LIFE STYLE

オフィスでバランスボール!メリットやデメリットと使い方をご紹介

バランスボールは体幹トレーニングやフィットネスなどに役立つグッズ。ジムや自宅でも使えますが、オフィスで使用する人も増えています。ここでは、オフィスでバランスボールを使うメリット・デメリットやオフィスでのバランスボールの使い方をご紹介します。

 

オフィスでバランスボールを使うメリット

オフィスでバランスボールを使っている女性

「ダイエットや健康のために運動したい」と思っていても、仕事が忙しいとジムに通ったり、筋トレやウォーキングをしたりするのが難しいです。時間がなくても体を動かしたい人は、オフィスでバランスボールを使用してみてはいかがでしょう。

「目立って恥ずかしい」「仕事に集中できなさそう」などと心配する声もありますが、最近は椅子代わりにバランスボールを使う会社も存在します。まずは、オフィスでバランスボールを使うメリットを見ていきます。

■腰痛を予防・緩和できる
背もたれがなく、椅子と比べて不安定なバランスボールをオフィスで使うと、体を安定させるために腹筋や背筋が使われます。腹筋や背筋が使われれば、血行が良くなって疲労物質の排出が促されるため、腰痛を予防したり、緩和したりできることが多いです。

ただし、人によってはバランスボールの使用で腰痛が悪化することもあります。腰痛対策としてバランスボールを使いたい場合は、短時間の使用から始め、様子を見ながら時間を増やしていきましょう。

■姿勢が矯正される
腹筋や背筋が弱ると、正しい姿勢をキープできず、猫背になります。オフィスで毎日バランスボールを使っていれば、自然に腹筋や背筋が鍛えられるので、姿勢が良くなる人も少なくありません。

■椅子よりもストレッチやエクササイズをしやすい
背もたれの付いた一般的な椅子に座っている場合、仕事中にストレッチやエクササイズをするのは難しいです。一方、オフィスで椅子代わりにバランスボールを使えば、体を前後左右に動かしたり、脚を上げたりするだけで、筋肉をほぐしたり、鍛えたりできます。

■集中力がアップする
バランスボールを使用している間は全身に力が入っているので、緊張感があります。体が緊張状態になると、眠くなったり、ぼんやりとしたりせず、集中力が上がるという声も目立ちます。

 

オフィスでバランスボールを使うデメリット

オフィスで疲れている女性

オフィスでのバランスボールの使用にはデメリットもあります。

■疲労を感じる
運動不足の人がオフィスの椅子をバランスボールに代えると、疲労を感じます。特に、お尻から太ももにかけての下半身は疲れが溜まりやすく、「仕事の効率が下がった」などという意見も見られます。

■ダイエットに即効性はない
バランスボールを使うと、筋肉を鍛えられますが、オフィスでできる簡単なトレーニングでは、ダイエットに即効性を期待できません。「長期間続けてもダイエットには意味がない」と感じる人もいるので、バランスボールだけでのダイエットは避けた方が良いでしょう。

早く痩せたい人は食事制限や筋トレ、有酸素運動とオフィスでのバランスボールの使用を並行して行うのがおすすめです。

■素早く行動しにくい
オフィスで椅子の代わりにバランスボールを使っていると、立ったり、座ったりするのに時間がかかります。スムーズに落ちたペンを拾ったり、書類を取りに行ったりできないので、仕事がはかどらないと感じる人もいるようです。

■揺れで酔う
バランスボールに座りながら仕事をしていると、乗り物酔いをした時のような感覚になる人もいます。酔いやすい人は一般的なオフィスチェアとバランスボールを併用するのが良いでしょう。

■蒸れる
多くのバランスボールは塩化ビニールでできているので、長時間座っているとお尻が蒸れてしまうことがあります。蒸れは肌荒れに繋がるので、気になる人は通気性の良い座布団をバランスボールの上に敷きましょう。

 

オフィスで使うバランスボールのサイズ選び

さまざまなサイズのバランスボール

サイズが合っていないバランスボールを使うと、足が地面に付かずに転倒したり、仕事に支障がきたされたりします。オフィスでバランスボールを使う時は、次のポイントを押さえてサイズを選びましょう。

■身長や脚の長さ
座った時に膝が直角になるバランスボールを選びましょう。一般的には、身長150~170㎝の人には55㎝、165~185㎝の人には65㎝、185㎝以上の人には75㎝のバランスボールがおすすめです。

