足をできるだけ広げて閉じる動作を行います。
③最初は1分ほどから始めて、3分間連続でできるように継続していきましょう。


足パカには、縦パカやクロスパカなどのアレンジ法があります。一緒に組み合わせて、脚痩せの効果を高めてみてはいかがでしょう。

 

寝ながら脚痩せする方法②骨盤の引き締めストレッチ

骨盤の引き締めストレッチには、骨盤の歪みを矯正して太ももの筋肉を引き締める働きがあります。疲れにくい体を作り、血行促進だけでなく、むくみの解消も期待できるでしょう。
ベッドの上でもできる寝ながら脚痩せ法なので、覚えておくと便利です。

①床に仰向けになり、膝を立てて両足をお尻に近づけます。
②立てた膝を交互に寝かせて、骨盤周辺と太ももをストレッチします。
③今度は両膝を床に置き、骨盤を引き締めて太ももをしっかりストレッチしましょう。

 

寝ながら脚痩せする方法③サイドレッグレイズ

サイドレッグレイズは、横向きに寝た状態で行う脚痩せ効果のある筋トレ。脚全体の筋肉を強化し、脂肪太りやむくみ解消へと導きます。見た目以上にきつい寝ながら脚痩せ法ですが、効果が出やすいとされています。

①右腕を下にして横向きになり、右腕を枕代わりにして頭を支え、左手を体の前に置きます。
②左脚を少し浮かせて腰と同じ位置まで上げます。
③その状態で右脚を左脚につけて戻す運動を10回ほど行いましょう。終わったらもう一方も同じように筋トレします。

 

寝ながら脚痩せする方法④アウトサイドレッグレイズ

アウトサイドレッグレイズは、お尻から脚にかけての筋トレができる脚痩せ法です。

①床に横向きに寝て、床に面している腕は肘を立てて頭を支えます。もう一方は腰に手を当てます。
②床についていない方の脚を少し後ろに動かし、天井に向かって高く上げて下ろします。
③一連の運動を20回ほど行い、もう一方も同じように行います。

 

寝ながら脚痩せする方法⑤うつ伏せでできる筋トレ

うつ伏せ状態で行う筋トレは、本や雑誌を読みながらでもできる寝ながら脚痩せ法です。お尻や太ももを引き締めるのに最適でしょう。

①床にうつ伏せになり、上半身を少し起こして両腕で支えます。
②左右どちらかの足を上げて、太ももを軸に垂直になるようにします。
③その状態で骨盤を意識しつつ太ももを上げて、10~20回ほど行います。もう一方の脚も同じように筋トレしていきましょう。

 

寝ながら脚痩せする方法⑥レッグクロスアップダウン

レッグクロスアップダウンは、寝ながら脚痩せできる方法としてはハードな部類。足全体の筋肉にアプローチできるので、脂肪太りからむくみ解消まで狙えます。きつめの筋トレですが、短期間で脚痩せしたいのであれば実践して損はないです。

①床に仰向けになり、両脚を上げて体全体でL字を作ります。
②足先をピンと伸ばし、足を交互にクロスさせながら床にゆっくりと近づけていきましょう。
③両脚を床につけずに、クロスさせながら上げていき一回です。これを5~10回ほど行えるようにします。


寝ながら脚痩せする方法はバリエーションが多いです。慣れてきたら負荷を強くするなどして、徐々に脚の筋肉を強化していくのもいいですね。脚痩せに限らずダイエット全般は続けることが大事なので、まずは簡単なものから挑戦していきましょう。ぜひ今回ご紹介した寝ながら脚痩せ法を参考にしてみてくださいね。