BEAUTY

水素水はただの水!?メリット・デメリットを徹底解説!

♡ 92

健康や美容への効果を謳った水素水。しかし味や見た目も水と変わらず、研究機関によっては効果の有無に対しても物議をかもしています。今回はそんな水素水のメリットやデメリットなどを解説していきます。

水素水とは

水素水とは水素分子のガスを水に溶かしこんだもの。アルカリイオン水のように、科学的な要素を水に溶かした製品として登場しています。

水素水が注目され始めたのは2007年頃で、日本を始めアメリカなどで研究が開始されてきました。2015年頃には臨床試験が行われており、さまざまな効果を発揮したとして論文などで発表されています。

その結果もとに水素水を原料とした製品開発が開始され、飲料水を始め健康食品などへと展開されていきました。健康や美容、一部の症状に大きな結果が出ていることから、水素水は爆発的な人気を呼び、さまざまなメーカーで製品化がされています。

水素水製品として代表的な飲料水は、見た目も味も一般的な水と変わらず、メーカーによって含有量もさまざま。中には全く水素水が含まれない製品も登場したことがあり、問題にもなりました。

水素水の主な効果とは

真偽のほどはさておき、水素水の臨床実験の論文で発表されたものは、どのような結果だったのでしょうか。大きく分けると美容や健康、病気に対する効果が中心で、継続した摂取で結果が出るというものでした。

水素水による美容効果には、アンチエイジングがあげられます。抗酸化物質である水素が細胞に影響し、シミやシワ、くすみなどが軽減されるというものです。そしてダイエット効果を促進するという結果も含まれていました。これは水素水を摂取していくことで、基礎代謝が上がることでの結果というものです。

健康効果としたはダイエットの流れからくる、生活習慣病を予防するといったものです。疲労回復などの効果もあるようで、疲れにくい体作りにも一役買ってくれるようです。

病気に対する水素水の効果としては、ガンに対するものでした。抗ガン剤の効果を高めたり、ガンの副作用を軽減するなど。他にも水素水で血糖値を抑えることができるため、糖尿病に対しても効果的というものです。

これらの効果はあくまで論文によるものなので、事実と異なる可能性もあります。

水素水の問題とはなんなのか

水素水の製品は飲料氏を始め精製器なども登場しており、有名人が愛用していることで更に知名度が高くなっています。しかし知名度とは裏腹に、効果のほどに真偽があり社会問題にもなりました。

そのきっかけとなったのが国民生活センターの存在です。消費者庁管轄の国民生活センターでは、2011年ごろから水素水に関する相談が増えていることを受け、関連商品のテストや事業者へのアンケートを実施。

2016年12月にその結果を発表し、一部メーカーによる飲料水の水素含有量が低い、またはゼロに近かったことを公表しています。
データ参照元:
https://www.j-cast.com/2016/12/16286330.html?p=all

それを受けて水素水の関連送品を販売しているメーカーが反発。経営に大きな影響があったことも起因し、各メーカーが反発の声明を出し問題が大きくなっていきました。

その後、厚生労働省や消費者庁から各メーカーが勧告を受けています。現在は問題も沈静化し、一般的な認識としては「水素水は効果の信頼性が薄い」というものが大きく、商品自体も初期と比べると減少の一途をたどっています。

しかしながら水素水に期待できる効果として、「美容や健康」という認識を持っている人もおり、継続的に摂取している人もいるのは事実です。

水素水を摂取することのメリット

水素水を取り入れることのメリットには主に美容面の効果があげられます。人間は呼吸をしたり活動を繰り返すことで、体内に活性酸素をため込みます。

この活性酸素は人間の老化を促す要素ですが、水素と結合することで水になり対外へ排出されます。この活性酸素をうまく排出するために水素水が必要という理論です。

定期的に水素水を摂取することで、体の内側から老化の要素を取り除くことができるので、アンチエイジングの効果をもたらしてくれるといわれています。このアンチエイジングはお肌はもちろんのこと髪の質に変化が出たり、疲労回復にも効果が出る人がいるようです。

ただし水素水による糖尿病やガンの効果を感じる声はあまりないので、この部分の信頼性は薄いものと考えられます。

水素水のデメリットとは

では水素水のデメリットには、どのようなものがあげられるのでしょうか。水素水の効果は時間がかかるので、長期的な摂取が必須となります。一般的に販売されている水素水は一回分のものを購入しようとすると価格が高く、継続的に摂取するにはそれなりの予算が必要になるのがデメリットです。

他にも水素水を効果的に摂取するには、容器タイプや濃度にも注目しなければいけません。水素水にはペットボトルとアルミパウチ型があります。生活センターの結果には、ペットボトルタイプには水素があまり含まれていないことが発表されています。このためアルミパウチを厳選する必要があります。

その中でも水素濃度の高いものが、効果的に作用するといわれています。このように水素水を摂取するにはそれなりの知識や厳選する必要がある点でデメリットとなります。
水素水は現在でも大手メーカーなどで販売していますが、その人気は一時期に比べるとかなり落ち着いているようです。
しかし継続的に摂取することで効果を感じている人も多く、水素水の実際の結果は自身で体験してみるのが最も早いのではないでしょうか。水素水は特に副作用や悪影響はないので、試しに継続して摂取してみるのも一つです。