BEAUTY

肌の水分量の理想や平均は?水分を増やす方法や化粧品もご紹介!

美肌には潤いが欠かせません。しかし、間違ったスキンケアや加齢などの影響で肌の水分量が減っている人は多いです。ここでは、肌の水分量が減る原因と水分量を増やす方法、おすすめの化粧品などをご紹介します。

 

肌の水分量の理想値と平均値はどのくらい?

肌をチェックする女性

美肌のためには水分が必要。一般的に、理想の水分量は40~50%です。また、水分と油分のバランスが取れていることも美肌の条件。水分量と油分量のバランスは水分8:油分2が良いとされています。

ところが、水分量の平均値は30~40%程度です。理想と比べて少し水分が不足している人は多く、その影響で起こる肌トラブルに悩む人も少なくありません。

 

肌の水分量が減るとどうなるの?

肌の水分量の減少に悩む女性

肌の水分量が減ると、乾燥肌や乾燥性脂性肌と呼ばれる状態になります。

■乾燥肌
乾燥肌(D肌)は肌の水分量と油分量が両方とも少ない肌です。水分と油分が減ると、肌のバリア機能が低下するため、肌荒れしやすくなり、粉が吹くこともあります。また、乾燥が進めば、小じわができたり、肌がくすんだりして老ける人も多いです。

■乾燥性敏感肌(インナードライ肌)
乾燥性敏感肌(DO肌)は水分量が少なく、油分が多い肌です。水分が不足し、残った水分を守るために皮脂が過剰に分泌された肌で、べたつきやニキビ、吹き出物などのトラブルが起こったり、毛穴が目立ったりすることがあります。

このタイプの肌はTゾーンがテカりやすいのに対し、Uゾーンは乾燥しやすいため、スキンケアが難しいと言われています。

 

肌の水分量が減る原因は?

スキンケアする女性

多くの人は理想と比べて肌の水分量が少ないです。どうして肌の水分量は減ってしまうのでしょうか。

■加齢
年齢を重ねると、セラミドやヒアルロン酸などの肌を保湿する成分が減少し、水分量が減ることが多いです。そのため、若い頃は美肌だった人も30代以降になると、かさつきや小じわ、肌荒れなどに悩むことが珍しくありません。

■間違ったスキンケア
クレンジングや洗顔で肌をごしごしと擦ったり、刺激の強いスキンケアアイテムを使っていたりすると、水分量が低下します。また、保湿力が十分でないスキンケアコスメを使っている場合も、肌の水分量が減りやすいです。

■紫外線
紫外線は肌の奥までダメージを与え、水分を奪います。水分が奪われた肌はバリア機能が低下するため、シミやそばかすのリスクも高まります。

 

肌の水分量を測定できるアプリ▶肌パシャ

肌の水分量は毎日、少しずつ変化しています。肌状態に合わせてケアを行い、美肌を目指したい人は水分量を計測できるアプリを使ってみるのがおすすめです。

肌パシャは資生堂(シセイドウ)が無料公開しているアプリ。スマホのカメラで肌を撮影するだけで、水分、皮脂、キメ、毛穴の状態をチェックできます。また、肌状態に基づいてスキンケアや食事などのアドバイスも受けられるので、本格的にケアしたい人に良いでしょう。

 

肌の水分量を増やす方法をチェック!

 

肌の水分量を増やす方法【1】クレンジング・洗顔を見直す

肌の水分量を増やす洗顔

間違ったクレンジングや洗顔は肌の水分量を低下させる原因です。水分を増やしたいなら、クレンジングと洗顔のやり方を見直しましょう。

■クレンジングは洗浄力が高すぎないタイプ
洗浄力が高すぎるクレンジングを使うと、肌が必要としている水分や油分が奪われます。水分量を増やしたいなら、オイルタイプのクレンジングは避け、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを使いましょう。

■肌を擦らない
クレンジングや洗顔の時に肌を擦ると、バリア機能が低下して肌の水分量が減りやすくなります。顔を洗う時は、肌にダメージを与えないように優しく手を動かしましょう。

 

肌の水分量を増やす方法【2】保湿する

肌の水分量を増やす保湿ケア

肌の水分量を増やすためには、保湿も欠かせません。化粧水で水分を与え、乳液やクリームで蓋をして水分量を増やしましょう。乾燥が酷い場合は、美容液を使ったり、コットンパックしたりするのもおすすめです。

 

肌の水分量を増やす方法【3】食生活を見直す

肌の水分量を増やす食事

偏食や無理な食事制限をしていると、肌に必要な栄養が不足して水分量が減ります。肌の水分を増やしたい人はバランスの取れた食事で内側から肌状態を見直してください。

特に、皮膚の主成分になるタンパク質や皮脂の健康を保つビタミン、ミネラルなどは積極的に摂るのが良いでしょう。タンパク質は肉類や魚類、卵、乳製品などに、ビタミンやミネラルは野菜などに含まれています。

 

肌の水分量を増やす方法【4】水を飲む

肌の水分量を増やすために水を飲む女性

私たちの体内にある水分は肌から蒸発したり、代謝に使われたりしているため、肌の水分量を増やしたい時は水を飲むのも効果的です。健康な人は食事と別に1日1.5l程度の水を飲むと良いでしょう。

 

肌の水分量を増やすおすすめの化粧品【1】ORBIS(オルビス) アクアフォースローション

肌の水分量を増やし、キメを整えるプチプラの化粧水。成分が肌の奥まで届き、潤いが足りていない部分を集中的に保湿します。肌に取り込んだ潤いを逃さない処方で、長時間水分量をキープします。

ORBIS(オルビス) アクアフォースローション

¥1,620

販売サイトをチェック
 

肌の水分量を増やすおすすめの化粧品【2】ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム

肌の水分量を上げるヒト型セラミドが配合されたセラム。ヒアルロン酸やアミノ酸など多数の保湿成分が配合されているため、しっとりと柔らかい肌を手に入れられるでしょう。ベタつかないので、季節を問わず快適に使えます。

ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム

¥4,320

販売サイトをチェック
 

肌の水分量を増やすおすすめの化粧品【3】ALBION(アルビオン) エクラフチュールd

潤いを与えて水分量を増やし、外的刺激に負けない肌を作る美容液。みずみずしいテクスチャーで、肌にのせるとグングン浸透します。使い続けていれば、肌のコンディションが整い、ニキビや吹き出物も減るでしょう。


美肌のためには潤いが大切。ところが、肌の水分量は年齢や間違ったスキンケアなどで減少します。かさつきや肌荒れが気になったら、保湿などで水分量を増やしましょう。