BEAUTY

ボタニカルネイルで旬と大人顔を両立!セルフのやり方と人気デザイン

大人っぽいうえにおしゃれなボタニカルネイルは、インスタでもアップする人多数!シンプルなデザインからレトロ感のあるデザインまで種類も豊富です。今回は、ボタニカルネイルの手書きでの書き方やおすすめデザインをご紹介します。

 

ボタニカルネイルが人気の理由

■トレンドカラーを使用したデザインが多い

ボタニカルネイルには、最近のトレンドであるくすみ系カラーやアースカラーが使われることが多いです。

悪目立ちせず地味過ぎない、ほど良いナチュラル感が大人女子にはぴったり。

上級者っぽい指先を作ることができるのが人気の秘訣です。

■大人っぽさの中に可愛げあり

植物をデザインするボタニカルネイルには、花をモチーフにした可愛い系ネイルも。カラーを控えめにすれば、大人っぽさと可愛さを両立するネイルに仕上がります。

■セルフでも簡単にできる

ボタニカルネイルはセルフでのやり方が難しそうなイメージ。しかし、シンプルなデザインなら、コツさえつかめばポリッシュでもジェルネイルでも簡単。

また、100均で購入できるネイルシールを利用するという裏技もあります。

 

ボタニカルネイルのセルフでのやり方

リゾートネイルにぴったりな夏らしいボタニカルリーフネイル。筆を使って手書きしますが、カラーの濃淡でリアルなリーフにするのがポイントです。

1.ベースジェルを塗って硬化します。

2.べースカラーとなるマットなピンクベージュを二度塗りして硬化します。

3.リーフ柄に使うブルーのジェルを細筆につけてリーフの形を書きます。筆の跡を残すように塗るのがポイントです。

4.硬化します。

5.ネイビーのジェルを平筆につけて、細い面と平らな面を使ってリーフに模様を書きます。

6.同じくネイビーを極細筆につけて、メリハリが出るようにリーフにラインを描きます。ランダムに描くのがポイントです。

7.硬化します。

8.マットな白いジェルを極細筆につけて、リーフに細いラインを書いて硬化します。

9.対角にもう1枚のリーフを、3.で使ったブルーのジェルでデザインします。極細筆を使って、最初に書いたリーフとのバランスを整えながら書きましょう。

10.硬化します。

11.ネイビーのジェルを極細筆につけて、アクセントをつけます。

12.硬化→トップジェル→硬化してでき上がりです。

 

おすすめのボタニカルネイル【1】控えめなボタニカル柄で大人顔のネイルデザインに

グレージュとブラウンの単色をメインにした、大人配色のネイル。控えめなボタニカル柄でほど良いアクセント効果を発揮させれば、より大人っぽさが増します。

柔らかい雰囲気のアイボリーをベースにして、グレージュでリーフ柄をオン。シンプルなリーフ柄なので、手書きでトライすることもできます。

 

おすすめのボタニカルネイル【2】グリーンとの組み合わせでナチュラル感をアップ

ナチュラルなグリーンは、ボタニカルネイルに欠かせないカラー。あえてボタニカル柄をデザインしない指にグリーンを採用するテクニックも効果的。

他の指は、クリアベースにゴールドの細かいパーツでリーフや花をデザイン。涼しげな印象に仕上がるので、夏のおでかけにぴったりです。

 

おすすめのボタニカルネイル【3】マットネイルに白いボタニカル柄で個性派を狙って

すべての指が違うカラーでも、シンプルなボタニカル柄のおかげで悪目立ちする心配なし。ベースをマットカラーにしたら、立体感を出すために白いネイルでボタニカル柄を書きます。

あまりハードな柄ではなく、繊細なボタニカル柄にするのがポイント。一見ボタニカルな雰囲気ではないので、逆に新鮮なネイルが完成します。

 

おすすめのボタニカルネイル【4】ぷっくり質感でリアルなリーフを表現して

ボタニカルネイルの象徴であるリーフ。ぷっくりした質感を楽しむリーフデザインなら、よりリアルなボタニカルネイルに仕上がります。

他の指を女性らしいピンクにすれば、ナチュラル感が緩和されてフェミニンな雰囲気に。立体的なリーフは、ペールカラーにして主張しすぎないようにしましょう。

 

おすすめのボタニカルネイル【5】ゴールドのボタニカル柄でレトロっぽい雰囲気に

ヌーディーなピンクベージュをベースに、ゴールドでボタニカル柄を手書きするデザイン。まるでアンティークの陶器のようなラグジュアリー感が漂います。

ゴチャつかないように、他カラーを使わないのがポイント。上品な指先に仕上がるので、パーティーやイベントにも役立ちます。

 

おすすめのボタニカルネイル【6】すべての指に異なる花をデザインして女性らしい指先に

数あるボタニカルネイルの中でも、女性らしく仕上がるのがフラワーデザイン。ポップな花柄ではなく、絵画のようなタッチで描かれた花は女性らしさ満載。

咲いている花でなく、つぼみをデザインするテクニックも斬新。所々にゴールドのアクセントをプラスして、レトロな雰囲気を漂わせるのも効果的です。

 

おすすめのボタニカルネイル【7】フットにはダークグリーンとシルバーのメリハリ配色で

こっくりしたグリーンは、夏から秋にシフトする時期のフットネイルにぴったり。ボタニカル柄や囲み柄は、シルバーで統一してメリハリネイルに。

一番大きな親指の爪に、大胆なボタニカルリーフをデザイン。ハンドでは少々ハードなデザインも、フットなら安心です。


ナチュラルでありながら大人可愛いさも表現できるボタニカルネイル。デザインも豊富なので、様々なシーンで役立ちます。セルフでも意外に簡単なので、ぜひお気に入りのボタニカル柄にトライしてみてください。