BEAUTY

お風呂で汗をかく方法は?入浴法やおすすめの入浴剤をご紹介!

お風呂で汗をかくと、健康や美容に効果的。すっきりとしてストレスも発散できます。ここでは、お風呂で汗をかく方法と汗をかきたい時におすすめの入浴剤をご紹介します。

 

汗の種類とは?

考えている女性

人間の汗腺は「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、出る汗の特徴が違います。

■エクリン腺から出る汗の特徴
・サラサラしていて粒子が細かい
・臭いは気にならない
・体温調節のために汗をかく
・辛い物を食べた時や緊張した時に汗をかくこともある
・主成分は水

■アポクリン腺から出る汗の特徴
・ベタベタ、ドロドロしている
・嫌な臭いがする
・汗がダラダラと流れることが多い
・水以外に塩分や脂肪、アンモニアなどが含まれている

アポクリン腺からかく汗に含まれるアンモニアなどは老廃物を含んでいるため、体臭の原因になります。また、アポクリン腺からの汗は拭いた後も肌にベタベタと残ることが多いです。

 

お風呂で汗をかくメリットは?

お風呂に入っている女性

お風呂で汗をかくと、さまざまなメリットがあります。

■ダイエットできる
お風呂で汗をかくと、新陳代謝が高まり、痩せやすい体質になります。また、お風呂での発汗はカロリーの消費にも効果的です。40度以上のお湯に3分間浸かり、お風呂から出て体を冷やすのを20~30分間続けると、1時間のウォーキング相当するカロリーを消費できるとも言われています。

■デトックス効果がある
お風呂でかいた汗が口に入り、「しょっぱい」と感じた経験がある人は多いはず。しょっぱい汗には老廃物や毒素が含まれているので、お風呂で汗をかくと、デトックスの効果も期待できます。

汗と一緒に老廃物や毒素が排出されると、体調が良くなり、疲労も回復するでしょう。

■むくみを解消できる
お風呂で汗をかくと、血行やリンパの流れが良くなり、水分や老廃物が排出されてむくみが解消します。入浴中にふくらはぎなどをマッサージすると、さらにむくみを解消できます。

■美肌になる
お風呂で汗をかくと、毛穴が開き、毛穴汚れが落ちたり、黒ずみが解消されたりします。毛穴が綺麗になると、ニキビもできにくくなるでしょう。

■ストレスを発散できる
お風呂での発汗には自律神経を整える作用があります。自律神経が整うと、ストレスが解消されたり、リフレッシュできたりするでしょう。また、自律神経の乱れが原因で汗かきになっている場合、お風呂で汗をかくことを習慣づければ、汗かきの改善も期待できます。

 

お風呂で汗をかく方法5選

 

お風呂で汗をかく方法【1】入浴前に筋トレをする

エアコンや冷たい飲み物などで体が冷えた状態でお風呂に入っても汗をかかないことは多いです。お風呂で汗をかきたい時は体を内側から温め、体温を高めた状態でお湯に浸かりましょう。

体を内側から温めるには、筋トレが効果的。中でも太ももの筋肉を動かすスクワットは体を芯から温める効果が高いと言われています。全身の約7割の筋肉が集まる下半身を集中的に鍛えられるスクワットをすれば、基礎代謝が高まってダイエット効果も期待できるでしょう。

 

お風呂で汗をかく方法【2】入浴前に生姜入り紅茶を飲む

お風呂に入る前に体を温めたい時は温かい飲み物を飲むのも良いでしょう。特に、体を温めるホット紅茶に汗腺の機能を活性化させる生姜を入れた飲み物は体を芯から温め、お風呂で汗を出しやすい状態にしてくれます。

生姜入り紅茶で水分補給してからお湯に浸かると、お風呂で止まらないほど汗をかいても脱水を予防できるでしょう。

 

