LIFE STYLE

食べ方が汚い女性は好感度が下がる!?やりがちな人の特徴とは?

いくら服装や髪型を綺麗にしていても食べ方が汚いと台無し。音を立てたり、こぼしたり……意外と無自覚な人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、食べ方が汚いと思われる女性の特徴や食べ方が汚い原因、汚い食べ方を改善する方法などをまとめてご紹介します。

 

食べ方が汚い人は要注意!

ナイフとフォークを使う女性

食べ方が汚い人は、男女問わず最悪な印象を与えてしまいます。
場合によっては、二度と一緒に食事したくない!と思われてしまうことも。

テレビなどでも、綺麗な女優さんが汚い食べ方をしていると幻滅してしまいますよね。特に異性にモテたい人は、要注意です。食べ方が汚いと100年の恋も一気に冷めてしまいますよ。

大人になると汚い食べ方をしていたとしても、はっきりと注意してくれる人はいなくなるので、汚い食べ方をしていないかどうか自分で判断する必要があります。もし、少しでも自覚があるなら、この機会に改善してみてはいかがでしょうか。

 

食べ方が汚いと思われる女性の特徴は?

スプーンを咥える女性

食べ方が汚い女性にはどのような特徴があるのでしょうか?自分が当てはまっていないかチェックしましょう。

■お箸の持ち方が変

お箸やスプーン、フォーク、ナイフなどの持ち方や扱いが悪いと恥ずかしいですよ。お箸がきちんと持てないのは、子供の時にしっかり注意されなかったことが大きな原因となるため、育ちが悪いと思われてしまいます。
また、共有で食べるお皿に自分のお箸やフォークを直接入れるのは、マナー違反です。

■肘をつく

テーブルに肘をつきながら食事する人は、だらしなく見えてしまいます。肘をつかないことを意識するだけで、ずいぶん印象は変わります。

■咀嚼音が大きい

咀嚼音がくちゃくちゃとうるさい人のことは「クチャラー」と呼ばれ、大変嫌われています。これは、咀嚼する時に口が開いているのが原因。クチャラーと一緒の空間にいるだけで、寒気がする……という人も。どんなに美人の女性でも一気にイメージが悪くなってしまいます。

■口にものを入れたまま喋る

仲良しの友達や恋人との食事は、たくさんお喋りしたくなりますよね。つい口に食べ物を入れた状態で喋ってしまうことも。口の中が見えると相手は不快な気持ちになってしまうので注意しましょう。喋るか食べるかどちらかにしましょう。

■音を立てる

フォークやナイフ、グラスを持つ時にガチャガチャと大きい音をたててしまう人は雑な人だと思われやすいですよ。また、パスタなどを食べる時にズルズル音を鳴らすのも敬遠されます。

■食事をこぼす

食べ物をポロポロとこぼしてしまう人は悪印象。子供なら可愛いで済みますが、大人の女性が食べこぼすのはみっともないですよ。食べ物をこぼしやすい人は、小さくカットして口に運んだり、こぼしにくいメニューを頼むように心掛けましょう。

■料理を混ぜる

綺麗に盛り付けられた料理をはじめから跡形もなく崩してしまうのはNG。出された料理はできるだけ、綺麗な盛り付けの状態をキープしながら食べましょう。カレーなども全部混ぜてしまうと、子供が食べ散らかしているように見えてしまいます。

■髪が料理に入る

髪が長い場合、ラーメンやうどんなどのお皿に入ってしまうこともありますよね。何度も髪をかき上げながら食事するのは不衛生です。髪が入りそうな時は、きちんとゴムで結びましょう。

 

そもそも食べ方が汚い原因って?

食事する子供

そもそも食べ方が汚い原因は、育った環境が大きく影響している、と言われています。

親に注意されなかったり、親も食べ方が汚かったり。その場合は、自分の食べ方が汚いことに気付いていない人が多いです。また、人前で食事をした経験が少なく、食事の正しいマナーを知らない場合もあります。

ただ、汚い食べ方をしている人も、自覚さえできれば改善する方法はありますよ。

 

汚い食べ方は努力すれば直せる!

お箸を使う外国人女性

汚い食べ方を改善するには、まずは自分の食べ方の欠点に気付くことが大切。

汚い食べ方の改善方法【1】姿勢を正す

食事中の猫背はNG。背筋を伸ばしてきちんと椅子に座ることから始めましょう。また、利き手の反対の手はお皿にそっと添えるなど、両手で食事できるように心掛けてくださいね。

汚い食べ方の改善方法【2】お箸の持ち方を直す

お箸の持ち方が変なのは、自覚しやすいですよね。お箸の持ち方は練習次第で綺麗に持つことができますよ。

汚い食べ方の改善方法【3】口を閉じて食事する

クチャクチャと咀嚼音を鳴らしてしまう人は、口を閉じて食べるようにしましょう。食べ物を噛むときは口を閉じる!と意識してくださいね。

汚い食べ方の改善方法【4】少しずつ食べる

一気にたくさんの食べ物を口に入れてしまうと、汚く見えるので注意。一口の量は少なめにすることで、口を閉じて食事しやすくなりますし、こぼす確率も減ります。

汚い食べ方の改善方法【5】お皿を汚さないように心掛ける

お皿をできるだけ汚さないように食べよう!と意識するだけで、食べ方が綺麗になりますよ。ソースやドレッシングを散らしたり、お皿の上で食べ物を混ぜたりしないようにしましょう。

 

食べ方が汚い夫や彼氏と食事する時の対策は?

レストランで食事するカップル

夫や彼氏の食べ方が汚いと、外食するのも辛いですよね。そんな時はどのように対応すれば良いのでしょうか。

■少しずつ注意する

夫や彼氏には、汚い食べ方を直してもらいたいのが本音ですよね。その場合は、少しずつ注意して様子を見ましょう。プライドが高い男性の場合、一気に注意すると拗ねてしまうこともあるので要注意。
長期間で改善できるよう、あまり焦らないことも大切です。

■外食しない

外食で恥ずかしい思いをするのが嫌な場合は、家での食事を楽しむと良いでしょう。手料理を振る舞いつつ、食事のマナーを少しずつ教えていく方法もあります。
手料理で胃袋を掴めば、二人の関係も良くなるでしょう。

■我慢できない場合は別れる

どうしても汚い食べ方をする男性に我慢できない場合は、別れるのも良いでしょう。食事のマナーが合わない人とは、いずれ価値観も合わなくなります。


食べ方が汚い女性の特徴や改善方法などをご紹介しました。食べ方が汚い人とは一緒に食事したくなくなってしまうので、誘われる回数も減ってしまいます。ぜひ、自分の食べ方マナーをもう一度見直して、どこで食事しても恥ずかしくないよう心掛けましょう。