BEAUTY

スポーツジムはどうやって選ぶ?初心者必見のスポーツジムの選び方

スポーツジムには同じ目的の人間が集まっている分、トレーニングがしやすいという人も多いようです。そこで今回は、そんなスポーツジムにスポットを当て、初心者向けのスポーツジムの選び方をご紹介します。

 

自宅とスポーツジムの筋トレはどう違う?

筋トレマシン

会員制や24時間体制まで、スポーツジムはさまざまなタイプが増えており、その人の生活リズムや好みで選べる時代にもなりました。しかしスポーツジムというと、筋肉ムキムキの人やボディビルダーが多いイメージもあり、初めての人だと萎縮してしまうことも。

ですが、スポーツジムの館内にはトレーニングにかかわる器具やマシンなどが充実しており、自宅ではできない筋トレが実践できます。

当然トレーニングをするための場所なので、雰囲気も自宅とは全く違います。このため自宅ではいつでもできると怠けがちになりますが、スポーツジムに来た以上は筋トレをせざるを得ないので、自分を甘やかすことも少なくなるでしょう。

さらにスポーツジムには色々な人が通っていることから、友好関係が広がるきっかけにもなります。このようにスポーツジムは、自宅にはないメリットをたくさん持ち合わせているのです。

 

スポーツジムにも種類がある

ダンベルトレーニング

■公営ジム
公営ジムは町や市、区で運営しているジムを指します。体育館や競技場など、公共施設の一部分にあり、最も利用料金が安いです。値段は地域によって異なりますが、1回数百円で、時間制や1日中利用可能などシステムもバラバラ。定期チケットで、ひと月数千円で済むところもあります。しかし設備の少なさが難点で、時間帯によってはマシンが使えないなんてこともよくあります。

■会員制ジム
会員制ジムは、年や月別での会費を支払うことで利用できるジム。会費以外にも施設利用料金が別に発生し、公営ジムよりは費用が掛かります。最近は低価格のジムも増えてきており、プラン次第では安く抑えることも可能です。

会員制ジムは設備が充実しており、混雑する時間であっても目的の器具がすんなり使えることが多いです。筋トレ知識のあるトレーナーがいるのもポイントです。

■プライベートジム
プライベートジムは、個人向けのトレーナーがつきっきりになり、筋トレができるジムです。知識も豊富で筋トレを始め、食事などのアドバイスももらえるため、料金もかなり高め。その分、その人の特徴に合わせたトレーニングができるので、効果が出やすいといったメリットもあります。

 

自分に合ったスポーツジムの選び方①料金

計算中の女性

スポーツジムの選び方のポイントの一つに、料金があります。ジムで筋トレを行うには継続が必須で、通い続けるための予算も必要です。このため自分の経済力に合わせたジム選びがポイントになります。

上記のジムの種類でいうと、最も低価格なのが公共ジムで、その次が会員制ジム、プライベートジムの順番になります。ジムの利用価格に比例して、設備やサービスなども変化するので、どの程度の筋トレがしたいのかも考慮します。

例えば、ひと月に1万円ほどジムにお金を使えるのであれば、会員制ジムがおすすめ。数千円ほどであれば公営ジムがいいでしょう。

 

自分に合ったスポーツジムの選び方②通いやすさ

2人の女性

通いやすさというのは、自宅からスポーツジムの距離が主になります。というのも、ジム通いをやめてしまう原因には、家から遠く、通うのをやめてしまうケースが多いからです。

せっかくコストパフォーマンスが高いスポーツジムを見つけ、毎月お金を払っているのであれば、通い続けられる場所を選ぶのはマストです。

通いやすさのポイントになるのは、自宅からの距離だけでなく、学校や仕事の通り道にあるかも重要です。仕事の帰りに寄りやすい場所にあれば、通い続けることができますよね。

家から近い場合も、仕事や学校から帰ればすぐに行くことができ、休日も行きやすいため継続しやすいでしょう。

 

自分に合ったスポーツジムの選び方③設備やサービス

スポーツジムの風景

スポーツジム選びには、設備やサービスもポイントとして挙げられます。これはトレーニング専用の器具やマシンのみならず、シャワールームや化粧室などが充実しているかもポイント。サービス面では、館内の管理やマシンなどのメンテナンスができているか、シャワールームなどの清潔感もあります。

この点においては、会員制ジムやプライベートジムに軍配が上がり、設備やサービスなどが行き届いている所が多いです。特にプライベートジムに関しては、専用のルーム内で筋トレを実施し、全体的に管理も行き届いています。

ジムによってはヨガやエアロビクスなどのクラスを設けており、さまざまなトレーニングを楽しむことができます。しかしトレーニングをできる範囲は限られており、クラスを受けようとすると追加料金も発生するため、あらかじめ予算を決めておきましょう。

 

自分に合ったスポーツジムの選び方④トレーナーの有無や質

筋トレ女性

スポーツジムのトレーナーは、トレーニングのアドバイスがもらえたり、筋トレの補助などもしてもらえる頼もしい味方。しかし、人によってもそれぞれで、指導がイマイチなんてケースも多いです。

それが顕著に出るのが会員制ジムで、挨拶もしない不愛想なトレーナーなどがいると、筋トレのモチベーションが下がることもあります。質の高いトレーナーがいるかどうかをポイントに置いてジム選びをするのであれば、プライベートジムがおすすめです。

プライベートジムのトレーナーは、その人に合わせたトレーニングを考案し、アドバイスもほぼ的確で、食事メニューも一緒に考えてくれます。至れり尽くせりな分、料金も跳ね上がりますが、満足のいく対応をしてくれることでしょう。

公営ジムは管理人が数人いる程度で、知識がほぼない人もいます。この場合のトレーナーの有無や質に関しては、あまり期待しないほうがいいでしょう。


スポーツジムに通おうと思っても、何を基準に選べば良いのか悩む人も多いでしょう。そんな時は自分がどんなトレーニングをしたいかを基準にし、そこから料金や設備、サービスなどの質を考量してみるのも一つの方法です。ジムによっては見学や体験も可能なので、それらを賢く利用するのもおすすめです。