BEAUTY

ひざ下痩せを叶えたい!ふくらはぎに効くエクササイズをご紹介

ひざ下がほっそりしていると、足がすっきりとした印象になります。いろいろと試してみたものの細くならない人や、ひざ丈やミモレ丈などひざ下を見せるようなスカートをステキに着こなしたい人へ向けて、今回はひざ下痩せに関するストレッチ&エクササイズをご紹介していきます。

 

ひざ下が痩せにくいワケとは?

ウォーキングしている女性のふくらはぎ

■ひざ下が痩せにくい原因①むくみ・セルライト
血液を送り出す心臓から一番遠い場所にある足。立ち仕事やデスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多いと、どうしてもむくみやすく、セルライトがつきやすくなってしまいます。ひざ下は、そのままではなかなか細くならない部分なのです。

■ひざ下が痩せにくい原因②筋肉不足・脂肪が多い
ボディ痩せと同じようにひざ下痩せも筋肉不足であったり、脂肪が多いと痩せにくくなります。脂肪を燃焼させるには筋肉は必須です。

<ふくらはぎに脂肪が多いかどうかの見極め方>
・座ったままの状態でふくらはぎの脂肪を指でつまみます。
・その状態から立ち上がりましょう。
・手の中にどのくらい脂肪が残っているかを確認します。
・残っているのが脂肪です。多ければ筋力不足だということがわかります。

■ひざ下が痩せにくい原因③筋肉太り・固太り
過去にスポーツを頻繁にしていた人や、日頃からスポーツや運動をしている人の中にはふくらはぎの筋肉がかたくなっている人もいます。筋肉太りや固太りが原因でふくらはぎが痩せにくくなっていることもあります。

 

筋肉&脂肪は必須!魅力的なふくらはぎとは?

エスティシャンの手と女性のひざ下

■程よい筋肉と適度な脂肪がついている
魅力的な足=単に細いだけではないのです。ひざ下痩せを実行するときに、まずふくらはぎを細くしようと考える人は多いことでしょう。そのときに忘れないでほしいのは、筋肉と脂肪のバランスです!
筋肉のない足ではヒョロヒョロしたイメージなだけ。目指すは適度に脂肪がつき、程よく筋肉で引き締まっている、それでいて細くスラリとした印象の足です。

 

理想のふくらはぎのサイズは?

リンゴとメジャー

ひざ下痩せを始める前に知っておきたいのが、目標となる数値です。そこで利用したいのが、理想の体型を指標化したゴールデンカノン。その計算方法によって理想のふくらはぎサイズを割り出せます。早速自分の美的ふくらはぎサイズを確認していきましょう。

<ゴールデンカノンでの計算式>
自分の身長(cm)×0.2

たとえば身長162cmであれば、162×0.2=32.4cmです。では次に実際の自分のふくらはぎサイズをチェックしてみましょう。立ち姿勢でメジャーを使い、ふくらはぎの一番太い部分を測ります。リアルな数値にすることで、ふくらはぎのサイズをどのくらいにしたらいいのかが見えてきます。

 

ししゃも足を改善!簡単エクササイズ

ストレッチ効果も期待できる簡単ひざ下痩せエクササイズ。気持ちよく筋肉が伸びるので、毎日継続してみてください。

<やり方>
・足を伸ばして座りましょう。
・左足を曲げて足裏を右足の太もものあたりにくっつけます。
・右足の裏にエクササイズゴムバンドや長めのタオルをひっかけて、両手を伸ばした状態で端を持ちます。
・上半身の姿勢を正したまま、右足の小指を右ひざの後方に向かってキュッと持ち上げます。
・これを10回ほど繰り返しましょう。
・反対側も同じように行います。

 

ふくらはぎを引き締めて足首もキュッと!

スタート姿勢は真っ直ぐに立ち、こぶし1つ分足を開く、もしくは足をピタッと閉じた姿勢になりましょう。
・【スクワット】5回スクワットします。スクワットポイントはひざを曲げたときに、つま先よりもひざが前のほうに出ないようにすることにあります。
・【バックランジ】右足を後ろに引き、腰を落としてバックランジを行います。その姿勢から足を伸ばして前のかかとを持ち上げて、ひと呼吸おき、再びランジをしてもとに元します。×2回
・両手を前に出しながら同じようにバックランジ。かかとを持ち上げるときに両手も上の方へ上げて、その姿勢をキープ。
・腕を下ろしてもとの姿勢にもどします。手をセットにしたバックランジエクササイズは、10回程度テンポよく行いましょう。

ここでご紹介しているエクササイズは、手を上に伸ばしたときにお腹も引き上げるようなイメージで行うのがポイントです。足のエクササイズではありますが、手を使うことでバランスを取ることができ、さらに足以外のエクササイズにもなります。

 

1週間で-2cmのふくらはぎも夢じゃない!筋トレエクササイズ

基本、姿勢は足を閉じた立ち姿勢です。このときにひざのお皿を外に回して、お尻をキュッと締めた状態にします。これは美脚づくりには大切なポイントなので、いつも意識して姿勢づくりから行っていきましょう。

<1週間で-2cmふくらはぎになれるエクササイズ>
・基本姿勢から足の親指に体重をかけながら、かかとをグッと持ち上げます。
・そしてゆっくりとかかとをダウンしていきます。
・10回繰り返します。エクササイズ中、ずっと基本姿勢をキープしながら行うことが重要です。
・次に今度はかかとをくっつけたまま、つま先の上げ下げを行っていきます。このときにも基本姿勢を意識して行いましょう。10回繰り返します。
・かかとをくっつけてつま先を広げた姿勢にして、かかとの上げ下げを10回行います。
・再びかかととつま先をくっつけた最初の基本姿勢に戻したら、右足をそのままの状態にし、もも上げをするようなイメージで左足を上に持ち上げていきます。このとき、頭の上から糸で引っ張られているようなイメージで行うのがポイントです。上げた左足を右足の前にクロスします。そして再び持ち上げて今度は左斜め前に。ステップを踏むようなイメージで行ってみましょう。左右セットで10回行います。
・反対側も同様です。


いかがでしたか?ひざ下は体の部位の中でもなかなか痩せにくいです。しかし、今回ご紹介したエクササイズなどを継続的に実践すれば、理想のスラリとした足を手に入れることができるでしょう。ぜひ今日から試してみてくださいね。