FASHION

着まわし力が1番!オンオフ使える最旬大人服

仕事用にプライベート用、どちらの洋服も用意しようとしてしまうと、思っている以上にコストがかかってしまいますよね……。

でも、洋服はオンオフを分けて購入する必要はなく、ちょっとした着こなしで印象をがらりと変えることができます。

ですが、アイテム選びにもポイントが!
今回はオンオフ使える大人服とともに、着こなしのコツもご紹介していきたいと思います。

 

オンオフ使える大人服①ペンシルスカート

今年はフレアスカートが大流行していますが、オンオフ問わずに合わせたいなら、ペンシルスカートがおすすめ!

ペンシルスカートはタイトな縦シルエットで、無条件にきちんと感を演出してくれるアイテム。

これからの秋冬の季節には、春夏よりも豊富なアイテムを合わせることができるので、着こなしの幅も広がります。

オフィススタイルに合わせるには、トップスはキレイめシャツかブラウス。
そしてシューズには、パンプスかヒールを合わせるときちんと感がUPします。

カジュアルに着こなしたい場合には、足元はキレイめスニーカーに、トップスはニット系がラフでオシャレ。

夏は薄手の5分袖カットソーや、オフショルトップスを合わせて、キレイめをキープしながらも、デイリーにしか着こなせないスタイリングに挑戦してみてください!

<KBF>リングベルトペンシルスカート

¥7,452

販売サイトをチェック
 

オンオフ使える大人服②ストライプシャツ

オンスタイルの基本ともいえるシャツ。
デイリーに着回すには、ちょっときちんと感が強いかなぁ、と感じている人も多いのではないでしょうか。

ですが、そんなきちんと感あるシャツも、今人気のストライプ柄を選べば、カジュアルな着こなしにも相性抜群!

ポイントはホワイトといった、ベーシックすぎるカラーではなく、秋冬ならグリーンやレッドといった季節感のあるカラーを取り入れていくこと。

普段のカジュアルパンツに合わせるだけで、ぐっと大人な休日コーデに早変わり。少しキメたい日のお出かけコーデに使えます。

<KBF>変形ストライプシャツ

¥7,452

販売サイトをチェック
 

オンオフ使える大人服③フラットシューズ

ここしばらくフラットシューズがトレンドですが、今季の秋冬もシューズで人気なのはフラット。ヒールのあるものよりも、ぺたんこで歩きやすさのあるものが必見です。

秋冬ならベロアなどのベルベット調の素材感を取り入れて、少し攻めたコーディネートを楽しむのも上級者!

シンプルなデザインのシューズを選べば、アンクルパンツに合わせてオンスタイルもできますし、ワイドパンツに合わせれば、オフスタイルの良い引き締め役に。

ソールにメタルデザインが施されているので、シンプルでも存在感が高く、足元をぐっと引き締めてくれます。

<nano・universe>べロアオペラシューズ

¥8,100

販売サイトをチェック
 

オンオフ使える大人服④ワイドリボンパンツ

今最旬の大人服の代表格ともいえるのが、ウエストリボンのワイドパンツです。

ウエストのリボンは結び方にいろいろとアレンジを加えることができて、同じパンツでも違う表情を何パターンも楽しめるのがポイント。

また、ウエストマークを自然としてくれるので、脚長効果も期待できます。

足元にパンプスなどのキレイめアイテムに、ノーカラーブラウスを合わせてオンスタイル。Tシャツにサンダルなら、飾らず垢抜けたオフスタイルを作ることができます。

パンツを選ぶときのポイントとしては、アイテム自体がカジュアル寄りということもあり、カラーはフォーマル感のあるネイビーやグレー、ブラックを選ぶと良いでしょう。

<nano・universe>タイプライターリボンワイドパンツ

¥10,260

販売サイトをチェック
 

オンオフ使える大人服⑤シャツワンピース

一枚でサラッとオンスタイルを作れるシャツワンピースは、OLさんなら一着は持っていたいアイテム。

シャツワンピースは、そのままでもオフスタイルになるので、わざわざ着こなしを変える必要もありません。

あえてカジュアルに寄せるなら、デニムとのレイヤードスタイルなど、カジュアルアイテムをワンポイントで取り入れると良いでしょう。

フィッシュテールデザインのシャツワンピースは、きちんと感も高まりますし、女性らしさも自然と演出してくれます。

<nano・universe>【InRed 5月号掲載】【Vikka 4月号掲載】 タイプライター衿抜シャツワンピース

¥10,800

販売サイトをチェック
 

オンオフ使える大人服⑥リブニットノースリーブ

夏は一枚でスッキリと、秋冬はインナーとして活躍してくれるのが、ハイネックのリブニットノースリーブアイテムです。

縦シルエットを強調してくれるノースリーブアイテムは、今流行りのワイドシルエットをぐっと引き締めてくれるのにとても役立ちます。

ワイドパンツにフレアスカートはもちろん、先程ご紹介したペンシルスカートとの相性も良いので、着回し力に長けている一点といえます。

冬にはクルーネックセーターと合わせて、レイヤードスタイルを楽しめば、ワンランク上のキレイめコーデにまとめることができます。

<SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH>リブハイネックTシャツ(ノースリーブ)

¥2,052

販売サイトをチェック
 

オンオフ使える大人服⑦Vネックノースリーブワンピース

Vネックのノースリーブワンピースは、顔周りをスッキリと見せてくれるので、着痩せ効果が抜群です。

また、足元にもポインテッドトゥといった、シャープなアイテムを組み合わせることで、モード感のあるスタイリッシュなコーディネートに。

オンスタイルには、テーラードジャケットを合わせてかっちりとまとめるのも良いですし、インナーにシャツを合わせるのもオシャレ。

カジュアルならサンダルに、デニムのレイヤードで、ラフに抜け感のあるコーディネートにまとめてみましょう。

アクセサリーの合わせ方でも、オンとオフを使い分けることができますよ!

<URBAN RESEARCH Sonny Label>Sonny Label ポンチVネックノースリーブワンピース

¥6,372

販売サイトをチェック
 

オンオフ使える大人服⑧フレアスリーブブラウス

袖に特徴のあるブラウスは、今年の流行りのど真ん中な印象がありますよね!
今季の秋冬も、しばらくはボリューム感のあるトップスがトレンドとして注目されそうです。

中でもフレアスリーブタイプは、上品で清楚な雰囲気を一気に高めてくれるので、きちんと感のあるアイテムとも、カジュアル感のあるアイテムとも相性が良いですよ。

そのままトップスを主役にしたコーディネートも良いですし、タックインしてシルエットに変化を付けた着こなしも楽しんでみてください。

<UNITED TOKYO>シースルーギャザーブラウス

¥13,824

販売サイトをチェック

同じアイテムでも、バッグやシューズなど、少しテイストの違うアイテムを組み合わせるだけで、オンオフと変化をつけた着こなしを楽しむことができます。
オンスタイルはきちんと感重視、オフスタイルはラフ感重視と、意識するポイントを変えることが大切!

トレンドを取り入れつつも、安定感のあるコーディネートを目指してみてください。