■机の高さ
オフィスでバランスボールを使用する場合は、机の高さに合わせて選ぶのも大切です。座ったときの沈み具合を見ながら「脚が机に当たらないか」「PCのモニターが見にくくないか」「他の人と比べて目線が高すぎないか」などを確認しましょう。

 

オフィスでバランスボールを使う時に気を付けたいこと

オフィスでバランスボールを使っている女性

オフィスでバランスボールを使用する場合は、次の点に気を付けましょう。

■臭い
ビニール製のバランスボールは独特な臭いを感じます。臭いが気になる場合は、塩化ビニール以外の素材でできたバランスボールを使いましょう。

■転がり
椅子代わりにバランスボールを使うと、立ったり座ったりする時にバランスボールが転がってしまいます。オフィスでは周りの人に迷惑をかけないように、固定リングを付けてバランスボールを使用しましょう。

 

バランスボールを椅子代わりにする際の使い方

バランスボールの効果を得るためには正しい姿勢で使うのが大切です。椅子代わりに使う場合の基本姿勢をチェックしましょう。

■足
腰幅よりも少し広めに開いて床につけます。膝は90度にしてから足を一歩前に踏み出しましょう。膝とつま先を同じ方向に向け、内股にならないようにしてください。

■骨盤
骨盤は反らしすぎず、倒しすぎないように座りましょう。恥骨を膝に対して直角にするのがポイントです。

■肩
肩を大きく後ろに回し、一番低い位置でキープしましょう。

 

オフィスでできるバランスボールを使ったトレーニングの方法をチェック!

 

オフィスでできるバランスボールを使ったトレーニング【1】腰回し

バランスボールに座っている女性

腰回しは骨盤の柔軟性アップに効果的。骨盤が柔らかくなると、血行が良くなって代謝がアップし、痩せやすくなったり、冷え性が緩和されたりします。

また、内臓を支える骨盤が安定すると、重力で下がった内臓が元の位置に戻り、ぽっこりお腹が解消されることもあります。

■バランスボールを使った腰回しのやり方
1.上半身を動かさずに腰を右に回す
2.同じように腰を左に回す
3.5回ずつ繰り返す
4.一日3セット行う

 

オフィスでできるバランスボールを使ったトレーニング【2】太ももの引き締め

バランスボールを使った太ももの引き締めトレーニングをする女性

美脚を目指す人は、オフィスでバランスボールを使って太ももを引き締めましょう。太ももを鍛えると代謝が良くなるので、痩せやすい体質も手に入れられます。

■バランスボールを使った太ももの引き締め方法
1.基本の姿勢でバランスボールに座る
2.片脚を上げて膝を伸ばし、つま先を天井に向ける
3.数秒キープしたら元に戻る
4.反対側も同じようにトレーニング
5.15回×3セット繰り返す

バランスを取りにくい人は無理のない範囲で脚を上げましょう。太ももに意識を向けると、効果がアップします。

 

オフィスにおすすめのバランスボール【1】TOKYU SPORTS OASIS(トウキュウ スポーツ オアシス) バランスボール リング付(エクササイズDVD&ハンドポンプ付)

フィットネスクラブが作ったバランスボール。本格的なトレーニングからフィットネスまでさまざまなシーンで使えます。固定リングが付いているため、オフィスでも使用しやすいでしょう。

TOKYU SPORTS OASIS(トウキュウ スポーツ オアシス) バランスボール リング付(エクササイズDVD&ハンドポンプ付)

¥5,122

販売サイトをチェック
 

オフィスにおすすめのバランスボール【2】SPICE(スパイス) ジェリーフィッシュチェア

クラゲのような形をしたバランスボール。おしゃれで安っぽく見えないので、オフィスで椅子代わりに使いやすいです。座り心地が良いため、仕事中のリフレッシュにも良いでしょう。

 

オフィスにおすすめのバランスボール【3】HATAS(ハタス) バランスボールチェア

椅子の上にバランスボールが付いたアイテム。転がらず、安定感があるので、オフィスでの使用に適しています。バランススボールは取り外せるので、自宅での体幹トレーニングなどにも役立ちます。


バランスボールは腹筋や背筋を鍛え、腰痛を緩和したり、姿勢を正しくしてくれるアイテム。仕事中に使うと、集中力が高められるという意見もあります。運動不足に悩んでいる人は、仕事用の椅子をバランスボールに代えてみてはいかがでしょう。