LIFE STYLE

黄ばみ予防のために。白い歯をキープする方法とは

ある日突然目につくことが多い歯の黄ばみ……。
歯磨きをしても、なかなか落ちることはありませんよね。

ではどうすれば白い歯をキープすることができるのでしょうか?
今回は基本のホワイトニングを含む、白い歯をキープするための方法をご紹介していきたいと思います!

 

あ、歯が黄ばんでる……。どうすれば良い?

歯は自分で鏡を見ないとわかりませんが、他の人からは頻繁に見られる部分でもあります。歯が黄ばんでいると、健康的には見えませんし、不潔な印象も……。

白い歯を保つことで清潔感が高まりますし、笑うことにためらいがなくなり、より表情が豊かにもなります。

ですが、飲食物を日々摂取することは避けられませんし、汚れや色素で汚れが付着してしまうことは仕方がないのです。

とはいえ、放置してしまうことが黄ばみにつながってしまいます。

いつもの日常の中から気をつけられること、そして黄ばみが気になった後に取るべき行動もご紹介していきます!

 

白い歯のキープ方法①着色の原因になる飲食物を避ける

黄ばみの原因の多くは、色素沈着があげられます。
これはだいたい想像できるかと思いますが、コーヒーや紅茶、赤ワインやお茶などがその原因となります。

これらの飲み物は色が濃いですし、一度ついてしまうとなかなか落とすことができません。

ですから、飲む時にはストローを使うなど、歯に直接つかない方法で飲むのがおすすめです。

また、食べものはカレーライスやチョコレート、ソース系の食べものは歯に色が付着しやすいので気をつけましょう。

特に酸が含まれる食べものや飲み物は、色素沈着の手助けをしてしまうので、注意したいですね。

 

白い歯のキープ方法②歯磨き粉を変えてみる!

色素が付着しやすい食べものや飲み物を避けるといっても、普段の生活の中で完璧に避けるには無理がありますよね。そうなると、その後にする歯磨きが大切になってきます。

最近では、ホワイトニングに力を入れた歯磨き粉も多く、歯磨きで歯の白さをキープすることもできるようになってきました。

ですが、ホワイトニング用の歯磨きには、研磨剤が使用されているものが多いので、歯が削られてしまうこともあるのです。

ですので、ホワイトニング用の歯磨き粉を選ぶときには、研磨剤が含まれているものではなく、汚れを浮かして取り除く効果が期待できるものを選んでみてください。

すでに黄ばんだ歯を改善するには、やや効果は弱いですが、歯が黄ばむ前の予防方法としておすすめしたい対策です。

 

白い歯のキープ方法③マウスウォッシュを併用する

こちらも予防の方法になりますが、歯磨き粉と合わせてマウスウォッシュを使うこともおすすめです。

マウスウォッシュを利用することで、汚れや細菌をより落とすことができますし、黄ばみの予防だけではなく、口内の環境を整えることもできます。

また、外出先で歯磨きができない場合にも、ポケットタイプのマウスウォッシュを持ち歩いていれば、短時間で口内洗浄をすることが可能です。

 

白い歯のキープ方法④歯医者さんでクリーニングを受ける

これまでは歯の黄ばみがそれほど気にならない、黄ばむ前の予防を中心にご紹介してきましたが、次は黄ばみが気になり始めたらどうするのが良いのかをご紹介していきます。

黄ばみが気になったり、特定の箇所に着色が目立つ場合には、自分で解決することはほぼ厳しいといえるかもしれません。

黄ばみや着色部分を爪楊枝や爪でこすり取ろうとしてしまいますが、硬いもので歯をこすってしまうと、表面のエナメル質が傷ついてより汚れが溜まってしまうことに繋がります。

ですので、歯医者で歯のクリーニングをしてみてください!
歯医者では口内の歯石も除去してくれますよ。

定期的に通うことで黄ばみも抑えられ、白い歯をキープすることができます。

 

白い歯のキープ方法⑤ホワイトニングをする

次にご紹介する方法はホワイトニングです。ホワイトニングは、先程のクリーニングと比べても保険が効きませんので、治療費が高くなってしまうのがデメリット。

ですが、いわゆる白い歯を手に入れるには最も最適な方法です。

日本人の歯はもともと黄味がかっているので、自然な歯の色に戻せたとしても、私達の想像しているような真っ白にはならないことが多いのです。

ですので、真っ白にしたい方にはホワイトニングが最適でしょう。

ホワイトニングにも最近ではいろいろな方法があり、自宅でマウスピースで簡単に行なうもの、歯医者さんで短時間で白くする方法もあります。

費用とスケジュールに合わせて、良い方法を選択してみてくださいね!

 

白い歯のキープ方法⑥食前に乳製品を飲む

記事冒頭では、色素沈着をまねく飲食物を避けるようにとお話しましたが、食前に摂取することで黄ばみを防止してくれる飲み物があります。

それが乳製品です。
牛乳やヨーグルトを食前に飲むことで、歯を包みこみコーティングしてくれます。

一杯口に含ませるだけでも違うので、ぜひ試してみてください。

また、乳製品の摂取とともに、食後はすぐに歯磨きやうがいをすることで、黄ばみを軽減することができます。

 

白い歯のキープ方法⑦食後すぐにうがいをする

以前までは、食後すぐに歯を磨くようにと言われていましたが、最近は歯を痛めてしまう原因となることから、食後は30分ほどあけてから歯磨きをすることが推奨されているようです。

ですが、食後すぐに歯磨きをしないと、口の中が気持ち悪かったり、汚れが残ったままだとより色素沈着が進むのではないかと心配になりますよね。

そんなときには、水でうがいをするのがおすすめ。

完全に汚れや色素が落ちるわけではありませんが、何もしないよりは色素沈着を防ぐ効果が期待できます。


歯は一度黄ばんでしまうと、なかなか取ることができません。
クリーニングやホワイトニングで定期的にお手入れをすること、そして予防に努めていきましょう。

特に予防は、普段の歯磨き習慣の中でできることばかりです。
外出先でもデンタルケアシートやポケット型マウスウォッシュを利用して、口内を清潔に保つようにしてくださいね!