BEAUTY

パープル下地で透明感をプラス。パープルが似合う人の特徴は?

パープルの下地をよく見かけるけど、どんな効果があるのか、どう使ったらいいのか分からないという方が多いのではないでしょうか。今回は効果や使い方、そしてプチプラからデパコスまでおすすめのパープル下地5選をご紹介します!

 

パープル下地の効果とは?

パープル下地の効果とは?

パープルの下地を塗ることで得られる効果は、透明感を演出できることです。
ピンクとブルーを混ぜることで作られるパープルは、血色感を足すことと、赤みをカバーするという、それぞれのメリットを持ち合わせたカラーです。

血色感が物足りなかったり、くすみが気になりがちな色白肌の方に特におすすめです。
ブルー系だと血色が少し悪く見えてしまうという場合も、パープルなら納得できる仕上がりに近づくかもしれません。

くすみをカバーしつつ、ほどよく透明感を出したいときは、パープル下地を使うといいでしょう!

 

パープル下地が合うのはどんな肌の人?

パープル下地が合うのはどんな肌の人?

パープルの下地は万能なので、基本的には使う人を選びません。
イエローベースでも、ブルーベースでも問題なく使えます。

ブルーはくすみに悩んでいる方におすすめの化粧下地ですし、ピンクはブルーベースの方におすすめの化粧下地でもあります。
強いて言うなら、どちらかといえばイエローベースの方が、パープルの下地は馴染みやすいといえるでしょう。

ブルーベースだとピンクの色味が入っているとはいえ、ブルーの色味も入っているので、血色感が足りない状態になる場合があるからです。

 

パープル下地の使い方とは?

パープル下地の使い方とは?

パープルの下地は、厚塗りしすぎると白浮きすることがあります。
ブルーベースの化粧下地ほどではありませんが、注意しないと透明感どころか厚塗り感が全面に出てしまうので、肌につける量には気を付けましょう。

パープルの化粧下地を上手に使いこなすには、ムラなく全体的に満遍なく薄くつけることがポイントです。
額・両頬・鼻・あごの5箇所に5点置きし、内側から外側に向かって顔全体に伸ばします。

さらにスポンジなどでトントンと叩いて馴染ませることが大事です。そうすることで、顔全体に満遍なくパープルの化粧下地を塗ることができ、厚塗り感がなくなります。

 

おすすめパープル下地【1】RMK(アールエムケー) ベーシック コントロールカラーN パープル

多くの方から愛されている日本を代表するデパコスブランドRMK(アールエムケー)のコントロールカラーは、とても肌馴染みが良いです。
手に取った瞬間からクリーミーさが感じられ、肌にのせればとろけるように馴染んで、理想の肌色に整えてくれます。

ファンデーションの前に塗ることで、パープルが肌トーンを上げて透明感を演出してくれますよ。

RMK(アールエムケー) ベーシック コントロールカラーN パープル

¥3,780

販売サイトをチェック
 

おすすめパープル下地【2】naturaglace(ナチュラグラッセ) カラーコントロール ベース 01

naturaglace(ナチュラグラッセ) のコントロールカラーは、塗っているのが気にならないくらい軽いです。
仕上がりは、ややセミマットのようなイメージ。

ナチュラグラッセのコスメは自然志向なので、肌にやさしく作られています。
また、いつまでに使い切る必要があるかなど、使用期限が書かれてあり、適切に使うべきタイミングがわかるので安心して使えるのも魅力です。

naturaglace(ナチュラグラッセ) カラーコントロール ベース 01

¥3,456

販売サイトをチェック
 

おすすめパープル下地【3】CandyDoll(キャンディドール) ブライトピュアベース<ラベンダー>

プチプラコスメのCandyDoll(キャンディドール)ブライトピュアベースは、つるんとした理想の肌を演出してくれます。
さらに嬉しいことに、SPF50+、PA+++で、日焼け止めの役割も十分に果たしてくれます。こちらなら1年中使えますね。

少しラメが入っていて、ほんのりキラキラ肌になれます。透明感を出すこともできるのが嬉しいところです。

 

おすすめパープル下地【4】Bison(バイソン)ラベンダーマジックベース

Bison(バイソン)のラベンダーマジックベースは、肌色を均一にしながら透明感を引き出して、ほどよい血色感を与えます。
ピンクとブルー2色のパールが配合されているので、肌をトーンアップしてくれます。

さらに、ホワイトボタニカル成分とベビーフルーツ成分で、赤ん坊みたいなふわふわの白肌に導いてくれますよ。
しみやそばかすの原因となる活性酸素を除去する作用のあるポリフェノールと、ビタミンCが豊富に含まれたフラガリアチロエンシス果汁が配合されているので、化粧しながらも肌ケアできる点が嬉しいですよね。

 

おすすめパープル下地【5】CLARINS(クラランス) ラディアント コントロール カラー 05 ラベンダー

リップオイルで人気のCLARINS(クラランス)からもパープルのコントロールカラーが発売されています。

クラランス独自の保湿成分であるアンティポリューションコンプレックスが乾燥などの外的刺激から肌を守り、ソフトフォーカスピグメントで明るさと輝きのあるくすみのない肌に導いてくれます。

大人気のブランドですから、プレゼントでもいいかもしれませんね。

CLARINS(クラランス) ラディアント コントロール カラー 05 ラベンダー

¥4,320

販売サイトをチェック

パープルの下地は、くすみを飛ばし透明感のある肌を作ってくれます。ただし、塗り方によっては厚塗りっぽくなってしまったり、白くなりすぎる可能性もあるので、自分の肌質を理解して使用するようにしましょう。今回ご紹介した下地を使って、生き生きとした肌に仕上げていきましょう。