LIFE STYLE

長男の彼氏は甘えん坊?上手な付き合い方8つと注意点について

血液型よりも星座占いよりも信憑性があるのが、兄弟構成による性格診断です。診断結果を知った人たちからは、"お兄ちゃんタイプ"や"弟タイプ"は、そのまま実際の兄弟構成が影響していることが多いかも!?との感想もあがっています。
そんな兄弟構成による診断でも、頼られ上手で甘え下手、そんな印象がある「長男男性」の特徴とはどんなものなのでしょうか?
今回は、弟や妹がいる長男男性の性格や特徴、パートナーとしての上手な付き合い方をご紹介します。

 

あるある?意外?長男男性の性格【1】しっかり者で頼られ上手

普段から弟や妹の世話を焼く機会が多かった長男の男性は、しっかり者で頼りがいのある人が多いです。

単純に自分より年下の面倒を見ることが上手だということもありますが、それに伴って責任感がとても強いことも挙げられます。

また、「お兄ちゃんなんだから」と我慢する機会も多かったため、基本的に忍耐力があったり優しい男性が多いです。

いわゆる"みんなの兄貴"的な存在で、周りへの面倒見が良かったり、気配りできたりするタイプの人は、弟や妹がいる確率が高いのではないでしょうか。

 

責任感が強すぎるとこんなデメリットも

長男の男性は責任感が強いため、問題をひとりで抱え込んでしまうことがあります。

同時に"兄弟のなかで一番上"というプライドも持ち合わせているため、人に相談したり弱みを見せたりすることを嫌うパターンも。

何かトラブルを抱え込んでも一人で解決しようとして、その結果、心にダメージを負ってしまうことも……。

何か悩んでいる様子を見せたら、押しつけがましくない程度に優しくサポートしてあげましょう。


 

あるある?意外?長男男性の性格【2】意外と甘えん坊

兄弟のなかで一番上の人は弟や妹が生まれるまで、両親の愛情を独り占めしていました。

そして自分より小さな家族ができた途端、両親の目はどうしてもそちらへ向いてしまいます。

そんな時、グッとこらえて我慢してきた長男の男性は、心のどこかで"もっと甘えたい"という願望をくすぶらせていることが多いです。

相手の人となりを知るまではどちらかというと慎重ですが、彼女や妻など「この女性なら甘えてもOK」と思える人の前では、途端に甘えん坊になってしまいます。

外ではキリッとしているのに、二人っきりになったら甘えん坊になってくれるという可愛い一面もあるのです。

 

執着心が強くなるパターンも?

甘え下手な長男男性ですが、一度甘えても大丈夫だと思った彼女に対しては思い切り甘えることも少なくありません。
中には、甘えられる人にはとことん甘えてしまい、その人に対して強い執着心を持ったり束縛が強くなったりしてしまうこともあります。

甘え方が「ちょっといきすぎかな?」と感じたら、やんわり彼の甘えをセーブしてみましょう。
彼は少ししょんぼりするかもしれませんが、ずるずるベタベタした関係にならないためには必要不可欠です。

甘やかすところは甘やかし、普段は男性らしく堂々としてもらうという、メリハリが大切です。
パートナーとして、彼の甘え心や執着心をコントロールしてあげましょう!

 

あるある?意外?長男男性の性格【3】しっかりした女性を好む

長男の男性は、自身が責任感が強くしっかりしているため、パートナーとなる女性にはそれなりの自立心を求めるタイプが多いです。
いわゆる"妹系"の甘え上手な女性とも相性が良く見えますが、あまりにも主体性がなく彼任せなタイプは、徐々に疲れてしまうことがあります。

長男の男性は、経済感覚や自立心など、自分に近いものを持っている女性と上手くいく傾向にあります。
自分だけがしっかりしなくてはいけない関係ではなく、相手と一緒に支え合って生きていける関係を理想としています。

長男・長女同士のカップルが相性がいいことが多いのも、そういった理由に関係がありそうですね。

 

「お母さん」にならないように注意

実は甘えん坊なことが多い長男男性は、しっかり者の女性に対してどこか"母性"を求めがちです。
彼の要望のままに動いてばかりいる女性は、いつしか男女ではなく「お母さん」的な存在になってしまうこともあります。

本来はしっかり者であることが多い長男男性ですから、時にはこちらも甘えさせてもらいましょう。

 

