LIFE STYLE

既婚者からのお誘いの断り方7つ!食事に誘われるのは不倫の始まり

アラサー女子の周囲の男性は、未婚男性だけではないので、既婚者の男性から誘われることもあるかもしれません。素敵な人だったら、嬉しい気持ちになってしまうこともあるかもしれないですね。

しかし、誘いに乗っても、結果として自分を苦しめてしまうかも……。
今回は、そんな既婚男性からのお誘いのかわし方をご紹介します。

 

既婚男性のお誘いのかわし方①意思表示をはっきりと

相手が気になっている男性の場合、お誘いを受けたら嬉しいですよね♡
しかし、相手が既婚者の場合、喜ぶのは危険です。

既婚男性は、どんな気持ちで食事やお出掛けに誘ってくるのでしょう?
既婚男性が食事やお出掛けに誘う場合、何か相談事がある場合は、あらかじめ「相談がある」と伝えてくる場合が多いですよね。

そうではない場合、単純に考えると、あなたと「二人で過ごしたいから」という理由からと考えるのが普通です。
趣味が合うので、一緒に楽しんだり、リフレッシュしたいという気持ちがあるのかもしれませんが、少し警戒したいところです。
その場合は、「奥さんを誘うと喜びますよ」とやんわりとお断りしましょう。その後に、家族やお子さんの話などすると、気まずさもなくなりそうです。

特に夜に誘うのは、その後の進展を期待しているという場合も。
あなたが誘いに乗った場合、既婚者の誘いに乗るということは、少なからず気があると思われてしまう場合もあるので、注意したいですよね。

また、万が一、好きな気持ちが芽生えたり、本気になってしまったら、辛い恋の始まりになってしまいます。
既婚男性とのお付き合いは、周囲の人に応援してもらえることはほとんどありません。
あなたの事を思っている人ほど、心配して反対するはずです。
終わりのない恋ほど辛いものはありませんよね。

上手に誘いを断って、周囲にも応援してもらえる、未来のある恋をしましょう!

 

既婚男性のお誘いのかわし方②「相談に乗るよ」はキケン!?

何かきっかけをつかもうと「相談に乗るよ」と相手が言ってくる時も注意したいですね。

既婚男性は余裕があり、ガツガツしていない分、落ち着いて頼りがいのある男性に見えることもあります。
弱っている時に、優しい言葉をかけてもらえるのは、誰だって嬉しいものです。
ですが、そこで心の距離を縮めてしまうのは危険です。
「ありがとうございます」「大丈夫です」などと言って、距離を取りましょう。

同じような理由で、既婚男性が家庭での話をしているからと言って、安心できるわけではありません。
家庭を大事にしているから大丈夫、と安心していたら誘われた、ということもあります。

既婚男性と接するときに「相談に乗るよ」というセリフには慎重に考えた方が良いでしょう。

 

既婚男性のお誘いのかわし方③二人きりにはならない

既婚男性からお誘いを受けていると感じたら、極力二人きりにはならないようにしましょう。
とは言っても、仕事関係の人ですと、なかなか会わないことは難しいですし、今後の関係も大切です。

食事に誘われても断れない場合は、誰かと一緒に行くべきです。帰り道が一緒になった場合も、コンビニや買い物、待ち合わせをしているなど、理由をつけて二人きりになることを避けるようにしましょう。
また、何度もおごってもらったりすることも、距離を取るという意味でも避けたいですね。

ですが、「誘う理由が仕事の場合」は、なかなか断りにくいですよね。
本当に仕事上の話の場合もありますし、そうだと思ったら途中から変わった……ということもあります。
仕事のことはきちんとコミュニケーションを取り、飲み過ぎないように、早めに切り上げましょう。

 

既婚男性のお誘いのかわし方④時にはきっぱりと断る

既婚男性は、悪く言えば“当たって砕けろ精神”で積極的に誘ってくる人もいます。
あまりにもしつこいようでしたら、きっぱりと、お断りしましょう。
断る際は、相手のプライドを傷つけないように上手に断ることがおすすめです。あからさまに断るのは、今後の人間関係にも影響します。

「恋人がいる」と言えば諦めてくれる人もいます。しかし、中には恋人がいるというアピールをしても「それでもOK」と気にしない場合があるので、「真面目に結婚相手を探している」ことを伝えるのがおすすめです。
また、「母が心配性で、毎週家に来ている」など、親の話を出すのも有効です。

軽率に誘ってくる既婚男性には、“気軽には遊ぶことはできない”という雰囲気作りが大切です。あくまでも、やんわりと、でもはっきりとした意思表示をして、隙を作らないようにしたいですね。

また、既婚男性の中には「特別感」を出してくる人もいます。冗談半分に、「もっと早く出会っていたら……」なんて言う場合もあります。しかし、それを真に受けてしまうのは危険です。
たとえ嬉しい言葉だとしても、「奥さんにも同じことを言っている」「今まで他の人にも言っている」と思い、自分だけが特別ではないと言い聞かせましょう。

