BEAUTY

胸を盛る水着の選び方とは?簡単にできるバレない盛り方もご紹介!

夏や海外リゾートに行った時は海やプールで遊びたいです。しかし、小さい胸が原因で水着姿になりたくないと感じている女性は少なくありません。そこで今回は、盛れる水着の選び方と簡単に胸を盛る方法をご紹介します。

 

小胸さんでも大丈夫!盛れる水着の選び方

プールや海に行く時は水着を着こなしたいですよね。しかし、胸が小さかったり、谷間がなかったりすると、水着姿に自信を持てません。小さい胸に悩んでいる人は、盛れる水着でスタイルアップを目指しましょう。まずは、盛れる水着の条件をチェックしていきます。

■ワイヤー入り
ワイヤーなしビキニは胸を寄せられないので、胸が小さかったり、離れていたりすると谷間ができません。盛りたい人は胸を寄せたり、形を整えたりできるワイヤー入りの水着を選びましょう。

■3/4カップ
胸を盛るなら3/4カップブラを選ぶのがポイント。胸をすっぽりと覆うフルカップのブラは、バストが小さく見えてしまうので注意してください。

■胸元にフリルが付いたデザインやバンドゥビキニ
ふんわりとしたフリルが付いたビキニは、胸元をボリュームアップしてくびれを強調してくれる小胸女性の味方。また、バンドゥビキニは谷間を隠せるので、胸元に自信がなくても着やすいです。

特に、フリンジやフレアが付いたバンドゥビキニは、寂しい谷間を隠して胸を大きく見せてくれるので、胸が小さい人におすすめです。

■ホルターネック
ホルターネックタイプの水着は胸を中心に寄せやすいため、胸を盛るときに役立ちます。バストトップが離れていて谷間ができにくい人にもおすすめです。

■膨張色・柄入り
暖色や白などの膨張色やペイズリー柄などの水着は、目の錯覚で胸を大きく見せてくれます。ビキニを着る場合は、ブラを膨張色、ショーツを黒などの引き締め色にすると、差が強調されて胸が大きく感じるでしょう。

■小さめサイ
胸を盛る時はいつもよりワンサイズ小さい水着を着るのも効果的です。小さいサイズを選べば、カップから脂肪が溢れて胸が大きく見えます。しかし、小さいサイズの水着で胸元を締め付けると、形が崩れてしまうこともあるので、購入時はしっかりと試着してください。

 

水着で胸を盛るテクニック【1】ヌーブラを使う

ヌーブラは胸を盛る時に大活躍のアイテム。水着の下にヌーブラを付けると、ナチュラルにスタイルアップして谷間もできやすいです。

■水着の時はビーチ用
水着で胸を盛る時は、防水タイプのビーチ用ヌーブラを使いましょう。一般的なヌーブラは水に濡れると粘着力が低下してしまうことがあるので、避けてください。

■胸を盛るヌーブラの着け方
谷間を作りたい時は、ヌーブラをできるだけ体の外側に貼るのがポイント。フロントホックが下を向くように縦長に貼ると、胸が寄せられて谷間ができやすいです。上から水着を着たら、鏡を見てヌーブラがはみ出していないかチェックしてください。

 

胸を盛れるおすすめのヌーブラ▶NuBra(ヌーブラ) ヌーブラ・ビーチ プラスⅡ

安定した着け心地ながら、しっかりとバストを寄せてくれるヌーブラ。シリコン100%で、まるで本物のバストのような質感です。トレンドデザインの水着から三角ビキニまでさまざまな水着で胸を盛れます。

NuBra(ヌーブラ) ヌーブラ・ビーチ プラスⅡ

¥6,156

販売サイトをチェック
 

水着で胸を盛るテクニック【2】インナーブラを使う

インナーブラも水着で胸を盛る時に使えるアイテム。ボリュームを出したり、形を整えたりして水着を着るときのコンプレックスを解消してくれます。インナーブラを買う際は、持っている水着の形をしっかりと確認してはみ出さないものを選んでください。

 

胸を盛れるおすすめのインナーブラ▶AMPHI(アンフィ) 水着用インナーブラ

ビキニの下に着用して胸を盛るアイテム。胸を下から支えて小さい胸や垂れた胸をカバーし、美バストをメイクします。シンプルなデザインなので、どんな水着とも相性が良いでしょう。