お風呂で汗をかく方法【3】3-3-3入浴法を実践する

お風呂に入っている女性

「お風呂で汗を出したいけど、長時間お湯に浸かるのは苦手」という人は少なくないはず。長時間お湯に浸かっていられない人は熱めのお湯に3分間浸かり、3分間体を冷ますのを3回繰り返す3-3-3入浴法を実践してみましょう。

■3-3-3入浴法のやり方
1.3分間42度程度のお湯に浸かる
2.お風呂から出て3分間体を冷やす
3.1~2を3回繰り返す

この入浴法では、体の深部が温まるので、驚くほど大量の汗が出ます。熱めのお湯に肩までつかるのが難しい場合は、半身浴でも問題ありません。

 

お風呂で汗をかく方法【4】半身浴をする

半身浴中の女性

半身浴はアポクリン腺から出るドロドロ汗の出し方として効果的。アポクリン腺からの汗は時間をかけてゆっくりと体を温めなければ出ないので、ぬるめのお湯に30分間程度浸かり、体の芯をじんわりと温めましょう。

半身浴中は上半身が冷えないように事前に浴室を温めておくか上半身に濡れていないタオルをかけておくのがポイント。たくさん汗が出るので、のぼせを予防するために、入浴前にコップ1杯の水を飲んでおきましょう。水を飲むと、汗も出やすくなります。

 

お風呂で汗をかく方法【5】入浴剤や発汗作用のある食材を入れる

お風呂で汗を出したい時はお湯に入浴剤や発汗作用のある食べ物を入れるのもおすすめです。

■入浴剤
発汗作用のある成分が含まれた入浴剤やバスソルト、血行を促進する炭酸系の入浴剤などを使うと、汗が出やすくなります。また、いい香りの入浴剤を使えば、香りでリラックスできて汗をかきやすくなるとも考えられています。

■生姜
生姜に含まれるショウガオールやジンゲロールは体を温める作用があります。皮膚から吸収されると、毛細血管を拡張し、血行を良くする効果もあるため、お風呂に入れると、発汗やむくみ解消に効果を期待できるでしょう。

すりおろした生姜をガーゼや薄い袋に入れると、お湯が汚くなることもありません。

■塩
ミネラルを豊富に含む塩は体をじっくりと温める保温作用があります。一握り程度の塩を湯船に入れてしっかりとかき混ぜ、粒子を溶かしてから入浴しましょう。

 

お風呂で汗をかきたい時におすすめの入浴剤3選

 

お風呂で汗をかきたい時におすすめの入浴剤【1】マックス 汗かきエステ気分 リラックスナイト

天然塩や死海の塩が含まれたバスソルト。自宅のお風呂でエステのようにリラックスできます。お風呂に入れると、冷えた体がじんわりと温まり、汗が出てくるでしょう。ミネラルを含む塩が肌をつるつる、スベスベにしてくれます。

 

お風呂で汗をかきたい時におすすめの入浴剤【2】Kneipp(クナイプ) バスソルト ユズ&ジンジャーの香り

お風呂でしっかりと汗をかきたい人やむくみを解消したい人、デトックスしたい人におすすめのバスソルト。天然岩塩にユズとジンジャーの成分を配合しています。さわやかでほろ苦いユズとスパイシーなジンジャーの香りで全身にぬくもりが巡ります。

 

お風呂で汗をかきたい時におすすめの入浴剤【3】AYURA(アユーラ) 生薬配合風呂 アクティブスパα(医薬部外品)

生姜成分が配合された入浴剤。発汗や血行を促進し、体の流れをスムーズにします。入浴後は体が芯からポカポカと温まっていることがわかるでしょう。一日の疲労感を和らげたい時にも最適です。

AYURA(アユーラ) 生薬配合風呂 アクティブスパα(医薬部外品)

¥1,980

販売サイトをチェック

お風呂での発汗はダイエットやデトックス、むくみ解消、リラックスなどに効果的。綺麗になりたい人や健康になりたい人はお風呂で汗をかきましょう。入浴前に体を温めたり、入浴剤を使ったりすると、いつもよりも汗が出やすくなります。