メールやLINEでのお誘いは、いろいろ理由を作ってもいいので、きちんと断りましょう。

 

既婚男性のお誘いのかわし方⑤周りを巻き込む

上司に誘われると、断りにくいですよね。しかし、最初にきっちりと断っておかないと、後々に社内で問題になってしまう可能性もありますし、下手すると自分自身の職場でのポジションにも関わってしまいます。

職場の上司である既婚男性からの誘いを断る場合は、周囲の人を巻き込んでしまう方法が有効です。面と向かって直接断るのではなく、同僚の存在を上手く活用しましょう。

上司に飲みに誘われて断るのが難しい場合は、同じ部署の人たちも誘って、みんなで飲みに行くように話を持っていくのがおすすめです。
決して二人きりでは行かず、「~~さんが飲み会を提案してくれたので、みんなで行きましょう!」と積極的に周りを巻き込むようにしましょう。
そして、お店に入ったらその上司とは少し距離のある席に着くようにするとより効果的です。

重要なのは、あくまでも仕事上の付き合いであることを、しっかりと相手に把握させることです。そして、有無を言わさず当然のように「え?みんなで飲みに行くんですよね?」という姿勢で対応しましょう。

あくまでも部下として、上司と食事に行くだけだと相手に理解してもらい、変な期待を持たせないことが大切です。

また、どうしても誘いがしつこい場合や、断り切れない場合は、信頼できる同僚に相談し、協力してもらうようにしましょう。

 

既婚男性のお誘いのかわし方⑥奥さんの良さを認識させる

会社などで既婚男性からアプローチを受けた場合は、相手の奥さんや家族のことを話に出すと良いでしょう。
「〜さんの奥さん、いつも美味しそうなお弁当作ってくれるんですね。今日もきっと美味しいご飯を作って待ってくれてますよ」など、奥さんの存在を思い出させるように意識すると良いですね。

この時、くれぐれも奥さんに嫉妬しているなどと勘違いされないように気を付けましょう。あくまでも、相手の奥さんが素晴らしい女性だと認識させるために褒めるようにします。

「こんなに良い奥さんがいるのだから、大切にすべきですよね」という気持ちで受け答えをしていれば、相手もきっと考え直すはずです。

■大切な家族を思い出させて、不純な誘いはお断りしましょう!

また、相手の既婚男性にお子さんがいる場合などは、その点も指摘してみるといいでしょう。
「良いお父さんですよね」と相手を褒めれば、子供のことを考えて不純な気持ちにブレーキがかかるかもしれません。

相手には家庭があり、素晴らしい奥さんや可愛い子供がいることをしっかり認識させるようにしましょう。そうすることで、既婚男性のお誘いをかわすことができるはずです。

自分にとって既婚男性が恋愛対象ではないというアピールにもなりますので、けん制の意味を込めて、しっかりと奥さんの存在を思い出させるようにしましょう。
自分の妻を褒められるのは相手にとっても嬉しいことですので、上司と部下という関係を壊さず、円滑に当たり障りなく断る方法としてもおすすめです。

 

既婚男性のお誘いのかわし方⑦具合が悪いなどの小芝居

上記のような方法をいくつか試しても、どうしても断れなかった場合は仮病を使ってみましょう。この方法を何度も繰り返して行うことは難しいかもしれませんが、的確に誘いを断ることができます。

「実は朝から体調が悪くて」「熱があるようなので、今日は申し訳ありませんがご遠慮させていただきます」などと相手に伝えれば、それ以上は誘えなくなります。
嘘をついて周りに心配をかけるのは良くないことですが、どうしても誘いを断れない時などには非常に有効な方法ですので、試してみてください。

しかし、しつこい男性の中には、「体調が悪いなら俺が家まで送ってあげようか」などと言ってくる人もいるので要注意です。そういった場合は、しっかりと「大丈夫です」と断るようにしましょう。

「実家の父が心配して迎えに来てくれるので」と父親の話をするのも非常に効果的ですので、しつこい相手を断る際には試してみましょう。

■仮病を使ったら、きちんとアフターフォローをしましょう!

ただし、仮病とはいえ、体調不良で職場の人たちに心配をかけてしまうのは大人の女性としてあまり褒められる行動ではありません。仕事に影響が出ないように業務はしっかりとこなし、仮病を使って断るのは最低限にとどめた方が良いかもしれませんね。

もしも、仮病を使ったのであれば、翌日に「ご心配をおかけしました」と周囲の人にきちんとお詫びしましょう。


既婚男性の誘いは、仕事関係の人の場合、なかなか断りにくいこともあります。
今後、不倫の関係にならないように断る自信がない場合は、お誘いの時点できっぱりと断ることが大切です。
既婚男性とはしっかりと距離を取って、未来のある幸せな恋愛をしたいですね♡