AMPHI(アンフィ) 水着用インナーブラ

¥1,566

販売サイトをチェック
 

水着で胸を盛るテクニック【3】パッドを使う

パッドは胸を盛るだけでなく、水着と胸の隙間の対策にも役立つアイテム。胸の形に合わせてレモン型や丸型など複数のパッドを付ければ、理想の美バストをゲットできます。

海やプールでアクティブに遊びたい人は、水着にパッドを縫い付けてしまうのもおすすめ。しっかりと水着に固定しておくと、体を動かした時にパッドがずれて恥ずかしい思いをする心配もありません。

 

胸を盛れるおすすめのパッド▶三愛水着楽園(さんあいみずぎらくえん) NATURAL-FIT-PAD ボリュームアップ水着パッド ワイヤーブラ用

胸全体をボリュームアップしたい人に向いている水着用のパッド。厚めのパッドで小さい胸を自然に大きく見せられます。パッドだけでは物足りない人は、ヌーブラと一緒に使うとさらに盛れるでしょう。

三愛水着楽園(さんあいみずぎらくえん) NATURAL-FIT-PAD ボリュームアップ水着パッド ワイヤーブラ用

¥1,620

販売サイトをチェック
 

水着で胸を盛るテクニック【4】医療用テープで谷間を演出

最近、小胸に悩む女性から注目されているのがドラッグストアなどで買える医療用テープで胸を盛る方法。ヌーブラやパッドと比べて厚みがないのに、くっきりとした谷間を作れると評判です。

■用意するもの
防水タイプの医療用テープ(テープ幅が50㎜以上のもの)

■医療用テープを使った胸の盛り方
1.左手で右胸を左斜め上に向かって持ち上げます。
2.左脇からバージスライン※を通るように右胸の外側までテープを貼ります。
3.同じように右脇から左胸の外側までテープを貼ります。
4.胸の中心のテープをつまんで幅を狭くします。
5.鏡を見ながらテープがはみ出ていないかチェックします。

※バージスラインとは胸とおなかの境目です。

敏感肌の人は肌荒れしてしまうことがあるので、二の腕の内側などにテープを貼ってパッチテストをしておきましょう。

 

水着で胸を盛るテクニック【5】コントゥアリングメイクで立体感アップ

顔の立体感をアップさせる時に使われるコントゥアリングメイクは、胸を盛る時にも使えます。ハイライトとローライトで光と影を操り、ナチュラルな美バストを演出しましょう。

■コントゥアリングメイクを使った胸の盛り方
1.ローライトを谷間の影と鎖骨の上下に入れます。
2.ハイライトを鎖骨と胸の上部に入れます。
3.スポンジでハイライトとローライトをぼかします。

■コントゥアリングメイクの注意点
海やプールに入ると、メイクが落ちてしまうことがあります。水着の時は崩れにくいコスメを使い、数時間おきにメイク直しをするのがおすすめです。

 

胸を盛れるおすすめのコスメ▶NYX PROFESSIONAL MAKEUP(ニックス プロフェッショナル メイクアップ) ワンダースティック

ハイライトとローライトがセットになったフェイスカラー。肌馴染みが良く、色が浮きにくいので、胸を盛るときに役立ちます。しっかりとぼかして使うのがポイントです。

 

水着で胸を盛るテクニック【6】グリッターやラメを使う

胸にグリッターやラメを付けると、光が集まってバストがボリュームアップします。グリッターやラメはナチュラルなツヤも出してくれるので、セクシーなメリハリボディになれるでしょう。

最近はラメ入りのボディオイルなども販売されているので、簡単に胸を盛りたい人にもおすすめです。

 

胸を盛れるおすすめのボディオイル▶NUXE(ニュクス) プロディジュー ゴールド オイル

さらっとしたテクスチャーで暑い季節でも使いやすいオイル。ゴールドオイルが光を集め、バストにボリュームを出したり、ゴージャスな雰囲気を演出したりします。ボディだけでなく髪にも使えます。

NUXE(ニュクス) プロディジュー ゴールド オイル

¥4,536

販売サイトをチェック
 

水着で胸を盛るテクニック【7】大きめの小物を使う

谷間がない胸元をコンプレックスに感じている人は、大きめのネックレスを使うのも良いでしょう。ネックレスを付ければ、自然に谷間から視線をそらせます。また、胸元の寂しい印象も和らげられるので、小さいバストが気にならなくなるでしょう。

大きめのネックレスを持っていない人は、サングラスを胸元にかけてみてください。


胸がコンプレックスで水着姿に抵抗を感じる女性は多いはず。胸が小さい人や谷間がない人は、ナチュラルに胸を盛る方法を試してみましょう。胸を大きく見せられると、自信を持って水着を着こなせます。