BEAUTY

ボディクリームはいつ塗る?正しい塗り方を覚えて肌乾燥をケアしよう

何となく塗っているボディクリーム。
実は塗り方のコツを押さえるだけで、もっと効果的にボディクリームを使うことができるというのをご存知でしたか?

正しい塗り方を知って、より効果的なボディケアを行いましょう。

 

正しいボディクリームの塗り方①適量を塗ろう

まず、ボディクリームを塗る際の適量を知りましょう。

ボディクリームは、1パーツごとに適量を出して塗りこんでいきます。
1パーツとは、片腕、片足、お尻……などです。

1パーツごとに100円硬貨大程度の量のクリームを出して、お肌に塗りこんでいきましょう。

乾燥がひどい場合には、500円硬貨程度でも良いかもしれません。

 

正しいボディクリームの塗り方②塗るタイミングを知ろう

ボディクリームを塗るのに適しているのは、お風呂上がりです。

なぜなら、お風呂上がりは体温が上がり、毛穴が開いているのでお肌により潤いが浸透しやすいからです。
お風呂上がりの塗れた肌は、タオルで拭くことによってどんどん乾燥していきます。
そのため、ボディクリームの成分が浸透しやすいタイミングで塗るのが最適だと言えるでしょう。

タオルで完全に水分を拭き取る前の、しっとりと濡れた状態の柔らかな肌にボディクリームを塗るのがおすすめです。
肌が湿っている状態は、ボディクリームが肌全体に馴染みやすく、全身に行きわたりやすくなります。
お風呂上がりの湿った肌に塗ることで、より瑞々しいお肌を目指すことができます。
また皮膚も清潔なため、肌荒れなども回避できるでしょう。

湿った肌にボディクリームを塗り終えたら、最後にタオルで軽く水分を取りましょう。
擦るように拭くのではなく、ポンポンと上から押さえるようにして水分を取るようにしてください。
せっかく塗ったボディクリームが落ちてしまうだけではなく、タオルの摩擦による乾燥は肌荒れの原因にもなってしまいますので、優しく水分を取るようにしましょう。

 

正しいボディクリームの塗り方③腕~手にかけて塗る場合

腕や手にボディクリームを塗る際に気をつけたいのは、小じわにしっかりとクリームが入り込むことです。

特に手のひらの小じわ、ひじの小じわなどにはしっかりクリームを染みこませたいので、手のひらを使って丁寧に、そしてひじを曲げるなどしてしわの内部に塗りこむようにしましょう。

 

正しいボディクリームの塗り方④脚に塗る場合は?

脚にボディクリームを塗る際には、ひざやかかとなどの乾燥しやすい部分に注意して塗りましょう。

また、忘れがちなくるぶしにもしっかり塗ることで、うっかり乾燥して黒ずみを起こすのを避けることができます。

見えないところにまでしっかり塗りこむのが、ボディクリームを塗るポイントです。

 

正しいボディクリームの塗り方⑤マッサージしながら塗ってみよう

ボディクリームを塗る際に、マッサージしながら塗ると血行も良くなり一石二鳥です。

全身に塗る際には、リンパを軽く押しながら塗っていくと、血行促進やむくみ解決に効果的です。
ひざ裏や太ももの付け根など、リンパのこりをほぐしていくなら毒素の排出にも役立ちます。


ボディクリームで滑りをよくして、マッサージをすることで肌を内側から美しくすることができます。

 

正しいボディクリームの塗り方⑥ボディクリームの効果を高めるには?

ボディクリームの効果を高めるには、どんな方法があるのでしょうか?

ただボディクリームを塗るだけではなく、ケアにプラスするだけで効果を高めることができる方法がありますので、ぜひ実践してみてください。

■ボディクリームに美容液をプラスする!

いつも使っているボディクリームに、美容液をプラスすることで、よりお肌の状態が良くなります。美肌効果をアップさせるためにも、ぜひ美容液を使ってみましょう。
美白効果のある美容液や、ハリ・ツヤを出す美容液など、自分の気になる部分に効果的な美容液を使うのが良いでしょう。

ボディクリームを手に取った時に美容液を混ぜても良いですし、気になる部分に重ね付けするのも良いでしょう。
高価な美容液でなくても、プチプラなものや、大容量のもので構いません。気兼ねなく使える美容液をいつものボディクリームにプラスして、スペシャルケアにするのがおすすめな方法です。


■ボディクリームに美容オイルをプラスする!