あるある?意外?長男男性の性格【4】ほっと安らぐ瞬間が必要

上には親、下には弟や妹、という板挟みで過ごしていた長男の男性は、一人でほっと一息つくための時間が必要不可欠です。
弟や妹にペースを乱されたり、両親から干渉されたりしない"一人"の時間を、大人になってもずっと欲していることが多いです。

そのため、恋愛においてもパートナーの女性から強い干渉や束縛を受けることを嫌がる傾向にあります。

女性は男性よりも、好きになってしまうとついつい小うるさく束縛してしまいがちです。しかし、長男男性はそういった行動を疎ましく思い、破局につながってしまうパターンもあります。

一人の時間を大切にしている彼には、あまり強くかまわないようにしてあげましょう。

 

あなたのことをおざなりにしてしまうことも?

いくら一人の時間が大切だからと言って、全く会ってくれなかったり一緒にいても上の空だったりするのは考えものですよね。

付き合っていくうえでそういう機会が増えてきたら、我慢せずに気持ちを伝えて、お互いの意見をすり合わせるようにしましょう。

お互いの時間を大切にしつつ、一緒にいるときは2人の時間を共有できるようにするのが長続きするカップルの秘訣です。

 

あるある?意外?長男男性の性格【5】尊敬されたい

長男の男性は、兄弟のなかで一番上というだけあって、上下関係をできるだけはっきりさせたいと考えているのも特徴の一つです。

「お兄ちゃんだから」と我慢してきたことも多いですが、「お兄ちゃんだから」といい思いをすることも多々あったはずです。
「お兄ちゃんの言うことを聞きなさい」という言葉を聞いて育ったからこそ、プライドが高く、目下の人から偉そうにされることをとても嫌います。
その代わり、自分より目上の人に対してはきちんと礼儀正しく接することができるため、上下関係に従うというスタンスの人が多いようです。

また、いわゆる"褒められると伸びる"タイプであることも多いため、とにかく褒められたり尊敬されたりすることを好みます。

 

モラハラに注意!

長男ならではのプライドの高さから、亭主関白タイプになりがちなのが長男男性です。女性のことをどこか目下の人間だと勘違いしている節がある人は、モラハラ気質なことが多いです。

「女性はこうであるべき」というような考えの押しつけをしてくることもありますので、不快な場合は突っぱねてしまいましょう。

 

あるある?意外?長男男性の性格【6】家族を大事にする

長男の男性は、家を継ぐといった意思があったり、父親の後は自分が家を守ると考えている人が多いです。そのため、家族の事を心から大切にしている男性が多いのも特徴の一つと言えるでしょう。

特に、大人になってから親を大切にする長男男性は、実家で心配事や手伝ってほしい事があれば率先して手を貸したり、親に贈り物をする人もいます。

母親に対して感謝の気持ちを持っている長男男性は、母の日などには欠かさずプレゼントを贈っているようです。また、親だけでなく、兄弟や親戚を大切にしている男性が多いのも特徴です。

こういった特徴を持っている長男男性は、結婚後に奥さんの実家も大切にしてくれることが多いようです。これは結婚前でも同様で、彼女の家族や親戚のことも気遣ってくれる長男男性は多いでしょう。

まるで実の親のように自分の親も大事にしてくれる男性というのは、それだけでかけがえのない存在だと感じる女性も少なくありません。
もしも彼が自分の家族のことも大切にしてくれるのであれば、将来自分の家族ができた時も子供や奥さんを大切にしてくれる人だと言えるでしょう。

 

母親思いではなくマザコンだと大変!

家族思いなのはとても素敵な事ですし、お母さんに対して感謝の気持ちをもって接している人は優しくて、女性から見てポイントが高いですよね。

しかし、母親思いを通り越して、マザコンだった場合は話が別です。
彼が何かを決める時は必ず母親に相談するような男性だった場合は、注意が必要でしょう。

こういったマザコン気質の長男男性は、結婚後は母親の肩を持ったり、奥さんよりも母親を優先しがちです。しかも、それを指摘しようものなら「お前は母さんの事が嫌いなのか!?」と怒ってしまう事もあり得ます。

度が過ぎるマザコンの彼を持つと、彼女が苦労することが増えてしまいますので、よく観察しておいた方が良いでしょう。
彼にとっては大好きなお母さんですので、多少の我慢は必要ですが、彼の実家と少し距離を置くなどの対処が必要になる事もありますので、よく考えてみて下さいね。

