BEAUTY

おちょぼ口って何?似合うメイクや口元をカバーするトレーニング法

おちょぼ口は、小さくて可愛らしいイメージがありますよね。ただし、おちょぼ口をコンプレックスに感じている人も多いようです。そこで今回は、おちょぼ口の女性の特徴や印象、おちょぼ口に似合うメイク、おちょぼ口をカバーする方法などをまとめてご紹介します。

 

おちょぼ口とは?

小さい口の女性

口の形や大きさは人によってそれぞれですよね。
おちょぼ口とは、小さくすぼめたような口のこと。口が小さい人のことも、おちょぼ口と言うことが多いです。

日本では昔からおちょぼ口は、美人の条件のひとつ。そのため、雛人形や日本人形もおちょぼ口で作られていますよ。舞妓さんのメイクもおちょぼ口ですね。

女性芸能人だと、本田翼さんや木村文乃さん、紫吹淳さん、稲森いずみさんなどがおちょぼ口だと言われています。

 

おちょぼ口の女性の特徴や印象は?

投げキスする女性

おちょぼ口の女性には、どのような印象があるのでしょうか?

■可愛らしく上品

おちょぼ口は、可愛らしい印象が強いですよね。口が大きい人は元気で明るい印象が強いですが、おちょぼ口の場合は、笑うと上品な雰囲気が漂います。

■感情が読み取りにくい

口が小さいと表情の動きが分かりにくいので、「何を考えているのか分からない……」と思われがち。おちょぼ口の形によっては、口を尖らせているようにも見えるため不機嫌な印象を与えてしまうことも。口角が上がりにくく笑顔が控えめになってしまうので、自分が思っている3割増しで表情を作るように心掛けると良いでしょう。

■無口で穏やか

おちょぼ口の人は、口数が少ないイメージがありますよね。静かで穏やかな性格だと思われがち。口が堅い、という印象もあるので、相談相手として頼りにされることも多いのではないでしょうか。

■神経質

おちょぼ口の人は神経質な性格の人が多いと言われていますよ。周りの人の評価を気にしすぎて、傷ついたり悩んでしまう傾向にあるようです。

 

おちょぼ口に似合うメイクは?

 

おちょぼ口に似合うメイク【1】オーバーリップ

リップペンシルを使う女性

可愛らしいおちょぼ口ですが、本人は自分の小さい口にコンプレックスを持っていることも。

小さい口をカバーするなら、オーバーリップメイクを試してみてはいかがでしょうか。リップペンシルを使って、自分の唇の輪郭よりも大きめにラインを引くだけで、口を大きく見せることができます。

縦幅を強調するとよりおちょぼ口が目立ってしまうので、横幅を広げるイメージで描いてくださいね。上唇の山が鋭い場合は、コンシーラーで消すと良いでしょう。

あまりオーバーリップにしすぎると不自然に見えるので注意が必要。また、濃いカラーのリップを塗ると馴染みにくいので、コーラルピンクやベージュピンクなどの淡いカラーを使うのがおすすめです。

 

おちょぼ口に似合うメイク【2】グラデーションリップ

口の輪郭が目立ちにくいグラデーションリップも、おちょぼ口と相性が良いと言われています。

唇の内側だけ濃い色を塗って、外側は淡い色になるようにぼかしていけば、お人形さんのような可愛らしい印象に。オルチャンメイクが好きな方にもぴったりですね。

 

おちょぼ口に似合うメイク【3】リップグロスでぷっくりさせる

リップグロス

口の小ささに悩んでいるおちょぼ口の人は、リップグロスがマストアイテム。

リップグロスをぷっくり塗るだけで、ボリュームのある色っぽい唇を作ることができます。リップカラーを塗った唇の中央にハイライトカラーを乗せて、立体的に仕上げるのもおすすめ。

また、ハイライトやシェーディングを使って唇の陰影を演出するのも良いですね。上唇の山の部分に白やベージュ系のハイライトを塗り、下唇の下部分にシェーディングを塗ると立体感のあるリップメイクが楽しめます。

 

おちょぼ口に似合うメイク【4】コンシーラーで口角を上げる

おちょぼ口の人は、口角が上がりにくい傾向にあるので、メイクで悩みを解消しましょう。

くの字になるように、コンシーラーを口角に塗り唇の輪郭をカバーします。その後、アイブロウペンシルを使って口角の延長線上に影を描くのがポイント。

ちょっとした工夫で、唇の印象がガラッと変わりますよ。

 

おちょぼ口をカバーする方法【1】顔のマッサージをする

おちょぼ口の人も、表情筋を鍛えることで口を大きく動かせるようになりますよ。

まずは、トレーニングの前にマッサージで顔周りの筋肉をほぐしていきましょう。動画を見ながら真似してみてくださいね。噛むことで張ってしまった咬筋もマッサージすることでほぐれます。

顔の疲れが取れるので、表情がパッと明るくなりますよ。

 

おちょぼ口をカバーする方法【2】口元のトレーニングをする

おちょぼ口の場合、口を大きく開くのが苦手な人も多いです。

なかでも、「い」の口など、横に大きく広げる動作が難しいですよね。「あ」「い」「う」「え」「お」など、口を大きく開けながら、表情筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。

音楽に合わせて行うトレーニングは楽しみながらできますよね。表情筋を鍛えることで、顔のたるみも防げます。

 

おちょぼ口をカバーする方法【3】顔ヨガをする

おちょぼ口を解消するなら、顔ヨガも効果的。

顔の表情が伝わりにくいのが悩み……という人は、ぜひ顔ヨガにチャレンジしてみてくださいね。表情が明るくなるのはもちろん、ほうれい線が目立たなくなったり、小顔になったり、メリットが盛り沢山。


おちょぼ口の人に似合うメイク方法などをご紹介しました。昔から可愛らしさの象徴でもあるおちょぼ口ですが、コンプレックスに感じている人も多いようです。おちょぼ口もメイク方法やトレーニング次第で印象を変えることができるので、ぜひ試してみてくださいね。