ボディクリームは肌の保湿に欠かせないアイテムですが、より保湿力や、肌への美容効果を高めるために、オイルを混ぜる方法もおすすめです。
乾燥した肌にボディクリームを塗っても浸透しにくいため、オイルを足すことによって乾燥を和らげ、保湿力と浸透力をアップさせる効果が期待できます。

オイルは肌表面の角質を柔らかくし、ボディクリームの成分を奥まで浸透させてくれます。
保湿に効果的なホホバオイルやオリーブオイル、肌のターンオーバーを促し美白効果のあるアルガンオイルやアーモンドオイルなどがおすすめです。

ボディクリームを使ってマッサージをする際も、オイルをプラスすることでなめらかに滑りが良くなるので、ぜひ試してみましょう。


■ボディクリームは継続して塗り続けることが大切

ボディクリームの効果を最大限に得るためには、やはり毎日こまめに継続して塗ることが大切です。
お風呂場や脱衣所にボディクリームを置いておけば、服を着る前に塗れるので便利ですね。
毎日のお風呂タイムの最後のケアとして継続し、ボディクリームを塗ることが習慣化するようにしましょう。

 

正しいボディクリームの塗り方⑦ボディクリームを塗るべきシーズンは?

乾燥する季節にボディクリームは欠かせませんが、ボディクリームを塗るべきシーズンというのはあるのでしょうか?
実は、ボディクリームは1年中塗った方が良いというのが正解です。

肌は1年中乾燥や刺激を受けていますので、保湿や丁寧なケアが必要です。
冬の寒い季節は肌が乾燥していますし、夏の紫外線で日焼けした肌も保湿が重要なケアのポイントとなります。
そのため、ボディクリームは1年中、シーズンを問わずに塗るべきだと言えるでしょう。


■ボディクリームは、季節によって違う種類を使い分けしてみよう!

ただし、シーズンによってボディクリームの種類は変えた方が良い場合があります。
こっくりとした濃厚なボディクリームなどは、冬場などの乾燥が気になる季節には最適ですが、夏場などの肌がべたつくような気温が高い日には、少し重すぎると感じてしまいます。
保湿力の高い濃厚なコクのあるボディクリームは冬に使用し、夏はさらさらとしたテクスチャーで香りがさっぱりとしたタイプを使い分けるなどの工夫が必要です。

香りやテクスチャーの違いによって使用感も変わってきますし、何種類かを使い分けすると気分転換にもなりますので、毎日のケアを楽しみながらできるでしょう。
シーズンごとに異なるボディクリームを使い分け、1年中うるおいのある美しい肌を目指してくださいね。

 

そもそもなぜボディクリームを塗ったほうがいいの?

ボディクリームは、肌にうるおいを与え、乾燥を防ぐためには欠かせないケアアイテムです。
しかし、忙しい女性の中には毎日メイクする顔と違って「面倒くさい!」とボディクリームを使ったケアをついつい忘れてしまうという人もいるでしょう。
「毎日塗るなんて面倒」とお考えの方は、そもそもなぜボディクリームを塗るべきなのか?と思っているかもしれません。

■ボディクリームを塗るべき理由は?

ボディクリームは、肌にうるおいを与え、瑞々しい肌へと導くアイテムです。
肌の油分を維持したり、乾燥によって失われた水分を補給するために用いられるものです。

身体は顔のケアと違って、つい後回しにしてしまいがちですが、乾燥した肌をそのまま放置していると、かゆみや肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。
秋冬などの乾燥が深刻な季節はもちろん、紫外線の影響を受けやすい春夏など、1年中しっかりとケアをしなくてはいけません。

また、しっかりとボディケアをすることで、すべすべの肌になり、見た目にも自信がつきます。ボディケアは特別な時だけではなく毎日するからこそ効果が得られるものです。
すべすべ肌は、一日にしてならず!肌を露出する服装や、彼とのデートなど、いつ肌を見せる機会が訪れても大丈夫なように、日々のボディケアが大切です。

ボディクリームは、毎日継続して使うことでより効果を得られます。
お風呂上りはもちろん、気付いた時に肌に塗り込んだり、乾燥の気になる部分に重ね塗りをしたりと、頻繁にボディクリームを塗る機会を設けると良いでしょう。

■ボディクリームにはリラクゼーション効果もあり!

ボディクリームは良い香りのするものが多く、塗るときのマッサージにも使用できるので、リラクゼーション効果が得られるアイテムでもあります。
香りや塗った時の心地よさを感じることで、1日の終わりにリラックス効果を得られます。

また、様々な香りのボディクリームが売られていますので、香りを楽しむために使用するという方も多いです。
ボディクリームのフレグランス効果は持続性が薄いですが、ふんわり香るので、香水が苦手な人も香りを楽しむことができます。
香りの良いボディクリームはほのかに香るので、きつい香水をつけるよりも好印象だと言われています。男性からも評判が良い、という感想もありますので、ボディクリームの香りを楽しんでみてはいかがでしょうか?


肌のケアだけではなく、1日の疲れをリラックスさせる効果もあるので、ぜひボディクリームを全身ケアに使用してみましょう。


ボディクリームは、正しい塗り方を知ればもっと効果的に使うことが可能です!
潤うだけではなく、血行促進にも効果的な塗り方をマスターして、毎日の美習慣として取り入れましょう。
夏の日差しにも負けない、潤い肌をキープするためにぜひ実践してみて下さいね!