LIFE STYLE

ハイビスカスティーの効果・効能とは?飲み方やアレンジ方法も!

ハイビスカスティーはローゼルという植物から作られているハーブティー。健康や美容に効果的で女性に人気です。ここでは、ハイビスカスティーの効果・効能や作り方、飲み方、アレンジ方法などをご紹介します。

 

ハイビスカスティーとは?

ハイビスカスティーはローズヒップティーと並んで「赤いハーブティー」として有名。健康や美容にさまざまな効果・効能を期待できると注目されています。そもそも、ハイビスカスティーとは、どんなものなのでしょうか。

「ハイビスカス」というと、色鮮やかな南国の花を思い浮かべますが、ハイビスカスティーの材料は一般的にハイビスカスとして知られている花ではありません。ハイビスカスティーに使われているのは日本では「ローゼル(ベニアオイ)」と呼ばれる植物です。

ローゼルは古くから世界各地で食用を中心に育てられてきた植物。ローゼルのお茶は「クレオパトラも飲んでいた」と言われるほど昔からあり、台湾では砂糖漬けにしたローゼルを食べることも多いです。

日本では、ハイビスカスティーはハーブティー好きや健康・美容に関心が高い人を中心に飲まれているだけでなく、沖縄のお土産としても人気です。

 

ハイビスカスティーの効果・効能は?

 

ハイビスカスティーの効果・効能【1】疲労回復

リラックスしている女性

ハイビスカスティーは独特な酸味があるハーブティー。酸味の元であるクエン酸は疲労物質の乳酸を分解して新陳代謝を助ける働きがあるため、疲労回復や夏バテの解消に効果を期待できます。

また、クエン酸の酸味は唾液や胃液の分泌を促進し、疲れで低下した食欲を増進させる効果もあると考えられています。

 

ハイビスカスティーの効果・効能【2】健康維持

健康的な女性

ハイビスカスティーはクエン酸やビタミンCなどの栄養素が豊富です。これらは健康にも良いと考えられていて、ハイビスカスティーは血液をサラサラにしたり、高血圧や便秘を予防したりするとも言われています。

 

ハイビスカスティーの効果・効能【3】むくみ解消

女性の脚

むくみは食生活の乱れや運動不足などで起こるトラブル。特に、塩分を摂りすぎると、体内に水分が溜め込まれて顔や脚などがむくむことが多いです。むくみが起こると、実際よりも太って見えたり、疲れが溜まったりするでしょう。

ハイビスカスティーはむくみの解消にも効果的です。ハイビスカスティーのカリウムは塩分の排出を促し、体内に余分な水分が溜まるのを防ぎます。

 

ハイビスカスティーの効果・効能【4】ダイエット

ダイエット中の女性

クエン酸と共にハイビスカスティーに酸味を出しているリンゴ酸は脂肪を分解してエネルギーを作る働きがあるので、ダイエットに役立ちます。

また、ハイビスカス酸はデンプンを糖に変えるアミラーゼ活性を阻止するため、ハイビスカスティーを飲んでいると、炭水化物を摂っても太りにくいです。

 

ハイビスカスティーの効果・効能【5】美肌

美肌の女性

1杯のハイビスカスティーにはレモン1個分以上のビタミンCが含まれています。ビタミンCはメラニン色素の合成を抑制したり、すでにできてしまったメラニン色素を薄くしたりするため、シミやソバカス、色素沈着の予防に効果を期待できます。

また、ビタミンCにはコラーゲンの合成やターンオーバーを促したり、老化の原因である活性酸素の働きを抑えたりする作用もあります。ハイビスカスティーを飲めば、ハリや透明感のある美肌を目指せるでしょう。

 

ハイビスカスティーの作り方

ハイビスカスティーはローゼルの花びらではなく、ガクを使って作ります。基本的なハイビスカスティーの作り方は次の通りです。

1.ローゼルの実からガクを取り出す
2.ガクを洗って2~3日間乾燥させる
3.密閉容器で保存する

 

ハイビスカスティーの効果的な飲み方

ハイビスカスティーの正しい飲み方をチェックしてみましょう。

1.ティーポットに適量の茶葉を入れる
2.お湯を注ぎ、3~5分程度蒸らす
3.茶こしで茶葉を取り除く

ハイビスカスティーをしっかりと抽出するために必ず沸騰したお湯を使いましょう。アイスティーを飲む場合は、濃いめにハイビスカスティーを作って氷入りのグラスに注ぐのがおすすめです。

効果・効能を最大限に引き出すには、ビタミンCを含むローズヒップを合わせるのが良いでしょう。

 

ハイビスカスティーのアレンジ方法

ハイビスカスティーは独特な酸味がある飲み物。「酸味がおいしい」と感じる人もいますが、「すっぱい」「まずい」と思う人もいます。ハイビスカスティーが苦手な人は次のようなアレンジを試してみましょう。

■ハチミツを入れる
ハイビスカスティーにハチミツを入れると、ハチミツの甘みで酸味が中和されて飲みやすくなります。

■カルピスを入れる(アイスの場合)
アイスでハイビスカスティーを飲む場合は、ハイビスカスティー150mlに対して10mlの割合でカルピスの原液を入れてもおいしいです。

 

市販のおすすめハイビスカスティー▶TWININGS(トワイニング) ローズヒップ&ハイビスカスティー

鮮やかな赤色の見た目とさわやかな味で心身をリフレッシュさせてくれるローズヒップ&ハイビスカスティー。肌や髪のダメージが気になる時や疲れが溜まっている時におすすめです。飲みにくいと感じたら、ハチミツなどで甘みを加えましょう。

 

ハイビスカスティーの注意点

ハイビスカスティーを飲む時は2つの点に注意しましょう。

■妊娠中や授乳中は避ける
妊娠中や授乳中にハイビスカスティーを飲むと、赤ちゃんやママの体に影響が出る可能性があります。市販のハイビスカスティーにはカフェインが含まれているものもあるので、妊娠中や授乳中はできるだけハイビスカスティーを控えた方が良いでしょう。

■体調に注意する
体質によってはハイビスカスティーで何らかの副作用が出る可能性も否定できません。ハイビスカスティーを飲み慣れていない人は薄めに抽出したものを1日1杯程度飲むことから始め、体調を見ながら濃さや量を調節しましょう。


ハイビスカスティーはローゼルのガクから作られたハーブティー。健康や美容に良いと注目されています。疲れている時や肌トラブルが気になった時はハイビスカスティーを試してみてはいかがでしょうか。