 

あるある?意外?長男男性の性格【7】仕事でもプライベートでも男らしい

長男の男性は、実家で頼りにされて育ってきた人が多く、親兄弟から信頼されている「自信」が身についています。こういった男性はプライベートでも仕事でも、男らしくて頼りがいのある人が多いでしょう。

プライベートにおいては、彼女を積極的に引っ張って行くような精神的な男らしさや、男性として頼りになる部分は大抵持ち合わせていることが多いです。

例えば、重い荷物を彼女には持たせない気遣いや、いざという時に堂々と対応できる男らしさなどは、女性にとって大きな魅力です。

また、会社でも部下に信頼されている兄貴肌な気質の人が多く、弟や妹に対しての態度のように、後輩の面倒見が良い所が評価されている人もいます。

本人も、「長男として頼りにされている」ということをしっかり認識しているので、多少きついことがあっても、自分が解決するという姿勢で挑みます。
長男としてのプライドや、男性としての自信がそういった姿勢に現れるのでしょう。

 

実はストレスに弱く、心がポキっと折れやすい

プライベートでも会社でも、いつも男らしくて頼りがいがあるのが長男男性の特徴ですが、こういった男性は、一度挫折を味わうと立ち直るのが難しいという性質も持っています。

常に人に頼られ、責任感を持って行動している男性が多いので、プレッシャーを感じやすく、実は相当なストレスを抱えている場合があります。
いつも男らしく振舞わなくてはならないという重圧を受け続けている人が、何かの拍子にストレスに負けて心が折れてしまうことも……。

ストレスを外に出すことが苦手な人が多く、プライドの高さから他人に弱音を吐けずに、心に溜め込んでしまう長男男性も少なくありません。
こういった男性のストレスが限界まで溜まって爆発してしまうと、心を病んでしまうこともあります。

彼が男らしさを常に気にしているようなタイプだとしたら、あまりプレッシャーがかからないように、適度に愚痴を聞いてあげるようにしましょう。
ストレスを溜めてしまうのは彼のためにならないので、彼女という立場で出来る限りのサポートをしてあげましょう!

 

あるある?意外?長男男性の性格【8】世話焼き

家族の中でも頼りにされて育ってきた長男男性は、職場でも頼りにされていることがほとんどです。
責任感があり、面倒見のいい長男男性は、友達や同僚などから相談されると放っておけず、我が身のことのように一緒に考えてあげることも多いでしょう。

同僚や部下からは、親身になって相談に乗ってくれる長男男性のような人は、信頼できる兄貴肌な人だと非常に慕われます。また、女性陣からは頼りになる熱い男性だと言われることも多く、職場では人気の的です。

基本的に世話焼きなタイプが多いので、彼に相談をすると自分のことのように考えてくれます。
頼られることや、誰かにアドバイスをすることが好きな人が多く、人に感謝されたり、尊敬されるような人でいたいという男性が多いのも長男男性の特徴です。

 

面倒事に首を突っ込んだ挙句、対処できなくなることも

面倒見がよく世話焼きな点は長男男性の長所ともいえますが、自分の手に負えないような面倒ごとにも首を突っ込んでしまいがちという短所もあります。
キャパオーバーの相談事や問題に首を突っ込んだ挙句、自分自身では対処ができなくなってしまうこともあるのが困りものです。

こういった場合、余計なトラブルに発展してしまうこともあるので、はたから見ていると「放っておけばいいのに」と呆れてしまうこともあります。

世話焼きなのは彼の良い点でもあるので、ほどほどにするように伝えてあげるのも、彼女としては大切な役割かも知れません。

あからさまに「やめなよ!」と注意してしまうと、彼のプライドが傷付いてへそを曲げてしまう恐れがありますので、話を聞いてあげる中でやんわりと止めてあげましょう。
「ここから先は、あなたが言うよりも、本人が考えた方がその人のためになるよね」などと、アドバイスしてあげるのも有効です。


しっかりしているようで、意外と可愛らしいところも多いのが長男の男性です。
包みこむような優しさや、女性らしい奥ゆかしさがあれば、とても大切にしてもらえるかもしれません♡

彼の性格のタイプや特徴を攻略して、良いお付き合いにしていきましょう!